5つのラゲッジアイテムに見るロールス・ロイスの新機軸

ロールス・ロイスを「持ち歩く」! 新作バッグコレクションに見るラグジュアリーの新しい姿

ロールス・ロイスはラゲッジシリーズ「ブラック・バッジ エスケイピズム ラゲッジ コレクション」に新作を追加した。2色のカラーバリエーションをもつ5種類のアイテムで構成するコレクションは、カリナン ブラック・バッジから着想を得たマテリアルを採用しているのが特徴だ。

Rolls-Royce Black Badge Escapism luggage collection

5種類の新作ラゲッジをラインナップ

ロールス・ロイスの「ブラックバッジ エスケイピズム ラゲッジ コレクション」。ホールドオール
ロールス・ロイスの「ブラック・バッジ エスケイピズム ラゲッジ コレクション」。ホールドオールのサイズは長さ470×奥行240×高さ250mm。

ロールス・ロイス モーター カーズは、2021年7月20日に新しいラゲッジシリーズとして「ブラック・バッジ エスケイピズム ラゲッジ コレクション(Black Badge Escapism luggage collection)」の新作を発表した。escapismは現実の物事から意識を逸らそうとする心理状態を指す単語。日常の煩わしさから解放され、特別な時間を過ごす人々のためのコレクション、と解釈することができる。

コレクション名に含まれているBlack Badgeとは、すなわちロールス・ロイスで現在圧倒的な人気を集めているビスポークシリーズのこと。「ドライバーオリエンテッドなロールス・ロイス」という意外性のあるメッセージのもと、黒の衣装とスポーティな仕上げをまとわせる“ブラック・バッジ”シリーズは、若年層を中心に支持を得ている。

カリナンのカーボンに着想を得た素材を使用

ロールス・ロイスの「ブラックバッジ エスケイピズム ラゲッジ コレクション」。オーガナイザーポーチ
ロールス・ロイスの「ブラック・バッジ エスケイピズム ラゲッジ コレクション」。オーガナイザーポーチのサイズは長さ350×奥行20×高さ270mm。

「ブラック・バッジ エスケイピズム ラゲッジ コレクション」には、カリナンのブラック・バッジ仕様に使われている、“テクニカル ウィーヴ”と呼ぶ革新的なカーボン素材に着想を得た素材を採用。カリナンのテクニカル ウィーヴは、三次元の織り地が生み出す複雑な幾何学模様が特徴で、通常カーボンと聞いて思い浮かべるパターンとは雰囲気を異にする。テクニカルで先進的でありながら、寄木や象嵌といった繊細な工芸品も彷彿させる不思議な表情が特徴だ。

週末の小旅行に活用できる「48時間ウィークエンダー」をはじめ、「24時間ウィークエンダー」、それよりやや小さめの「ホールドオール」、日常で使えるトートバッグ、バッグインバッグとしても活躍するオーガナイザーポーチの5種類をラインナップ。それぞれに、2トーン仕様とモノトーン仕様を設定。

5種類1セットで邦貨約286万円から

ロールス・ロイスの「ブラックバッジ エスケイピズム ラゲッジ コレクション」。ウィークエンドバッグ
ロールス・ロイスの「ブラック・バッジ エスケイピズム ラゲッジ コレクション」。ウィークエンドバッグ。24時間ウィークエンダーのサイズは長さ500×奥行200×高さ300mm。

さらにお望みとあれば、顧客は好みのパイピングとステッチのカラーを組み合わせることもできるのは新しい試み。ちなみに5種類のバッグは単品での購入はもちろん、セットでオーダーすることも可能である。1セットは本国価格で2万2075ポンド(約286万円)〜とのこと。

ロールス・ロイスは、近年「自動車メーカーから“ハウス オブ ラグジュアリー”へ」とブランドの再構築を図っている。ラゲッジコレクションのみならず、今後はこうした自動車以外のプロダクトはもとより、旅を含めたあらゆる体験も提供するブランドへと生まれ変わっていく。道路を離れたとしても、家の中や旅先でさえロールス・ロイスの世界に没頭できる。そんな生活が、きっとそう遠くない未来に実現するのだろう。

著者プロフィール

三代やよい 近影

三代やよい

東京生まれ。青山学院女子短期大学英米文学科卒業後、自動車メーカー広報部勤務。編集プロダクション…