ウラッコから続きガヤルドへ至るベビーランボの最終進化形「ジャルパ」が誕生40周年を迎える

ランボルギーニ最後のV8スーパースポーツ「ジャルパ」のデビュー秘話

デビューから40年を迎えた、最後のランボルギーニ・V8スーパーカー「ジャルパ」
V8ランボルギーニ最終進化形、ジャルパのエクステリア。
2021年は、1981年3月のジュネーブ・モーターショーにおいて「ランルギーニ ジャルパ」がデビューして40周年となる。その名前は有名な闘牛種であるジャルパ・カンダキア(Jalpa Kandachia)に由来する。

Lamborghini Jalpa

1981年のジューネブ・ショーでデビュー

デビューから40年を迎えた、最後のランボルギーニ・V8スーパーカー「ジャルパ」
ジャルパがデビューしたのは、1981年3月に行われたジュネーブ・モーターショー。デザインはベルトーネのマルク・デシャンが担当した。

ジャルパはウラッコ、シルエットに続くV8ランボルギーニの最終進化版と言える存在だ。シルエットのシャシーをベースに、3.0リッターV型8気筒の排気量を3.5リッターに拡大したエンジンをミッドに搭載した。

ジャルパの最も重要な技術革新は、ウラッコやシルエットに搭載されていたアルミ製90度V型8気筒エンジンの最終型が搭載されていることだろう。シルエットの3.0リッターからボアを拡大して排気量は3.5リッター(3485cc)にスープアップし、4基のウェーバー「42DCNF」ツインキャブレターを装着。9.2:1の圧縮比を採用したことで最高出力255hp・最大トルク32kgmを発揮し、最高速度は248km/hにまで達した。

シルエットからの流れを組むタルガトップのスタイリングを手掛けたのは、1980年からカロッツェリア・ベルトーネのスタイルディレクターを務めていたフランス出身のマルク・デシャン。設計はランボルギーニのゼネラルマネージャー兼テクニカル・ディレクターを務めていたジュリオ・アルフィエーリが担当している。

シルエットの未販売車をベースに製作

デビューから40年を迎えた、最後のランボルギーニ・V8スーパーカー「ジャルパ」
ジュネーブで公開されたジャルパ プロトタイプは、工場からラインオフしながらも販売されなかったシルエットをベースに製作された。

1981年のジュネーブ・モーターショーで発表されたジャルパ プロトタイプには、ひとつの特別なストーリーがある。この時ベースとなったのは、工場をラインオフしながらも販売されなかったシルエットだった。その1台が工場に戻ってきて、ニューモデルのベースになったのである。

ジュネーブでデビューしたジャルパ プロトタイプは、特別に調合されたメタリックブロンズのボディカラーを採用。市販車には導入されなかったユニークな外観を持って自動車ファンに公開されている。

1982年に生産を開始したジャルパは、スチールボディにブラックバンパーやエンジンエアインテーク、水平基調のテールランプを採用。プロトタイプからそのまま採り入れられた16インチ・アロイホイールには、ピレリP7・ロープロファイルタイヤが装着されている。

1980年代らしいスクエアでモダンなインテリア

デビューから40年を迎えた、最後のランボルギーニ・V8スーパーカー「ジャルパ」
レザーを多用した贅沢なジャルパのコクピット。メーターナセルなどスクエアな形状は1980年代らしいモダンな仕上がりだ。

インテリアは、1980年代のスーパーカーらしくレザーを多用しながらも、スクエアでモダンな仕上がり。当時の専門誌に掲載されたロードテストの記事では、多くのモータージャーナリストがその素直で妥協のないハンドリングを絶賛している。 

1984年のジュネーブ・モーターショーでは、バンパーやエアインテークをボディ同色にし、丸みを帯びたテールランプ、新形状のインテリアを導入した「シリーズ2」を発表。1988年、ジャルパは総生産台数420台をもって、その歴史に幕を下ろした。

ジャルパは、現時点でV8エンジンを搭載して生産された最後のランボルギーニであり、2003年にデビューしたガヤルドの前身とも言えるモデルだ。ベビーランボを20年ぶりに復活させたガヤルドは、ランボルギーニのスポーツカー史上、最も売れた車種のひとつである。

ポロストリコで再製作された「ランボルギーニ カウンタック LP500」が、ヴィッツォラ・ティチーノ・サーキットでシェイクダウンイベントを開催した。

再製作された「ランボルギーニ カウンタック LP500」、サーキットでシェイクダウン!

ランボルギーニのヒストリック部門・ポロストリコによって再製作されたカウンタック LP500が…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部