プレイバック! 東京オートサロン2022【MANSORY】

ウルトラハイエンドを大胆に着飾るマンソリーのコンプリートカー 【MANSORY:東京オートサロン2022】

東京オートサロン2022、ラガーコーポレーションの出展ブース
まだモデル自体がデビュー間もない2台なのに、東京オートサロンにはこれらコンプリートカーが2台も登場した。そのスピード感もまたマンソリーの魅力だろう。
2年ぶりに開催された東京オートサロン2022。今回も魅力的かつ個性的なメイクスが多数出展され、クルマ趣味の多様性と可能性を存分にアピールしていた。ここでは会場で見かけた多くの出展から、GENROQ Webが厳選したモデルを紹介していく。

MANSORY
Rolls-Royce New GHOST / Mercedes-Benz W223 S-class

話題の新型モデルが早速コンプリートカーに

ハイエンドカーをさらに究極的な存在へ。マンソリーのコンプリートカーは、いつもそんな輝きに満ちている。ツルシの状態でも充分すぎるほど豪華な存在に対して、さらに顧客の好みに合わせて、独特の個性と高性能を植え付けてきた。

今年、東京オートサロンに姿を現したのは、新型ロールス・ロイス ゴーストと、メルセデス・ベンツ Sクラス(W223)だった。ポスト・オピュレンス(脱・贅沢)を掲げて登場したゴーストの場合、これみよがしの主張はさせず、ごくさりげなくマンソリー製ボディパーツでくるんでいる。マンソリーらしいラグジュアリー性を訴えるのは、足もとを支えるホイール(V.6クローム)だけ。20個のLEDでライトアップされるパルテノングリルと調和するかのような、荘厳な雰囲気を持つデザインだ。

顧客の好みに応じたビスポーク体制

対してSクラスはよりマンソリー流儀だ。エレガントなSクラスを、よりスポーティな表情へと見違えさせている。ディフューザー形状を際立たせた前後スポイラーの造形や、フェンダーパネル、各種トリムやオーナメントなどの相乗効果で、まるでSクラスがAMGモデルを凌ぐほどのスポーツモデルへと豹変したかのようだ。スポーティな中にもエレガントなエッセンスを、としてホイールはCS.11が投入された。四方八方からの光を受けて、キラキラと輝くさまはとても優美なものだった。

これら2台のコンプリートカーは、マンソリー本国からのパーツ供給を受けて日本で製作したもの。日本でのインポーターを務めるラガーコーポレーション&ボンドカーズは、マンソリーから特別に現地製作が認められているためだ。日本仕様の個体をベースに、コンプリートカーに仕立てる土壌が構築されている。

この2台を参考に、自分なりにさらなるオリジナリティを加えてもいい。その気になればインテリアメイクなどにも挑むことができる。決して安くはないコストが必要とされるものの、ロールス・ロイスと同じような考え方を持って「顧客の好みに100%合致させるビスポーク体制」こそ、マンソリーの魅力である。

REPORT/中三川大地(Daichi NAKAMIGAWA)

【関連リンク】
・ボンドグループ 公式サイト
https://www.hosokawa.co.jp/

ロールス・ロイス ブラック・バッジ ゴーストの国内発表会イメージ

新型ゴーストのブラック・バッジ国内デビュー! ロールス・ロイス販売好調の鍵を握る「ダークな仕様」とは

ロールス・ロイス・モーター・カーズは、2021年11月17日に「ブラック・バッジ ゴースト」…

著者プロフィール

中三川大地 近影

中三川大地