時代をつくったメルセデス SLシリーズ、70年のヒストリーを紐解く

最新型のSLがAMGオンリーになった理由とは? 生誕70周年を迎えた「オープンカーキング」の原点

メルセデス・ベンツSLのルーツ、そして歴代モデル。集合写真
写真手前が1952年に誕生したレーシングカーのメルセデス・ベンツ300SL(W194)。後方右から1957年の300SLクーペ(W198)、1960年の300SLロードスター(W198)、1970年の280SL“パゴダ”(W113)、1971年の350SL(R107)、1995年のSL600(R129)、2005年のSL 55 AMG(R230)、2015年のSL500 スペシャルエディション“ミッレ ミリア 417”(R231)。
高性能・高級オープントップモデルのアイコンともいえるメルセデス・ベンツのSLが、誕生から70年の節目を迎えた。原点ともいえる1952年の300 SL(W194)から最新のAMG SL(R232)まで、2文字のアルファベットを車名に冠したモデルが70年間途切れることなく作られ続けてきたのはどうしてなのか。歴代モデルの特徴とともにその魅力を振り返る。

原点は70年前に生まれたレーシングカー

メルセデス・ベンツSLのルーツ、1952年に誕生したレーシングカーの300SL(W194)。フロントビュー。ドア開
メルセデス・ベンツ SLのルーツ、1952年に誕生したレーシングカーの300 SL(W194)。

メルセデス・ベンツ SLといえば、高級オープンカーの代表選手として長きにわたって愛され続けてきたアイコンだ。エレガントで快適で、いかにも海岸沿いをゆったり流すのがお似合いなSLだが、意外にもその原点は硬派なレーシングカーに繋がっている。

1952年3月12日、メルセデス・ベンツはレーシングカー「300 SL(W194)」を発表した。このマシンは、シーズン中に参戦した5戦中、じつに4戦で優勝を獲得するという快挙を成し遂げた。初陣として出場した5月のミッレミリアでは2位と4位に甘んじたものの、同5月にスイス・ベルンのスポーツカーレースで1・2・3フィニッシュを記録。8月のニュルブルクリンクのスポーツカーGPでは1〜4位を独占して圧倒的な強さを披露している。6月のル・マン24時間レース、及び11月のカレラ・パナメリカーナというビッグレースでも1・2位を獲得している。

W194の快挙に続けとばかりに、1953年シーズンに向けてコードネームW194/11を与えられたプロトタイプが製作された。しかし、F1参戦に向けてリソースを注力するという理由から、同車が実戦に投入されることはついぞなかった。とはいえ、そこで蓄積された技術的知見はW196R、そしてW196Sの開発に活かされている。

初代SLの愛称は“ガルウイング”

メルセデス・ベンツSLの過去モデル。1957年の300SLクーペ(W198)。リヤビュー。ドア開
メルセデス・ベンツSL の過去モデル。1957年の300 SL クーペ(W198)。

煌びやかな戦績をあげたレーシングカーの市販化を望む声は瞬く間に高まり、メルセデス・ベンツは1954年に伝説のスポーツカー、300 SL クーペ(W198)を発表。“ガルウイング”の愛称で知られる同車は、たった1400台しか生産されなかったにも関わらず、永遠の名車として時を越えて高く評価されている。ちなみに現在、クラシックカー市場での価格は100万ユーロ(約1億円)を軽く超えるのが常である。

ガルウイングと同じタイミングで、メルセデス・ベンツは廉価版の190 SL(R121)も投入している。スーパースポーツたる300 SLに対し、190 SLは軽快でエレガントなオープントップスポーツカーとして開発された。その美しいスタイルに加えて、一般ユーザーでも扱いやすく、長距離旅行も快適に過ごすことができる商品力も評価されて、190 SLはヒット作となった。

エレガントなパゴダルーフが誕生

1963年9月のフランクフルトショーで発表されたメルセデス・ベンツ230SL(W113)
1963年9月のフランクフルトショーで発表されたメルセデス・ベンツ 230 SL(W113)。“パゴダルーフ”の愛称で知られる。W113は1963〜1971年まで生産された。

