レヴァンテの弟分、グレカーレのプロトタイプが北欧を疾走

マセラティ第2のSUVは開発順調! グレカーレの雪上テストシーンを公開

マセラティ グレカーレのプロトタイプ。雪上テストの様子。フロントビュー
マセラティは次期型コンパクトSUV、グレカーレの雪上テストの様子を公開した。グレカーレはこれまでに250台以上のプロトタイプを投入して世界各地で様々なテストを行ってきた。
マセラティが2022年春に発表を予定しているコンパクトSUV「グレカーレ」。その開発フェーズがいよいよ山場を迎えている。今回マセラティから公開されたのは、極寒の北欧で実施された走行テストの様子である。

Maserati Grecale

北欧の氷雪地帯でグレカーレの性能を検証

マセラティ グレカーレのプロトタイプ。雪上テストの様子。フロントビュー
マセラティ グレカーレのプロトタイプが北欧の地を走る。気温マイナス30度の極寒エリアから1〜2度の寒冷地まで、様々な状況下で信頼性や走行性能を検証した。

レヴァンテに続く第2のSUVとして、現在マセラティは「グレカーレ」の開発を進めている。当初は2021年11月のワールドプレミアを予定していたが、コロナ禍に生じた半導体不足の関係で、お披露目時期を2022年春に延期。晴れの舞台を目前に控えたこのタイミングで、プロトタイプによる雪上テストの様子が公開された。

開発部隊が向かったのは極寒の地、北欧スウェーデン。林間地帯から気温マイナス30度の極寒地帯まで、氷と雪を相手に走行性能と信頼性を検証した。今回のテストでは、様々な種類やサイズのホイールを使用したり、走行モード毎のトラクションやアンダー/オーバーステアなど挙動の微調整も行ったという。また、あらゆる気象上条件下でもキャビンの快適性をキープできるよう、徹底的なチェックが重ねられたようだ。

マセラティの新時代を支える基幹車種に

マセラティ グレカーレのプロトタイプ。雪上テストの様子。リヤビュー
MC20を旗頭に、次の時代への扉を開けたマセラティ。グレカーレは、その“新マセラティ”にとって非常に重要な量販モデルとなるはずだ。

低μの氷雪路はもちろん、グレカーレは急勾配やタイトコーナー、直線路、サーキットまでありとあらゆるコースでマセラティならではの走りを発揮できるように鍛えられてきた。レヴァンテよりコンパクト、すなわち軽量になると目される車両は、より機敏な運動性能を与えられていると想定される。MC20以降、新章を歩き始めたマセラティにとっての基幹モデルになることは間違いなく、その完成度には大きな期待が寄せられている。

ちなみに車名の「グレカーレ」は、地中海に吹く激しい北東の風を意味する。風にちなんだ車名を与えるのはマセラティの伝統だ。1963年の「ミストラル(南仏名物の季節風)」から始まったその慣わしは、「ギブリ(サハラ砂漠に吹く熱く乾いた風)」、「ボーラ(ディナル アルプス山脈から吹きおろす北東からの風)」、「カムシン(エジプトで春になると吹く砂混じりの熱風)」と、連綿と続けられてきた。2016年に誕生したマセラティ初のSUV「レヴァンテ」は地中海に吹く穏やかな風(ときに強風にも変化するという)の名に由来していた。穏やかな風と激しい風。レヴァンテとグレカーレには一体どんな違いが与えられているのか、車名ひとつからも様々に想像が掻きたてられる。

これまでに、250台を優に超える数のプロトタイプが日本、アメリカ、アラブ首長国連邦、中国、フィンランド、イタリアなどで実走テストを行ってきたグレカーレ。生産は、モデナから南東へおよそ500kmほどの場所に建つカッシーノ工場で行われる。

マセラティ MC20海外試乗記

マセラティ MC20に最速試乗! 最新イタリアンスーパーカーのハイレベルな完成度に渡辺慎太郎も脱帽

エッジの効いたデザインにバタフライドアを備え、まさに“スーパーカー”と呼ぶにふさわしいアピア…

著者プロフィール

三代やよい 近影

三代やよい

東京生まれ。青山学院女子短期大学英米文学科卒業後、自動車メーカー広報部勤務。編集プロダクション…