ロンドンのメイフェア地区をイメージした「アストンマーティン DB11‘W1’」が日本限定で登場

アストンマーティン、Q by Aston Martinの日本専用モデル「DB11 ‘W1’」を10台限定でリリース

「Q by Aston Martin」による日本専用モデル「アストンマーティン DB11‘W1’」が10台限定で登場
日本専用で限定10台が製造される「アストンマーティン DB11‘W1’」の美しいエクステリア。
アストンマーティンは、パーソナライゼーションサービス部門の「Q by Aston Martin」が日本専用に手掛けた、DB11のスペシャルコミッション仕様を発表した。ロンドンのもっとも有名な特別区メイフェアからヒントを得た「DB11‘W1’」は、わずか10台のみが製作されるエクスクルーシブなモデルとなる。

ASTON MARTIN DB11 ‘W1’

「W1」はメイフェアの郵便番号に由来

「Q by Aston Martin」による日本専用モデル「アストンマーティン DB11 'W1’」が10台限定で登場
ロンドンの中心部メイフェア地区をイメージした「アストンマーティン DB11‘W1’」。「W1」はメイフェアの郵便番号に由来する。

アストンマーティン DB11‘W1’は、ロンドン屈指の高級住宅街で、現在は商業地区としても発展を続けるメイフェアのラグジュアリーなライフスタイルにインスピレーションを受けたスペシャルモデル。モデルネームの‘W1’は、ロンドン中心部メイフェアの郵便番号に由来する。

高級ホテルやレストランの他、ジョージア様式のタウンハウスが洗練されたエレガンスを見せるメイフェアには、世界にその名を馳せるボンド・ストリートや、英国伝統の仕立て文化を今に伝えるサヴィル・ロウなど、誰もが知るラグジュアリーな文化が存在する。

ウィング・エンブレムに入れられたユニオンジャック

「Q by Aston Martin」による日本専用モデル「アストンマーティン DB11 'W1’」が10台限定で登場
ボディカラーはアリゾナ・ブロンズと写真のルナー・ホワイトが用意されており、ウイング・エンブレムには英国国旗のユニオンジャックが入れられた。

これまでのアストンマーティンと同様に「DB11‘W1’」は、先進素材と伝統のクラフトマンシップを融合。究極のオートモーティブラグジュアリーを追求した。

洗練された美しさに包まれた「DB11‘W1’」のエクステリアカラーは、メイフェアの典型的な建物の色を彷彿とさせるアリゾナ・ブロンズと、これと好対照をなすルナー・ホワイトの2色が用意された。グロスブラック・ルーフとアッパーパックが、このモデルの個性を際立たせている。

両バージョンともに、DB11のエレガンスを強調する上品なブロンズ・ピンストライプが施された。このストライプアクセントは、スプリッター、ディフューザー、サイドシル、サイドストレーキなどのディテールや、ブラックグリル のリーディングベーンエッジにも入れられている。さらに、サテンブラック/ブロンズの20インチホイールが組み合わされたことで、全体としてひとつの調和が完成した。

エクステリアは細部の仕上げに至るまで独自の美しさを貫いており、アストンマーティンのアイコンであるウイング・エンブレムには、「正統派の英国流とは何か」を誇らしげに示す、エナメル仕上げのユニオンジャックがあしらわれた。

アイスモカのコントラストが美しいレザーシート

「Q by Aston Martin」による日本専用モデル「アストンマーティン DB11 'W1’」が10台限定で登場
インテリアにはアイスモカのコントラストステッチを施したバイソンブラウン・レザーシートを採用。グレイシャル・ホワイトとバイソン・ブラウンのデュオトーン・レザーシートもオプションで設定する。

ドライバーとパッセンジャーは、インテリアに足を踏み入れた瞬間から、アイスモカのコントラストステッチが施されたバイソンブラウン・レザーシートや、美しいブローグが印象的なセンターアームレスト、ドア、ヘッドライニングの歓迎を受けるだろう。

さらに、グレイシャル・ホワイトとバイソン・ブラウンのデュオトーン・レザーシートもオプションで用意。このオプションシートには、アイボリーのステッチに加えてアストンマーティン・ウイングの刺繍も施される。

アストンマーティン DB11‘W1’を開発した「Q by Aston Martin」は、2012年に設立されたアストンマーティンのビスポーク・パーソナライゼーション・サービス部門。カスタマーに無限に近いパーソナライゼーションの可能性を提供し、本物のビスポークスポーツカーの世界に誘う。自動車業界をリードするデザインスタジオとの完璧なコラボレーションのもと、カスタマーとの入念な打ち合わせに始まり、納車に至るまで一連のサービス体験が提供される。

パーソナリゼーション/スペシャル・セールス部門を率いるサイモン・イングルフィールドは、アストンマーティン DB11‘W1’について次のようにコメントした。

「ロンドン・メイフェア地区のような場所には、すぐにそれと分かるものから隠れた宝石のようなものまで、何千ものインスピレーションに溢れています。これがDB11‘W1’にどのように反映されているのか、どうぞご自身の目でお確かめください」

アストンマーティン V12 ヴァンテージのロゴ

アストンマーティン V12ヴァンテージ、ファイナル・エディションとして2022年に復活!

アストンマーティンはヴァンテージのラインナップにV型12気筒エンジンを搭載する「V12 ヴァ…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部