1957年には“ガルウイング”に代わり300 SL ロードスター(W198)が登場。“ガルウイング”は、米国でメルセデス・ベンツのインポーターを営んでいたマキシミリアン・E・ホフマンの説得により生まれたと言われているが、ロードスターへの変更にも彼の“声”が大きく影響したようである。メカニズム的には大部分をクーペと共有しているが、鋼管スペースフレームのサイド部の高さを削って乗降性を改善。一般的なフロントヒンジ式ドアを採用することが可能になった。

300 SL ロードスターと190 SLの後継として、1963年にデビューしたのが230 SL(W113)だ。非常にエレガントなスタイリングをまとって現れたW113だが、とりわけその個性を特徴づけたのはオプションのハードトップの形状である。上下方向いっぱいに広がるリヤウインドウを備えた脱着式のルーフで、細いピラーと凹型にくぼんだ天井部はどことなくアジアの寺院の屋根を思わせた。そこからPagoda=パゴダの愛称が生まれ、以降、W113を表すニックネームとして広く知られるようになった。

18年間連続生産された超ロングセラーモデルも

メルセデス・ベンツSLの過去モデル。1995年のSL600(R129)。リヤビュー
メルセデス・ベンツ SLの過去モデル。1995年のSL 600(R129)。ポップアップ式のロールオーバーバーシステムを採用していた。

1971年春にデビューしたR107シリーズには、SL史上初となる8気筒エンジンを搭載した350 SLと450 SLが設定された。これはメインマーケットである北米市場でのニーズを見据えたものであった。なお、1974年には6気筒モデルの280 SLも追加されている。当時のオープントップ2シーターモデルとしては遥かに競合を凌駕する衝突安全性能を誇っていたのも、いかにもメルセデスらしい特性だった。また、18年間にわたって生産されるという、記録的なロングセラー商品となった。

長寿モデルとなったR107のバトンを受け取ったのが、1989年のジュネーヴショーでお披露目されたR129シリーズ。ハードトップ装着時であってもわずか0.3秒で展開するという自動ポップアップ式ロールバーは、当時の自動車業界にひとつの革新をもたらした。商業的にも大ヒットを記録し、生産が追いつかないほどの人気となって数年の納車待ちを余儀なくされた顧客もいた。12気筒を搭載した600 SL(394hp)や7.3リッターV12(525hp)を積むAMG SL 73というキャッチーなモデルも登場した。

画期的なバリオルーフ機構を投入

メルセデス・ベンツSLの過去モデル。2005年のSL 55 AMG(R230)。ルーフ閉
メルセデス・ベンツ SLの過去モデル。2005年のSL 55 AMG(R230)。従来のソフトトップと脱着式ハードトップに代わり、電動で開閉できる金属製バリオルーフを採用した。

2001年に登場したR230は、金属製の折り畳み式バリオルーフを採用。1台でクーペにもオープンカーにもなる革新的な機構を取り入れた。AMGモデルの人気が飛躍的に高まったのもこの世代の特徴で、販売分のおよそ1/3をAMGエンジン搭載モデルが占めていた。最上位グレードには、670hpのAMGユニットを積んだSL 65 AMG ブラックシリーズが設定された。

SL生誕60周年を迎えた2012年のデトロイトショーでは、先代となるR231が登場する。広範な施策により軽量化を積極的に推進することで、スポーツカーらしく運動性能を強化。オプションとして設定した、ガラスの透過率を変更できるグラスルーフ「マジックスカイコントロール」も画期的だった。

最新SLは2+2レイアウト&ソフトトップを採用

最新のメルセデスAMG SL 63 4マティックプラス。フロントビュー
最新のメルセデスAMG SL 63 4マティックプラス。2+2レイアウトや4WDなど「SL史上初」の機構を積極的に採用した。

そして2021年10月28日。最新型のR232が満を持して発表された。スポーツカーやオープンカーにとって冬の時代ともいわれる昨今、次世代モデルの登場が危ぶまれる声も聞こえていたが、そんな心配を吹き飛ばしてくれるような完成度を見せつけた。

