BMW i7が凍結路や氷点下の環境で耐久性を実証

電動ラグジュアリーサルーン「BMW i7」、ワールドプレミアに向けて北極圏でテストを敢行

電動ラグジュアリーサルーン「BMW i7」、2022年の発表に向けて北極圏でテストを敢行
「BMW i7」がスウェーデン・アリエプローグのBMWグループ・ウィンターテストセンターでテストを実施。
BMWは、2022年のワールドプレミアを控えた世界初のフル電動ラグジュアリーサルーン「BMW i7」の、北極圏におけるテストの様子を公開した。

BMW i7

BMWの寒冷地テストセンターで集中的に走行

電動ラグジュアリーサルーン「BMW i7」、2022年の発表に向けて北極圏でテストを敢行
2022年のワールドプレミアに向けて、BMW i7が過酷な北極圏において徹底的なテストを実施中。

現在、BMW i7は、スウェーデン・アリエプローグのBMWグループ・ウィンターテストセンターにおいて、ドライビングダイナミクスの評価を受けた。今回、電動ドライブトレインとサスペンションのコンポーネントを、極めて厳しい天候と路面状況のもとで集中的にテスト。 北極圏に位置するこの地域は、理想的な寒冷地テストのロケーションとなっている。

BMW i7は、BMWの代名詞である優れたドライビングダイナミクスとラグジュアリーサルーンらしい快適性に加えて、電動パワートレインによるゼロエミッションを実現。環境性能に優れたパフォーマンスと、洗練されたデザインを両立したラグジュアリーサルーンとして2022年のデビューを予定している。

電動システムやドライブトレインをテスト

電動ラグジュアリーサルーン「BMW i7」、2022年の発表に向けて北極圏でテストを敢行
凍結した湖や氷点下という厳しい環境下において、サスペンションや電動パワートレインを徹底的にテスト。さらに足まわりのセッティングなども行われている。

BMW i7は、サスペンションコンポーネント、ステアリング、ブレーキ、車両安定性システムなどを次期7シリーズと供用しており、この厳しい気候条件の中で徹底的に磨き上げられることになる。今回の寒冷地テストでは、スプリングやダンパーなどへパフォーマンスに重点を置いたチューニングを施し、ドライバーへのフィードバックを最大限に高めるようセットアップされた。

路面ミューの低いラップランドの凍結湖は、ステアリング、ダイナミック・スタビリティ・コントロール・システム(DSC)、回生ブレーキの細かな調整をするには、もってこいの環境だと言えるだろう。

電動パワートレイン、高電圧バッテリー、パワーエレクトロニクス、充電技術はすべて、第5世代の「BMW eDrive」テクノロジーが採用された。この電動システムは、すでにBMW iXに搭載され、優れたドライビングプレジャーを提供。今回のテストではモーター、バッテリー、温度制御システムは、氷点下でも確かな耐久性が実証されている。

合わせて読みたい
BMW iXのフロントスタイル
BMW iXという名のSAVが未来の“駆けぬける歓び”を切り拓く 【IAAモビリティレポート】

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部