メルセデスAMG GT 4ドアクーペに最強のハイブリッド仕様「63 S E パフォーマンス」が登場

メルセデスAMG史上最強の843ps! 初のパフォーマンスハイブリッド「GT 63 S E パフォーマンス」デビュー

最高システム出力843psを発揮するハイブッドモデル、「メルセデスAMG GT 63 S E パフォーマンス」のエクステリア。
最高システム出力843psを発揮するハイブッドモデル、「メルセデスAMG GT 63 S E パフォーマンス」デビュー。
最高システム出力620kW(843ps)を発揮するハイブリッドパワートレインを搭載した「メルセデスAMG GT 63 S E パフォーマンス」がデビューした。このエレガントな4ドアクーペは、メルセデスAMG初となるパフォーマンスハイブリッドというだけでなく、量産モデルで最もパワフルな1台となる。

Mercedes-AMG GT 63 S E PERFORMANCE

最高出力843ps・最大トルク1400Nmを発揮

最高システム出力843psを発揮するハイブッドモデル、「メルセデスAMG GT 63 S E パフォーマンス」のエクステリア。
単体でも639hpを発揮する4.0リッターV8ツインターボエンジンに電気モーターが組み合わせられ、システム最高出力843ps・同最大トルク1400Nmという、生産モデル最強のスペックを実現した。

メルセデスAMG GT 63 S E パフォーマンスは、4.0リッターV型8気筒ツインターボエンジンと電気モーターを組み合わせたことで、システム出力620kW(843ps)、システム最大トルク1400Nm以上という強烈なパフォーマンスを獲得。さらに優れた走行性能とドライビングダイナミクスに加え、プラグインハイブリッドならではの優れた効率性も実現した。

単体でも470kW(639hp)の4.0リッターV型8気筒ツインターボエンジンに、150kW(204hp)の電気モーター、そしてメルセデスAMGが独自開発した高性能バッテリーが組み合わせられた。GT 63 S E パフォーマンスに搭載されるハイブリッドパワートレインは、メルセデスAMGが参戦するF1からの技術をフィードバック。電気モーターとバッテリーをリヤアクスルに搭載する、独立駆動レイアウトが採用されている。

「AMGパフォーマンス4MATIC+」システムを介して4輪を駆動。0-100km/h加速は2.9秒、0-200km/h加速は10秒以下、最高速度は316km/hという強烈な走行性能を発揮する。英国における価格は17万3655.00ポンドから、カスタマーへのデリバリーは2022年4月からスタート。現時点で日本市場への導入は発表されていない。

AMGの名に恥じないドライビングダイナミクス

最高システム出力843psを発揮するハイブッドモデル、「メルセデスAMG GT 63 S E パフォーマンス」のエクステリア。
AMGが誇る様々なハイテクデバイスが採用され、どのような状況でも快適でスポーティなドライブが実現した。

足まわりには「AMG ライドコントロール+」サスペンションシステムを採用。連続可変圧力リリーフバルブにより、シチュエーションに応じて各ホイールの減衰力をわずか数ミリ秒単位で調整する。「AMG ダイナミック・セレクト」は、ダイナミックな走りを実現する「Sport+」モードから、滑らかな走りを実現する「Comfort」まで、状況に合わせてドライブモードを選択可能だ。

ESPの制御を行う「AMGダイナミクス」も用意され、ドライブモードによってエキゾーストサウンドを切り替えられ、さらに4輪駆動、電子制御LSDなどのセッティングを変更することで車両の安定性に悪影響を与えることなく俊敏性を高めることができる。ブレーキシステムはセラミック製高性能コンパウンドブレーキを採用。軽量で長寿命でありながら極めて高い安定性を実現した。

エレガントでありながらアグレッシブなエクステリア

最高システム出力843psを発揮するハイブッドモデル、「メルセデスAMG GT 63 S E パフォーマンス」のエクステリア。
足元には、スポーティでありながら上品なエレガンスをたたえた5ツインスポークの21インチ・AMG製鍛造ホイールが採用された。

足元に21インチ・AMG製鍛造ホイール(5ツインスポーク、ブラックペイント、リム部グロス仕上げ)をチョイス。エレガントでありながらも、パフォーマンスモデルらしいアグレッシブなエクステリアが完成した。

オプションとして用意された「AMGナイトパッケージ」は、ハイグロスブラックとダーククロームのエクステリアパーツ、サイドシル上部のブラックフォイルにより、さらにスポーティな外観に仕上げることが可能。この他に「AMGエアロダイナミクス・パッケージ」もオプションで選ぶことでができる。

車内に明るく開放的な日光を取り込むことができるパノラミックルーフは標準で装備。インテリアは専用のナッパレザー(チタニウムグレーパール/ブラックのツートーンカラー、イエローのステッチ入り)に、ピアノラッカールックかカーボン製AMGトリムエレメントを組み合わせることが可能。また、オプションでAMGパフォーマンスシートも用意された。

メルセデスAMG EQS 53 4マティック+。フロントビュー

AMG初のEVはスーパーカー並の761ps! EQS 53 4MATIC+を渡辺慎太郎が最速試乗

メルセデス・ベンツのフラッグシップEV、EQSのハイパフォーマンス仕様「EQS 53 4MA…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部