フォード GT40のコンティニュエーションカーに最新電動パワートレインを搭載

ヒストリックEVを手がけるエバラティ、スーパーフォーマンスと協力し電動「GT40」を開発

ヒストリックEVを手がけるエバラティ、アメリカのスーパーフォーマンスと協力し電動「GT40」を開発
スーパーフォーマンス GT40のフロントスタイル
エバラティ・オートモーティブ・リミテッド(Everrati Automotive Limited)は、フォード GT40やクラシック・コルベットのレプリカ仕様を製造する「スーパーフォーマンス(Superformance LLC)」に電動パワートレインを供給すると発表。最初のヒストリックEVとして、伝説的スポーツカーのフォード GT40が選ばれた。

Superformance GT40 Electric 

米国製スポーツカーのレプリカを手がけるスーパーフォーマンス

ヒストリックEVを手がけるエバラティ、アメリカのスーパーフォーマンスと協力し電動「GT40」を開発
1994年にアメリカで設立されたスーパーフォーマンス社は、シェルビー コブラやフォード GT40のコンティニュエーションカーを展開。これまで5500台以上のローリングシャシーを販売してきた。

2019年、英国オックスフォードシャーを拠点に設立されたエバラティ・オートモーティブ・リミテッドは、ヒストリックカーをベースに電動パワートレインを搭載し、リエンジニアリングするスタートアップ企業だ。先だってはポルシェ964ベースのEV「エバラティ シグニチャー ワイドボディ」を発表している。

一方、1994年にアメリカで設立されたスーパーフォーマンスは、シェルビー コブラ、シボレー コルベット、フォード GT40などのコンティニュエーションカーを製造するメーカー。フォードやGMから公式ライセンスを得て、これまで5500台以上のコンプリートカーとローリングシャシーを販売してきた実績を持つ。

スーパーフォーマンスが展開するローリングシャシーは、オリジナルのドライブトレインだけでなく、最新のパワートレインにも対応。GT40にも、エバラティが製造する最新の電動パワートレインを搭載することが可能になった。

電動「GT40」1号車、英国での開発をスタート

ヒストリックEVを手がけるエバラティ、アメリカのスーパーフォーマンスと協力し電動「GT40」を開発
コクピットもオリジナルを活かしながら電動化や最新装備に対応。すでにアメリカで製造されたGT40のローリングシャシーが英国のエバラティに運ばれており、重量配分などを吟味して慎重に電動化が進められている。

今回、エバラティとスーパーフォーマンスとのパートナーシップ締結により、EV仕様のGT40に乗ることが可能になった。

すでに最初のモデルの開発はスタートしており、スーパーフォーマンスのシャシー生産を担当するハイテック・オートモーティブ(Hi-Tech Automotive)においてプロトタイプのシャシーを製作。英国・オックスフォードシャー州、アッパーヘイフォードにあるエバラティの開発センターに運ばれ、電動パワートレインへの換装が行われている。

エバラティがこれまで手掛けてきた車両と同様、バッテリー搭載位置や重量配分などに最新の注意を払い、オリジナルマシンが持つ“魂”を維持したまま電動化が進められている。このパートナーシップから生まれた最初の電動GT40について、スペックや価格などの詳細は、今後数ヵ月内に発表される予定だという。

GT40開発当時を再現した英国と米国による協力関係

ヒストリックEVを手がけるエバラティ、アメリカのスーパーフォーマンスと協力し電動「GT40」を開発
エバラティのジャスティン・ラニーCEO(左)と、スーパーフォーマンスのランス・スタンダーCEO(右)。英国とアメリカのコラボレーションは「1960年代のフォード GT40を再現したもの」だとふたりは指摘する。

エバラティはこれまでポルシェ 964の電動化プロジェクトなどを展開してきた。創業者のジャスティン・ラニーCEOは、伝説的なアメリカ製スポーツカーの電動化に興奮を隠さない。

「これは完璧なパートナーシップです。これまでエバラティとスーパーフォーマンスは、アイコニックなスポーツカーに焦点を当ててきました。スーパーフォーマンスは、伝説的なクルマのコンティニュエーション・シャシーに関して最高の企業です」

「彼らが手掛けたシャシーにエバラティの先進的なEVパワートレインと精密なエンジニアリングを組み合わせることで、オリジナルのエッセンスと魂を保ちながらパフォーマンスを向上させることができます」

「1960年代には、アメリカと英国のパートナーシップにより、多くの伝説的な名車が生み出されました。実際、GT40の初代モデルは英国人エンジニアのロイ・ランが率いた英国のフォード・アドバンスド・ビークルによって誕生しました」

「だからこそ、私たちがパートナーシップを組むことは当然の成り行きだったのです。また、エバラティの開発センターがオックスフォードシャーの旧アメリカ空軍基地内にあることも、大西洋を越えたつながりを感じています」

一方、スーパーフォーマンスのランス・スタンダーCEOも、次のように喜びのコメントを発表した。

「このパートナーシップ締結を大変嬉しく感じています。エバラティは開発能力と専門知識、そして未来に向けた魅力的なビジョンを持っています。私はやはりV8エンジンを搭載したクルマが好きですが、エバラティが開発した先進的なEVパワートレインの高性能は疑う余地がありません」

「私はエバラティがオリジナルの車両の重量配分や特徴を維持するために精力的な開発を続けていることに、心から感銘を受けました。電動化はさまざまな意味で未来を示すものです。クラシックスポーツカーを愛する人々に、新たな選択肢を与えてくれますからね」 

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部