アルピーヌ A110がマイナーチェンジ! 日本導入も決定

アルピーヌ A110の改良新型デビュー! A110 Sは300hpエンジンとシリーズ初のリヤスポイラーを採用 【動画】

マイナーチェンジを受けた、アルピーヌ A110 Sの走行シーン。
アルピーヌ A110シリーズがマイナーチェンジを実施。ラインナップはA110、A110 GT、A110 Sの3モデルを設定。
アルピーヌは、A110、A110 GT、A110 Sからなる、A110シリーズの改良新型を発表した。日本への導入も決まっているが、導入時期・価格等は後日発表される予定だ。

Alpine A110

F1やWECのイメージを受けてマイナーチェンジ

マイナーチェンジを受けた、アルピーヌ A110 GTのエクステリア。
アルピーヌ A110 GTのエクステリア。搭載する1.8リッター直列4気筒ターボは最高出力を300hpまで向上している。

1.8リッター直列4気筒DOHC ターボをリヤミッドに搭載するライトウェイトスポーツモデルとして、これまで世界中で高い人気を集めてきたアルピーヌ A110シリーズ。すべてのモデルがデュアルクラッチを備えたゲトラグ製7速オートマチックギヤボックスを搭載し、アルピーヌの名に相応しい極上のドライビング体験を提供してきた。

今回のマイナーチェンジでは、A110、A110 GT、A110 Sの3グレードを展開。エントリーモデルの「A110」は最高出力252hp仕様のエンジンを搭載し、初代A110のコンセプトを最も体現したモデルで、軽快かつ生き生きとした正確なハンドリングを備え、あらゆるステージで俊敏なドライブを楽しむことができる。

「A110 GT」は、アルピーヌが定義したグランツーリスモ・スポーツクーペ。パフォーマンスと快適性を両立し、最高出力300hpを発揮するパワーユニットを搭載する。多才でエレガントなA110 GTは、日常的なドライブや長距離グランドツーリングはもちろんのこと、ワインディングロードにも最適な1台と言えるだろう。

マイナーチェンジを受けた、アルピーヌ A110 GTのインテリア。
マイナーチェンジを受けたA110は、内外装に今シーズンから復帰を果たしハンガリーGPで優勝を果たしたF1など、モータースポーツイメージを強調している。写真はA110 GTのインテリア。

シリーズの頂点に位置するのがパフォーマンス重視の「A110 S」。A110 GTと同じ最高出力300hpを発揮するパワーユニットに専用チューンが施されたスポーツシャシーを組み合わせた。オプションのセミスリックタイヤと専用のエアロダイナミック・ボディキットにより、特にサーキットにおいて抜群のパフォーマンスを発揮する。

アルピーヌのローレン・ロッシCEOは、様々な改良が施されたA110について次のように語る。

「2021年はアルピーヌにとって歴史的な1年になりました。F1に復帰し、ハンガリーGPで優勝。さらに世界耐久選手権では、トップカテゴリー参戦プログラムを推し進めました。これらモータースポーツからのフィードバックこそが、新しいA110シリーズの特徴です。パフォーマンスをより高め、モータースポーツの分野で私たちが目指している世界が表現されています」

サーキットでの走行を想定した最上級グレード「A110 S」

マイナーチェンジを受けた、アルピーヌ A110 GTのエクステリア。
今回から登場した「A110 S」は300hpを発揮するパワーユニットに強化された足まわりが組み合わせられ、さらにサーキット走行用にミシュランのセミスリックタイヤを装着することができる。シリーズ初となるリヤスポイラーの採用もトピックだ。

A110 Sは、アルピーヌらしいスポーティな走りを予感させるエクステリアデザインが与えられた。特に注目されるのが、シリーズでは初採用となるリヤスポイラーの存在だ。アルピーヌは風洞実験の結果、最高速度を上げるためにはリヤスポイラーの装着は必須と結論し、今回のマイナーチェンジでA110 Sにリヤスポイラーを与えることを決断したという。

さらにクロームブラックの“Alpine”レタリング、ブラックディテールが施された18インチGTレース・リム、オレンジにペイントされたブレーキキャリパーなどの専用装備を採用。また、オプションでカーボン・エアロダイナミック・ボディキットも用意する他、ファイア・オレンジのボディカラーにディープブラックのルーフを組み合わせることもできる。

最高出力300hpを発揮する直4ユニット、専用セッティングのスポーツシャシーにより、あらゆるシチュエーションにおいて爽快なドライブを楽しむことができる。オプションのセミスリックタイヤ、ミシュラン「PS Cup 2 Connect」と同じくオプションのエアロキットを装着することで、最高速度は170mph(約273km/h)にまで向上する。

マイナーチェンジを受けた、アルピーヌ A110 Sの俯瞰
ファイア・オレンジのボディカラーにディープブラックのルーフを組み合わせたA110 Sの俯瞰。カーボン製のリヤスポイラーがレーシーなイメージを助長している。

このエアロキットはカーボン製リヤスポイラー/フロントブレード、リヤディフューザー、大型化されたフロントフェアリングなどで構成。エアロキットを装着することで、フロントアクスルで60kg、リヤアクスルで81kg(カーボンスポイラー装着時)のダウンフォース増加を実現し、特にサーキットにおいて安定したコーナーリングが可能になる。

インテリアには、調整可能なサベルト製スポーツシート、アルミニウム製スポーツペダルを採用。オプションのマイクロファイバーパックとレーシングシートを装着した場合、オレンジのオーバーステッチが施されたマイクロファイバー製インテリアを選ぶことも可能だ。

A110 GTは、A110 Sと同じ最高出力300hpを発揮するパワーユニットを搭載し、リヤとドアシルにさりげなく“GT”バッジが配置された。その他、前後センサーとリヤビューカメラを備えた「パークアシスト」や、ブルーのオーバーステッチが施された調整可能なレザーコンフォートシートなを標準で装備する。

軽快感を味わえるエントリーモデルの「A110」

マイナーチェンジを受けた、アルピーヌ A110のエクステリア。
エントリーモデルの「A110」は、最高出力252hp・最大トルク320Nmのパワーユニットを搭載。GTやSよりも48hpパワーが抑えられているものの、バランスの取れた軽快感のあるドライブを楽しむことができる。

A110シリーズのエントリーモデルは、シンプルな「A110」に名称を変更。最高出力252hp・最大トルク320Nmのパワーユニットを搭載し、ミッドシップレイアウトによるフロント44%・リヤ56%という抜群の重量バランスだからこそ実現した、極上のドライビングプレジャーはエントリーモデルでも十分に堪能できるだろう。

A110シリーズは、グレイシャー・ホワイト、イリデッセント・ホワイト、アビス・ブルー、アルピーヌ・ブルー、ディープ・ブラック、サンダーグレー、サンダーグレー・マットフィニッシュ、ファイア・オレンジのボディカラーをラインナップ。A110 Sでは、新たにオプション設定されたデュアルカラーボディがチョイス可能。こちらはファイア・オレンジのボディカラーと、ディープブラック・ルーフの組み合わせとなる。

アトリエ・アルピーヌでは、アルピーヌの伝統を感じさせる22色の「ヘリテージカラー」も展開。より個性を強調したいカスタマーは特別色をオーダーすることも可能だ。もちろん日本国内への導入は決定しているが、導入時期は今後随時発表される。

合わせて読みたい
ロータス エリーゼ スポーツ220IIとポルシェ 718 ケイマンTとアルピーヌ A110Sの走行シーン
ロータス、ポルシェ、アルピーヌで手にするアンダー1000万円の至福

アルピーヌ A110の改良新型を動画でチェック!

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部