ポルシェ伝統の「ツーリング」の名を冠した、直4ターボ搭載のマカンT登場

ポルシェ、マカンTをリリース! 4ドアモデル初となる“T”の称号を与えたツーリングモデル

「ツーリング」を意味する“T”の名称が与えられた、ポルシェ マカンTの日本導入がスタート。
「ツーリング」を意味する“T”の名称が与えられた、ポルシェ マカンTの日本導入がスタート。
ポルシェジャパンは精密なチューニングとエクスクルーシブな装備、効率的なエンジンによって本格的な走行体験を実現した「マカンT」の予約受注を全国のポルシェ正規販売店において、2月17日からスタートした。

Porsche Macan T

ツーリングを意味する「T」の名称

「ツーリング」を意味する「T」の名称が与えられた、ポルシェ マカンTの日本導入がスタート。
今回、1960年代以来、ダイナミックな走行に特化したモデルを意味する「ツーリング」を意味する「T」の名称が、4ドアモデルとして初めて与えられた。

マカンTはこれまで911や718に限定されていた「T」の名称を備えた初の4ドアスポーツカーとなる。ポルシェが車名に掲げる「T」の文字は、1960年代以来ダイナミックな走行に特化したモデルを意味する「ツーリング」を表している。

1968年に誕生したポルシェ 911Tのスピリットに忠実なマカンTには、ダイナミックなセットアップ、軽量な2.0リッターターボエンジン、アスレチックなデザインを採用。さらに、スポーティなドライビングスタイルに最適な、広範囲に及ぶ標準装備が組み合わされた。このようなコンセプトにより、マカンTはマカンとマカンSの間に位置付けられたモデルとなる。

エクステリアは「アゲートグレー・メタリック」でペイントされたフロント、サイド、リヤのデザインエレメントを採用し、他のマカン・シリーズと差別化された。フロントトリム、エクステリアミラー、サイドブレード、ルーフスポイラー、リヤのロゴには、専用のコントラストカラーがチョイスされている。

ハイグロスブラックのスポーツテールパイプと、サイドウインドウトリムは標準装備。サイドブレードにはブラックの“Macan T”ロゴがあしらわれた。ダークチタンの20インチ・マカン S ホイールも標準装備。エクステリアは、13色のソリッドカラー、メタリックカラー、スペシャルカラーの中から選択することができる。

最高出力265psを発揮する2.0リッター直4ターボを採用

「ツーリング」を意味する「T」の名称が与えられた、ポルシェ マカンTの日本導入がスタート。
V6モデルと比較すると、フロントアクスルで58.8kg軽量化された2.0リッター直4ターボを搭載。最高出力は265psを発揮し、優れた加速性能を実現した。

マカンTの2.0リッター直列4気筒ターボエンジンは、優れた俊敏性、軽量性、コンパクトなデザインを組み合わせ理想的な重量配分と性能を提供。マカンTのパワートレインは、マカンSとGTSが搭載する2.9リッターV型6気筒ツインターボエンジンと比較し、フロントアクスルにおいて58.8kgの軽量化を促す。これによって優れた発進加速と最適なコーナリング性能を発揮する。

最高出力195kW(265ps)と最大トルク400Nmを発生するマカンTは、精密な車両設計にふさわしい爽快なドライビングを提供。エンジンは他のマカンと同様に、高速シフトの7速ポルシェドッペルクップルング(PDK)と、4WDシステムのポルシェトラクションマネジメント(PTM)が組み合わされている。

広い回転域で得られる大きなトルクが、あらゆる走行条件で応答性の高い加速を実現。ステアリングホイールのモードスイッチと、スポーツレスポンススイッチを含む標準装備の「スポーツクロノパッケージ」を使用すると、静止状態から100km/hまで6.2秒で加速し、最高速度は232km/hにまで達する。

15mmローダウン、専用チューニングされたシャシー

「ツーリング」を意味する「T」の名称が与えられた、ポルシェ マカンTの日本導入がスタート。
足まわりには、車高を15mmローダウン化した「ポルシェアクティブサスペンションマネジメント(PASM)」を採用。シャシーチューニングはシャープに最適化された。

マカンTは、車高を15mm低く設定した「ポルシェアクティブサスペンションマネジメント(PASM)」を備えた、スチールサスペンションを標準装備する唯一のポルシェ・モデルとなる。

フロントのスタビライザーは抜群の剛性を確保。シャシーのチューニングは最適化され、車両とパワートレインに完璧なサスペンションを実現し、応答性の高いステアリング動作と俊敏なハンドリングが可能になった。「ポルシェトラクションマネジメント(PTM)」もマカンTの走行要求に適合され、特にリヤブレーキのコントロールが最適化されている。

直列4気筒エンジン搭載モデルの新装備として、車高をさらに10mm低く設定。PASMを備えたアダプティブエアサスペンションをオプションで装備することも可能となっている。Tモデルの動的特性に適合されたポルシェトルクベクトリングプラス(PTV Plus)を追加することで、ドライビングダイナミクスをさらにシャープにすることもできる。

マカンT専用トリムを備えたインテリア

「ツーリング」を意味する「T」の名称が与えられた、ポルシェ マカンTの日本導入がスタート。
インテリアは、ブラックレザーパッケージをベースにマカンT専用のトリムが採用されている。

マカンTは、インテリアにもオリジナリティが与えられた。標準装備の8way電動調節機能付ヒーテッドスポーツシートは、ブラックレザーパッケージをベースにした専用トリムを備えている。

フロントシートと両側リヤシートの中央部は縞模様のSport-Tex、フロントヘッドレストにはポルシェエンボスクレストが付けられた。シート、ヘッドレスト、ステアリングホイールに施されたシルバーのデコレーティブステッチは、エクステリアのコントラストカラーをインテリアへと反映している。

マルチファンクションGTヒーテッドスポーツステアリングホイールと、ダッシュボード上部のスポーツクロノストップウォッチも標準装備。標準装備のブラックアルミニウム製ドアエントリーガードは“Macan T”のロゴ入りとなる。オプションで、Race-TexマルチファンクションGTスポーツステアリングホイール(カーボントリム付)や、イオナイザーをチョイスすることも可能だ。

最新のタッチセンサー式ガラスルック画面を備えた新しいセンターコンソールや、10.9インチタッチスクリーンとオンラインナビゲーションを含む、完全にネットワーク化された「ポルシェコミュニケーションマネジメント(PCM)」も標準装備となる。

【車両本体価格(税込)】
ポルシェ マカンT:840万円

【問い合わせ】
ポルシェ コンタクト
TEL 0120-846-911

【関連リンク】
・ポルシェ 公式サイト
https://www.porsche.com/japan/jp/

改良新型ポルシェ マカン GTS スポーツパッケージ仕様のフロントビュー

ポルシェ マカンの改良新型が登場! GTSも含めたすべてのバージョンがパワーアップ

ポルシェの最量販モデル、マカンの改良新型が登場。内外装のアップデートに加えて、エンジンの出力…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部