シボレー エクイノックスにBEV版が登場

シボレーが新型EVを公開! 手頃なプライスタグを掲げる電動小型SUVは2023年に発売へ

シボレー エクイノックス EVのフロントビュー
シボレーはコンパクトSUV、エクイノックスの2024年モデルとしてピュアEVバージョンを投入する。
シボレーのコンパクトSUV、エクイノックスに100%電気で走るBEVバージョンが登場する。GM肝煎りの電動パワートレインをベースにした新型電気自動車は、2023年秋頃の発売を予定している。

Chevrolet Equinox EV

邦貨約340万円のコンパクト電動SUV

シボレー エクイノックス EVのコクピット
シボレー エクイノックス EVのコクピット。航続距離など詳細スペックは現時点では未発表だが、3万ドル(約340万円)前後の手頃な価格帯を実現する、と明言している。

シボレーは、2023年秋に照準を据え、ピュアEVラインナップを順次拡大していく。なかでも注目されるのが、コンパクトSUV「エクイノックス」の電気自動車バージョンの登場だ。使い勝手の良いボディサイズはもとより、エクイノックスならではのお手頃感を重視。およそ3万ドル(約340万円)というプライスで市場へ投入する、と予告した。

シボレー エクイノックス SUVの発売時期は、2023年秋を予定している。ベースとなるのは、GMが莫大な費用を投じて開発するグローバルEVプラットフォーム、及び独自のバッテリーシステム「Ultium(アルティウム)」。台数の見込める法人需要も想定し、簡素な仕様のグレードも設定するという。

エクイノックスはシボレーで2番目に売れている重要モデル

シボレー エクイノックス EVのリヤビュー
エクイノックス EVは2023年秋頃の発売を予定している。シボレーはそれに先立ち、シルバラードやブレーザーのピュアEV仕様も市場へ導入する計画だ。

シボレーのプレジデント、スティーブ・ヒルは次のように語っている。

「エクイノックスは、シボレーブランドにおいて二番目のセールスを誇る重要なモデルです。大きな販売の見込めるセグメントでアフォーダブルなEVという選択肢を提供することにより、我々は電気自動車をすべての人々にとって身近な存在としていきたいと思っています」

シボレーは2023年春にシルバラード、及びブレーザーのピュアEV仕様を導入予定。手頃な価格帯を実現するエクイノックス EVは、シボレーの電気自動車ファミリー全体の底上げに貢献するとみられている。エクイノックス EVの詳細スペックについては現時点では未発表だが、同じアルティウムバッテリーシステムを採用する兄貴分のシルバラード EVは、およそ400マイル(約643km)の航続距離を実現している。

キャデラック エスカレード スポーツのフロントスタイル

新型キャデラック エスカレードに見る「気高き魂」。唯一無二の世界観に浸る

キャデラックの旗艦SUVがついに新型へと生まれ変わった。ホイールベースを120mm延長した新…

著者プロフィール

三代やよい 近影

三代やよい

東京生まれ。青山学院女子短期大学英米文学科卒業後、自動車メーカー広報部勤務。編集プロダクション…