国際女性デーに発表されたWWCOTYをプジョー 308が獲得

プジョー 308、世界中の女性ジャーナリストが選ぶ2022年のベストカーに選出

女性ジャーナリストの選考により、プジョー 308が「ベスト・カー・オブ・ザ・イヤー」を獲得。
女性ジャーナリストの選考により、プジョー 308が「ベスト・カー・オブ・ザ・イヤー」を獲得。
40ヵ国から集まった52名の国際的な女性モータージャーナリストにより、「ウィメンズ・ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー(Women's World Car of the Year)」の選考が行われ、プジョー 308が2022年の「ベスト・カー・オブ・ザ・イヤー」と「ベスト・アーバン・カー」を受賞した。

Peugeot 308

6台の各部門ベストから最優秀賞を選出

2022年の「ベスト・カー・オブ・ザ・イヤー」に選出されたプジョー 308。
2009年からスタートしたWWCOTYは、6部門のベストカーを選出。この中からプジョー 308が「ベスト・カー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれている。

2009年からスタートした「ウィメンズ・ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー(WWCOTY)」の事務局は、3月8日の国際女性デー(International Women’s Day)に合わせて、2022年の各賞を発表した。2022年は、40ヵ国・56名の女性モータージャーナリストが参加し、投票前に数十台のモデルを試乗。1回目の投票では、65台の候補車種の中から各部門のトップが選出された。

「ベスト・アーバン・カー」にプジョー 308、「ベスト・ファミリーSUV」にキア スポーテージ、「ベスト・ラージSUV」にBMW iX、「ベスト・ファミリー・カー」にフォード マスタング マッハE、「ベスト・パフォーマンス・カー」にアウディ e-Tron GT、「ベスト4×4」にジープ ラングラー 4xeを選出。この中から最終投票に3台が進み、プジョー 308が「ベスト・カー・オブ・ザ・イヤー」に輝いている。

ウィメンズ・ワールド・カー・オブ・ザ・イヤーのエグゼクティブプレジデントを務めるマルタ・ガルシアは今回の選考について次のようにコメントした。

「今年の投票は、例年以上に接戦となりました。それぞれの候補車が、その分野の最高峰を代表していたので、審査員たちは1台を選ぶのに相当の苦労をしたはずです」

WWCOTYを立ち上げたひとりであり、今回の選考にも参加したサンディ・マイヤーは、プジョー 308の受賞理由を以下のように説明している。

「プジョー308は、クルマに求められるすべての要素を備えています。走行性能も素晴らしいしですし、ほとんどのモデルのパワーユニットが排気量1.2リッターしかないなんて、本当に信じられません」

『VOGUE Japan』とポルシェジャパンとのコラボレーション動画に登場する夏木マリとMIO。

ポルシェジャパン、女性参加企画『VOGUE Japan』とのコラボ動画を公開

ポルシェジャパンは、2022年3月8日の「国際女性デー(International Wome…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部