スクアーロを手掛けるGTOエンジニアリング、ランボとマセラティ用パーツもフォロー

GTOエンジニアリング、ランボルギーニとマセラティのクラシックパーツ供給をスタート

フェラーリの専門ショップのGTOエンジニアリングが、新たにマセラティとランボルギーニのパーツ供給をスタート
フェラーリのレストモッドやパーツ販売を手掛けるGTOエンジニアリングが、新たにマセラティとランボルギーニの新旧モデルに対応したパーツ供給をスタートした。
英国・バークシャー州トワイフォードを拠点に、クラシック・フェラーリのレストア/整備/パーツ供給/イベントサポートなどを行うGTOエンジニアリング(GTO Engineering)が、そのパーツラインナップにマセラティとランボルギーニを追加した。

長年にわたってフェラーリのパーツを供給

フェラーリの専門ショップのGTOエンジニアリングが、新たにマセラティとランボルギーニのパーツ供給をスタート。
GTOエンジニアリング傘下のGTOパーツは、クラシック・フェラーリで培った経験を活かし、新たにランボルギーニとマセラティのパーツもカバーすることになった。

GTOエンジニアリングのヒストリックカー&現行モデル向けパーツ供給部門「GTOパーツ(GTO Parts)」は、長年にわたり展開してきたフェラーリ向けパーツに加え、ランボルギーニとマセラティのパーツをラインナップに追加した。ランボルギーニとマセラティのパーツは、フェラーリと同様に世界中のカスタマーに供給される。

英国のGTOパーツ本社、アメリカ・ロサンゼルスのUSAベース、または2022年春にオープンするイタリア・モデナのパーツ供給センターのいずれからも、オーダーすることが可能となっている。

1996年にGTOエンジニアリングによって設立されたGTOパーツは、現在10名のスタッフで構成。ランボルギーニとマセラティのパーツ調達・供給・製造は、GTOパーツがヒストリック・フェラーリで培った豊富な経験と知識に基づいて行われる。

イタリアのパーツ業者や販売店とのコネクション

フェラーリの専門ショップのGTOエンジニアリングが、新たにマセラティとランボルギーニのパーツ供給をスタート。
GTOエンジニアリングは、フェラーリのパーツ製造のためにイタリアのパーツ専門業者や販売店との間に強力なコネクションを構築。今回のランボルギーニとマセラティへの対応も可能になったという。

GTOパーツは、20年以上もヒストリック・フェラーリ向けのパーツ供給を行ってきたことで、イタリアのパーツ会社や販売店との強固なつながりを構築。多くのカスタマーから、フェラーリだけでなく同じイタリア製スーパーカーであるランボルギーニやマセラティのパーツ供給を求める強い声があったという。

GTOエンジニアリングの創業者であり、GTOパーツのマネージングディレクターも務めるマーク・ライオンは、ランボルギーニとマセラティのパーツ展開について次のようにコメントした。

「クラシック&モダン・フェラーリのスペシャリストとして、私たちには蓄積してきたノウハウと専門知識があります。そして、ここにイタリアの自動車パーツメーカーや販売店とのコネクションを組み合わせています。ある意味、ランボルギーニとマセラティのパーツを提供することが、次のステップとして自然な流れとなりました。また、イタリアのモデナにある新しいセンターからも、豊富な在庫の中から選りすぐりの製品を提供する予定です」

ランボルギーニは「350 GT」から「ウラカン」まで、マセラティは「3500」から「レヴァンテ」まで、幅広い車種に対応。エキゾーストシステム、ブレーキ、クラッチ、トランスミッションシステム、ボディパネル、サスペンション、エンジンガスケット・セットなどが含まれ、さらにリクエストに応じて追加のパーツ供給にも対応する。

GTOエンジニアリング、グッドウッド・リバイバルで開発を続ける「スクアーロ」のスケールモデルを公開

GTOエンジニアリング、「スクアーロ」のスケールモデルをグッドウッド・リバイバルで初公開

英国・バークシャー州トワイフォードを拠点に、クラシック・フェラーリのレストア/整備/パーツ供…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部