ミシュランからウェットブレーキング性能を大幅に進化させた新タイヤが登場

ミシュラン プライマシー 4+登場。履き替え時まで安全性能が長く続くプレミアムコンフォートタイヤ

ミシュランからウェットブレーキング性能を大幅に進化させた新たなプレミアムコンパクトタイヤ「PRIMACY 4+」登場
ミシュランからウェットブレーキング性能を大幅に進化させた新たなプレミアムコンパクトタイヤ「PRIMACY 4+」登場。
日本ミシュランタイヤは、プレミアムコンフォートタイヤの新製品「MICHELIN PRIMACY 4+(ミシュラン プライマシー フォー プラス)」を、5月19日から順次発売する。サイズは16インチから19インチまでの全23サイズ、価格はオープンとなっている。

MICHELIN PRIMACY 4+

ユーザーの安心感に貢献するタイヤ

ミシュランからウェットブレーキング性能を大幅に進化させた新たなプレミアムコンパクトタイヤ「PRIMACY 4+」が登場した。
「PRIMACY 4+」は「PRIMACY 4」をベースに安全性と走行安定性を向上。ユーザーの安心感が大幅に向上することになった。

「MICHELIN PRIMACY 4+」は静粛性に優れ、上質で快適な乗り心地を提供する「MICHELIN PRIMACY 4」を進化させたタイヤ。安全性と走行安定性を向上させたことで、ユーザーの安心感に貢献するプレミアムコンフォートタイヤとなる。

プレミアムコンフォートタイヤに求められる静粛性や乗り心地など、上質で洗練された運転環境はそのままに、履き替え時でも発揮する優れたウェットブレーキング性能は、履き始めから長期間にわたって安全性を確保する。

また、高速走行時の安定性に優れたハンドリング性能は「どこまでも走りたい」というドライバーの欲求に応え、満足感の向上に寄与。同時に「低燃費タイヤ」設計は、履き替え時まで長く続く安全性能に加えて、長期間の使用においても環境負荷の低減に貢献する。

トレッド下部には、よりウェット性能の高いコンパウンドを使用することで、タイヤ摩耗末期でもウェットグリップ性能を維持する「エバーグリップ テクノロジー」、U字型の主溝が摩耗末期においても排水性能を確保し、摩耗による急激な排水性能の低下を抑制する「U字グルーブ」などのテクノロジーが導入された。

パンクの危険を未然に防ぐミシュランの「セルフシール・テクノロジー」。

タイヤ交換リスクを減らして走行性を向上。ミシュランが誇る「セルフシール・テクノロジー」とは? 【動画】

ミシュランが誇る「セルフシール(Selfseal)」テクノロジーは、移動中にタイヤ修復を行う…

【販売サイズ】
16インチ:196/65R16 92V(全1サイズ)
17インチ:205/45R17 88V XL~245/45R17 99Y XL(全13サイズ)
18インチ:215/50R18 92W~255/45R18 99Y(全8サイズ)
19インチ:235/50R19 103V XL(全1サイズ)

【問い合わせ】
日本ミシュランタイヤ お客様相談室
TEL 0276-25-4411

【関連リンク】
・日本ミシュランタイヤ 公式サイト
https://www.michelin.co.jp/

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部