いよいよ全貌を明らかにする電気自動車時代のワーゲンバス

ワーゲンバスがEVになって帰ってくる! ID.Buzzが間もなくワールドプレミアへ

フォルクスワーゲンの新型EV、ID. Buzzの擬装車両。フロントビュー
フォルクスワーゲンの新型EV、ID. Buzz。ワールドプレミアは2022年3月9日午後7時に行われる。
フォルクスワーゲンは現地時間2022年3月9日午後7時に新型車「ID. Buzz」を発表する。ピュアEV専用のプラットフォーム・MEBをベースとしたワンボックスモデルで、“ワーゲンバスの再来”と注目を集めている。2022年秋より欧州から販売を開始する予定。

Volkswagen ID. Buzz

5人乗りの乗用モデルと3人乗りの商用モデルを用意

フォルクスワーゲンの“ワーゲンバス”
フォルクスワーゲンの“ワーゲンバス”は、その愛らしいスタイルと楽しげな雰囲気で多くの人々を魅了した。時代を超えて愛され続ける優れたプロダクトデザインの一例ともいえる。

いまだ根強いファンが世界中に存在するフォルクスワーゲン タイプ2。ころんとしたモノフォルムのかわいらしいバンは、“ワーゲンバス”や“ブリー”の相性で古今東西、老若男女に愛され続けてきた。そのワーゲンバスを、フォルクスワーゲン自らが21世紀にEVとして復活させたのが「ID. Buzz」。2017年のデトロイトショーでプロトタイプがお披露目されるや、まさしくワーゲンバスの再来といえる愛嬌溢れるルックスで一躍話題に。そのID. Buzzが、いよいよ量産モデルとなって2022年に販売をスタートする。

ID. Buzzは、5人乗りの乗用仕様と3人乗りの商用バン仕様の2モデルをラインナップする。車両寸法は全長4712×全幅1985×全高1937mm、ホイールベース2988mmで、ボディ長はトヨタ ヴォクシー/ニッサン セレナ/ホンダ ステップワゴンクラスに相当。グロスで82kWh、実容量で77kWhのバッテリーをフロアへフラットに敷き詰め、最高出力150kW/最大トルク310Nmのモーターで後輪を駆動する。最高速度は145km/hでリミッター制御。航続距離は正式発表のタイミングで明らかにされる模様だ。

革新的なワンボックスデザイン

フォルクスワーゲンの新型EV、ID. Buzzの擬装車両。フロントビュー
フォルクスワーゲンの新型EV、ID. Buzz。5人乗りの乗用仕様と、3人乗りの商用バン仕様の2モデルをラインナップする予定。いずれも2022年前半から生産をスタートする。

ID. Buzzはワーゲンバスから多くの美点を継承している。例えば前後のオーバーハングを最小限に抑え込んだサイドシルエットは、まさしくワーゲンバスのそれ。現在の安全要件をすべて満たしながらも、ドライバーは車体前方に限りなく近い場所に着座できるレイアウトとしている(=視界が広く、かつキャビンや荷室の空間を最大限確保できる)。フォルクスワーゲン商用車部門のデザイントップ、アルバート・カージンガーは「ID. Buzzは革新的なワンボックスデザインを実現しています。このようなクルマは他にありません」と語っている。

フォルクスワーゲンによるID. Buzzの予告リリースは、「ID. Buzzは新時代のアイコンになるクルマである」と謳う。例えば機能主義を貫いたインダストリアルデザイナー、ディーター・ラムスや、彼から大きな影響を受けたと言われるAppleのジョナサン・アイブを例に挙げている。ラムスは良いデザインの条件について、革新的で目的が明確であり、見た目に美しくユーザーフレンドリー、よく考え抜かれ純粋で、かつ環境に優しくなければならないと指摘している。彼のデザイン哲学は、「Less but better(より少なく、しかしより良く)」であり、ID. Buzzにもこの考えがそのまま当てはまるのだという。

EV時代のゲームチェンジャーとなるか

フォルクスワーゲンの新型EV、ID. Buzzの擬装車両。リヤビュー
フォルクスワーゲンの新型ID. Buzzは、先進テクノロジーの数々も積極的に搭載する模様。果たしてEV界に一石を投じるか。欧州での販売は2022年秋にスタートする。

ワーゲンバスは最小限の身体に最大限の空間を詰め込み、ありとあらゆる多彩な使い道をユーザーに提供した。そしてなにより、全身にたっぷりとまとっていた“自由の空気”が人々に夢を与えた。ID. Buzzがもしもあの楽しげな空気も継承しているのだとしたら、EV時代のゲームチェンジャーとなるかもしれない。

新型ID. Buzzのワールドプレミアは、2022年3月9日午後7時。乗用モデル及び商用バンモデルのいずれも、2022年前半より生産をスタートし、同年秋に欧州から販売を開始するという。ワーゲンバスの愛好家が多いアメリカでの展開も告知されているが、日本導入については現時点(2022年3月4日)で未定。

フォルクスワーゲン ゴルフ eTSI Rラインとアウディ S3 スポーツバックの走行シーン

新型フォルクスワーゲン ゴルフと新型アウディ A3/S3、禁断の同門対決はどっちに軍配が上がるのか? 徹底試乗が導いた結論は・・・

かつて自動車のメートル原器とまで称され、ベーシックカーを代表する存在として世界中で愛されてき…

著者プロフィール

三代やよい 近影

三代やよい

東京生まれ。青山学院女子短期大学英米文学科卒業後、自動車メーカー広報部勤務。編集プロダクション…