衝撃のフェラーリ 296GTB

GENROQ 9月号発売中! THE MID-ENGINE

フェラーリ 296GTBのフロントスタイル
フェラーリ 296GTBのフロントスタイル
GENROQ 9月号は「ミッドシップ・スーパースポーツ」に焦点をあてた巻頭特集に注目。フェラーリ初のV6ミッドシップPHVである296GTB、FRへの転換を果たしたシボレー コルベット試乗記、1000psの衝撃的ハイパーカーであるフェラーリ SF90 ストラダーレを田中哲也が斬る、など最新かつ話題の次世代を担うミッドシップカーの総力取材を行った。

Neo Mid-Engine Cars GENROQ 2021年9月号 7月26日発売

Recomend:1
21世紀のディーノ!? 296GTBの最新情報満載!

フェラーリ 296GTBのリヤスタイル
クーペボディでトンネルバックスタイルを採用するのはF355以来だ。250LMを彷彿とさせる盛り上がったリヤフェンダーが力強い。

以前からフェラーリがV6のスーパースポーツカーを開発しているという噂はあった。現代版ディーノとも呼ばれていたのだが、それが296GTBという名で突然我々の前に姿を表したのだ。パワーユニットは新開発のV6ツインターボエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッド。SF90に次ぐフェラーリのPHVだが、296GTBはフロントモーターを持たない後輪駆動である。バンク角120度で完全等間隔爆発を実現したV6は両バンクの間に2基のターボを装着して2992ccの排気量から663psを発揮、さらにモーターを合わせたトータルパワーは830psとなる。0-100km/h加速2.9秒を実現しながらモーターのみで25kmの走行を可能とするなど、高い環境性能も魅力だ。

フェラーリ 296GTBのエンジン
搭載されるV型6気筒エンジンのバンク角は120度。その最大のメリットは、完全バランスが実現することにあるだろう。

パワートレイン以上に魅力的なのはスタイルで、全長4565mmのボディは実にダイナミックな造形を描いている。久しぶりにトンネルバックスタイルが復活したのもファンにはたまらないだろう。GENROQ9月号では296GTBを、特にV6エンジンに注目して徹底的に考察。フェラーリの新時代を告げるハイブリッドスーパースポーツの詳細に迫る。

Recomend:2
M4の走行性能が大幅アップ!

BMW M4 クーペ コンペティションの走行シーン
最高出力510psを発生する最新のS58型3.0リッター直6ツインターボエンジンを搭載。ダブルバブルルーフはカーボン製で全車標準装備となる。

田中哲也と荒 聖治、一流レーシングドライバー2人が、鈴鹿サーキットでスポーツカーの性能を見定める人気連載「辛口インプレッション」。今回は新型BMW M4クーペ コンペティションをテストした。初めて乗った新型M4に「これよく曲がるね。S字ひとつ目の左でフロントが逃げるのを想定して、ステアリングを早めにきったら、すごいインにつけた。遅れるどころか逆に跨げそうだった」と笑う哲也選手。

BMW M4 クーペ コンペティションのリヤスタイル
オプションのMカーボンセラミックブレーキ(107万5000円)が装着されていた。サイドシルには“M4”ロゴがあしらわれる。

荒選手が感動したのはMドリフトアナライザー。「先代は制御の度合いが強くて、ESCオフの方が良いと思わせましたけど、これならテールを流していけます」とべた褒め。最先端のレーシングカーに搭載される制御が入っていると分析した。

Recomend:3
待望のディーゼルの驚くべき実力

5月にラインナップに追加された48V MHEVシステムを採用した3.0リッター直6ディーゼル搭載モデル。試乗車にはグッドイヤー・ラングラーが装着されていた。

約70年ぶりに完全刷新されて1年前に登場した新型ディフェンダー 110は、ランドローバーオリジナルの血を受け継ぐモデルとして、発売以来大人気。剛性の高い新開発モノコックボディにより、他のSUVとは一線を画す軽快感や悪路走破性を身に着けている。

ディフェンダー 110 X 300Dの走行シーン
2トンを超える車重を軽々と走らせる3.0リッターディーゼルエンジンのトルクは圧巻である。

敵なし状態のディフェンダー 110に自社製3.0リッター直列6気筒ディーゼルエンジンを搭載したモデルが追加された。110のディーゼルモデルを待っていた人は多いだろう。GENROQではその最上位モデルである「X D300」を徹底試乗。オフロードから街中まで走りに走って見えてきたこととは!?

【information】
GENROQ 2021年9月号
発売日:7月26日(月)発売
定価:998円(税込)

PHOTO/益田和久(Kazuhisa MASUDA)、田村 弥(Wataru TAMURA)

【関連リンク】
・GENROQ2021年9月号

著者プロフィール

石川亮平 近影

石川亮平