ニール・ヴァン・ロジがフェラーリの伝説的なワンオフモデルを現代に再現

フェラーリのワンオフモデルを現代流に再現!「デイトナ シューティングブレーク オマージュ」とは? 【動画】

デイトナ シューティングブレーク オマージュのデザインスケッチ。
デイトナ シューティングブレーク オマージュのデザインスケッチ。
オランダを拠点とするニール・ヴァン・ロジ・デザイン(Niels van Roij Design)が、最新のワンオフ・コーチビルドプログラム「デイトナ シューティングブレーク オマージュ(Daytona Shooting Brake Hommage)」を発表した。

Daytona Shooting Brake Hommage

ひとりのオーナーの情熱から生まれたオマージュ

製作中のデイトナ シューティングブレーク オマージュ。
ランドローバーのカスタマイズプログラムを行う「ヘリテージ・カスタムス」も展開するニール・ヴァン・ロジが、今回はフェラーリ デイトナの伝説的なワンオフモデルを現代に蘇らせた。

多くのヒストリックカーと同様に「デイトナ シューティングブレーク オマージュ」も、伝統的なコーチビルドを信奉するひとりのクライアントの情熱から生まれた。シューティングブレーク形状のボディ後部は、ハンドビルトされたアルミニウム製ワンオフ仕様となる。

ニール・ヴァン・ロジ・デザインの創設者である、デザイナーのニール・ヴァン・ロジは、デイトナ シューティングブレーク オマージュについて次のようにコメントした。

「私たちに、1972年の伝説的なワンオフモデル『デイトナ シューティングブレーク』を再現して欲しいという特別な依頼をしてきたのは、真のカーデザイン愛好家でした」

「このピュアなスタイリングを再現するのには12ヵ月を要しました。そして、フルスケールのクレイモデルの製作が完了し、クレイモデルでの承認を得た後、ハンドメイドでアルミニウム製ボディ後半を製作しています。このボディはスペシャリストのバス・ヴァン・ルーメン(Bas van Roomen)に依頼しています」

1972年製デイトナを現代的に再現

製作中のデイトナ シューティングブレーク オマージュ。
1972年に登場したデイトナ シューティングブレークの要素をそのまま再現するのではなく、ニール・ヴァン・ロジが現代的なエッセンスを加えた。

1970年代の伝説的なクラシカル シューティングブレークを現代的なカーデザインに仕上げるのは、複雑な作業が要求されることになった。デイトナ シューティングブレーク オマージュは、オリジナルへのリスペクトを持ちながら、その中に新時代のDNAを多く導入している。

「実際、完成したデザインは、クラシカルなインスピレーションが持つしなやかなボリュームと、理想的なプロポーション、そしてベースとなった現代ドナーカーが持つ、パワフルなフォルムを完璧に融合させたものです」と、ニール・ヴァン・ロジは説明する。

ドナーカーからの流用はフロントウインドウとドアのみ

デイトナ シューティングブレーク オマージュのデザインスケッチ。
今回のワンオフプロジェクトのために用意されたドナーカーから流用されたのはフロントウインドウとドアのみ。それ以外は、特徴的な水平基調のフロントフェイスなど、すべてが新たにデザインされている。

今回、用意されたドナーカーから、ボディには多くの変更が加えられた。ドナーカーから残されたのはフロントウインドウとドアのみ。オリジナルのデイトナ シューティングブレークに敬意を表し、特徴的なシャークノーズが採用された。そして新形状のフロントバンパー、フェンダー、水平基調のライトバーなどを組み合わせたことでユニークなフロントセクションが完成している。

フロントガラス後端から始まるルーフラインは、リヤセクションに向けて優雅に流れていく。斬新なリモコン式バタフライ・サイドウインドウは、このクルマにおける最も印象的なディテールだろう。リヤエンドは、オリジナルのデイトナ シューティングブレークと微妙にリンクしながらも、ベース車両のプロポーションに適合させる必要があり、デザインにおいて非常に複雑な作業になったという。

フェラーリ デイトナ SP3のフロントスタイル

フェラーリ史上最強の840ps! デイトナ SP3が示す「過去から未来」へ続くレジェンドとは?

デイトナ SP3はタイムレスなフェラーリの魅力を継承し、革新的な技術で提案される限定モデル、…

デイトナ シューティングブレーク オマージュを動画でチェック!

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部