復活のブロンコをベースに大幅なパワーアップを実現

最速を追求するヘネシー・パフォーマンス、フォード ブロンコのコンプリートカスタムを発表

アメリカ、テキサス州を拠点とするヘネシー・パフォーマンス・エンジニアリング(Hennessey Performance Engineering)は、新型フォード ブロンコのエンジンチューン仕様「ヴェローシラプター 400 ブロンコ」を発表した。ヘネシーが展開するエンジンアップグレードプログラムのヴェローシラプター・パッケージを採用し、最高出力405bhp・最大トルク503lb-ftのスペックを実現した。

Hennessey VelociRaptor 400 Bronco

ブロンコにビッグパワーを求めるカスタマーへの回答

最高出力405bhp、ヘネシー・パフォーマンスが「フォード ブロンコ」のエンジンチューンプログラムを発表
ブロンコの上位モデルに搭載される2.7V6ツインターボは310bhpを発揮するが、多くのユーザーはさらなるパワーを求めていると、ジョン・ヘネシーは指摘する。

ヘネシーのエンジニアは、ブロンコに搭載されている2.7リッターV型6気筒ツインターボエンジンに、新しいインテークシステムとエキゾーストシステムを装着。リキャブレートしたことで、ベースエンジンが持つポテンシャルを最大限にまで引き出し、最高出力を75bhp、最大トルクは88lb-ftもの向上を果たした。この結果、0-60mph加速4.9秒を実現している。

ヘネシー・パフォーマンスの創業者兼CEOのジョン・ヘネシーは、ヴェローシラプター 400 ブロンコについて次のようにコメントした。

「オンロードでもオフロードでも、お客様が求めるのはビッグパワーです。新型ブロンコはアイコン的存在になることが運命づけられている1台。我々のカスタマーはブロンコの強化されたスタイリングだけでなく、もちろん強大なパワーを必要としています。ヴェローシラプター 400 ブロンコは、その希望を実現しました」

2021年は200台を限定生産

最高出力405bhp、ヘネシー・パフォーマンスが「フォード ブロンコ」のエンジンチューンプログラムを発表
ベースは現在のブロンコのラインナップに準拠し、2021年は200台のみの限定生産が決まっている。

エンジンアップグレードプログラムに加えて、ヘネシーは「オフロードパッケージ」を用意。ヘネシー製18インチホイールにオフロードタイヤを組み合わせ、フロントとリヤにはヴェローシラプター専用バンパーを装着。リトラクタブルサイドステップを採用したことで、ブロンコのスタイリングをさらに個性的に仕上げることができる。

ヴェローシラプター 400 ブロンコは、2ドア/4ドア、ソフトトップ/ハードトップをそれぞれラインナップ。現在オーダーを受け付けており、2021年の生産台数は200台に限定されている。3年/3万6000マイルの保証が付帯され、価格はベースのブロンコも含んで8万ドルからとなっている。

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部