改良新型アルピーヌ A110の受注予約は2月10日からスタート

アルピーヌ A110がモデル体系を変更、ハイパワー仕様は最高出力300psにパワーアップ 【東京オートサロン2022】

新型アルピーヌ A110 Sのフロントスタイル
新型アルピーヌ A110の国内販売が決定。東京オートサロンではA110 Sの実車を公開中。
アルピーヌ・ジャポンは、アルミ製ボディや重量を低減したパーツの採用による徹底した軽量化、ミッドシップエンジンレイアウトのコンパクトなボディを特徴とする「アルピーヌ A110」に一部改良を施し、日本への導入をスタート。発売に先立って現在開催中の「東京オートサロン2022」にて、実車を公開した。

Alpine A110 S

従来モデルからラインナップを変更

新型アルピーヌ A110 Sのリヤスタイル
新型アルピーヌ A110 Sのリヤスタイル。これまで頑なにリヤウイングやリヤスポイラーなどエアロデバイスの装着を拒んできたアルピーヌだが、より大きなドラッグを得るためリヤウイングの採用を決断したという。

アルピーヌの従来のラインナップは、オリジナル・A110の特質を色濃く引き継いだ「A110 ピュア」、洗練されたデザインと快適性が特徴の「A110 リネージ」、高出力エンジンと専用チューニングを施したシャシーを持つ「A110 S」という、3つのグレードで展開してきた。

改良新型となるアルピーヌ A110は、新たにそれぞれの特徴と個性が際立った「A110」「A110 GT」「A110 S」の3グレード体系に変更。この新型アルピーヌ A110の日本における受注を、2月10日から全国のアルピーヌ正規販売店で開始する。現在、全国販売に先立ち東京オートサロンのアルピーヌブースにて、A110 Sの実車が公開中だ。

300ps・340Nmを発揮する1.8リッター直4ターボを搭載

最高出力が300psにまでパワーアップした、アルピーヌ A110の改良新型。
「A110 GT」と「A110 S」には、高出力300psを発揮する1.8リッター直4ターボを搭載。最高出力は300ps、最大トルクは340Nmまで強化された。

新型に生まれ変わったアルピーヌ A110は、これらの3つのグレードの特徴をさらに際立たせ、ドライバーをそれぞれのモデルが持つ独自の世界観へと導く「A110」「A110 GT」「A110 S」のグレード体系を採用することになった。A110 GT、A110 S には、これまでよりも出力・トルクが向上した最高出力300ps・最大トルク340Nmを発揮する1.8リッター直列4気筒ターボエンジンが搭載される。

ハイパワーエンジンを搭載したことで、A110 GTでは余裕のある走りが、A110 Sではいっそう刺激的な走りが楽しめるようになったという。さらに新たなマルチメディアシステムの採用により「AppleCarPlay」及び「AndroidAuto」にも対応。インフォテインメント環境が大きく向上することになった。

合わせて読みたい
マイナーチェンジを受けた、アルピーヌ A110 Sの走行シーン。
アルピーヌ A110の改良新型デビュー! A110 Sは300hpエンジンとシリーズ初のリヤスポイラーを採用 【動画】

【車両本体価格(税込)】
アルピーヌ A110:811万円
アルピーヌ A110 GT:893万円
アルピーヌ A110 S:897万円

【問い合わせ】
アルピーヌ コール
TEL 0800-1238-110

【関連リンク】
・アルピーヌ・ジャポン 公式サイト
https://www.alpinecars.jp

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部