ベントレー大阪、従来比2.5倍の広さをもつ新ショールームをオープン

大阪にアジア最大のベントレーショールーム「ベントレー大阪」誕生!

ベントレー大阪、本町に移転して新規オープン
大阪市中央区の本町に移転して新規オープンした「ベントレー大阪」のショールーム。アジア最大規模の広さを誇る。
関西地区のベントレー販売の中心であるベントレー大阪が移転してリニューアルオープンした。店舗面積686平方メートルというアジア最大規模を誇るベントレ正規ディーラーの誕生である。

大阪市中央区本町に移転・オープン

ベントレー大阪、本町に移転して新規オープン
御堂筋と中央本通りの交差点という好立地に加え、686平方メートルという広大なショールームを擁して最大15台の車両展示を行う。

大阪・心斎橋にあった「ベントレー大阪」が移転してグランドオープンした。新しい店舗は南本町の御堂筋と中央大通りの交差点という好立地。大阪の中心と言えるこの場所は、まさにベントレーにふさわしい立地だ。

中に入ると、白を基調とした店内は落ち着いた雰囲気で、ゆったりとクルマを眺めることができる。驚くのはその広さで、面積はなんと686平方メートル。従来の心斎橋ショールームと比べるとおよそ2.5倍で、最大で15台の車両を展示できる。超プレミアムブランドでこれほどの広さを持つ店舗は日本では稀で、ベントレーの正規ディーラーとしてはアジアでも最大なのだという。

運営するのは高級輸入車の老舗ディーラーであるコーンズ・モータース。そもそもベントレーはコーンズが1964年に初めて日本に正規輸入したという経緯があり、ベントレーモーターズジャパン設立後は正規ディーラーとして活動を続けてきた。現在はこの本町ショールームの他に東京と神戸で4店のベントレー・ディーラーを展開している。ベントレーを熟知した販売店として顧客の信頼も厚く、日本でのベントレーの約70%はコーンズ・モータースが販売しているという。

カスタマーに“ここで買いたい”と思われるディーラーを目指す

ベントレー大阪、本町に移転して新規オープン
新規オープンにあたってテープカットを行った、一番左がコーンズ・モータース林 誠吾社長、左から2人目がベントレーモーターズジャパンの牛尾裕幸社長。

コーンズ・モータース代表取締役兼CEOの林 誠吾氏は「アジア最大の規模を誇るこの店舗で、ベントレーのビジネスをさらに広げていきたいですね。新車だけでなく中古車の価値も高めていき、お客様に“ここで買いたい”と思って頂けるようなディーラーを目指します」とコメント。

最近はハイブリッドモデルを積極的に展開するなど、次世代のラグジュアリーブランドに向けて進化を続けるベントレー。大阪ショールームの新規オープンによって、その存在感はさらに高まりそうだ。

【INFORMATIONS】
ベントレー大阪
住所:〒541-0054大阪府大阪市中央区南本町3-6-14
TEL/FAX:06-6226-8963/06-6226-8964
営業時間:10:00~19:00(平日)/10:00~18:00(土日祝)
定休日:火曜日・年末年始

合わせて読みたい
THE WORLD OF BENTLEY Vol.07
理想のベントレーを手に入れるふたつの方法 【ベントレー特集:07】

著者プロフィール

永田元輔 近影

永田元輔