まず話題を呼んだのが、「プラスツー(+2)」と呼ぶ小さな後席を設けたこと。歴代SLの“ほとんど”は2シーターを貫き続けてきたSLだが(1989年のR129では、欧州仕様にのみ後席がオプション設定されていた)、新型ではすべてのモデルが2+2のレイアウトを採用した。ちなみにこの後席には、「身長1.5mまでの乗員に対応する空間」が与えられている。

最新のメルセデスAMG SL 55 4マティックプラス。トップビュー
最新のメルセデスAMG SL 55 4マティックプラス。ルーフはクラシカルな幌仕様に“先祖帰り”。ソフトトップの機構や素材を見直すことで、十分な静粛性と快適性を確保することが可能になった。

メタルトップを採用してきた従来のSLと異なり、新型モデルはあえてクラシカルなソフトトップを装着している。幌屋根の採用により伝統的なロードスターらしい趣が生まれているのはもちろん、上屋を軽く仕上げられるため重心高も下がり、ハンドリングにも好影響をもたらしているという。

さらに、SL史上で初めて4WDを採用。電制クラッチを備える4マティックプラスシステムにより、純粋な“FR”ドライブから安定感ある4WD走行まで自在に走行スタイルを変更可能とした。さらに、高性能ハイブリッド仕様も追って追加される予定となっている。

アファルターバッハの“戦うエンジニア集団”が開発を主導

最新のメルセデスAMG SL 63 4マティックプラス(写真左)のフロントビューとSL 55 4マティックプラス(同右)のリヤビュー
最新のメルセデスAMG SL 63 4マティックプラス(写真左)とSL 55 4マティックプラス(同右)。後輪操舵システム「リヤアクスルステアリング」を採用するのもSL初の試みだ。

他にも後輪操舵システムや白紙から開発したボディシェルなど、トピックを上げれば枚挙に暇が無い。事ほど左様に話題に事欠かない最新SLだが、最大のポイントは、“AMG専用モデル”となった点である。

メルセデス・ベンツが誇る高性能車専門の開発部隊、AMG。アファルターバッハを拠点にする彼らが最新のSLを手掛けるということは、実は「原点回帰」ともいえる。

“ガルウイング”の愛称で知られる300 SL(W198)のルーツ、W194はメルセデス・ベンツにとって第二次大戦後初のレーシングカーだ。国際レースへの復帰を目し、名設計者ルドルフ・ウーレンハウトによって生み出された。アルミニウム製のチューブラースペースフレームシャシーにむき出しのボディパネルを採用した超軽量(Super Light)マシンであった。

メルセデス・ベンツSLのルーツ、そして歴代モデル。正面ビュー
メルセデス・ベンツ SLのルーツ、そして歴代モデル。写真右から1952年に誕生したレーシングカーのメルセデス・ベンツ 300 SL(W194)、1953年シーズンのために作られた300 SL プロトタイプレーシングカー(W194/11)、1957年の300 SL クーペ(W198)、1961年の190 SL(W121)、1960年の300 SL ロードスター(W198)、1970年の280 SL“パゴダ”(W113)、1971年の350 SL(R107)、1995年のSL 600(R129)、2005年のSL 55 AMG(R230)、2015年のSL 500 スペシャルエディション“ミッレ ミリア 417”(R231)。

冒頭で述べたとおり、当時「世界で最も過酷なレース」と言われたカレラ・パナメリカーナにも参戦。5日かけて未舗装路も含めて大いに変化に富んだメキシコの道を3100km走破するという、人にもクルマにも厳しいレースへ、メルセデス・ベンツは300 SLのクーペとロードスターを各2台投入。結果、カール・クリング/ハンス・クレンク組が1位、ヘルマン・ラング/アーウィン・グルップ組が2位という伝説的勝利を記録した。

かつて戦うために生まれた300 SLのDNAは、戦うエンジニア集団の手により最新のSLへと確かに継承されているのである。

メルセデスAMG SL 65 4マティックプラスのフロントビュー

新型メルセデス・ベンツ SLの実力は如何に。AMG流最新オープンスポーツに渡辺慎太郎が最速試乗!

メルセデス・ベンツの伝統的オープントップモデル、SLが2021年10月28日にフルモデルチェ…

著者プロフィール

三代やよい 近影

三代やよい

東京生まれ。青山学院女子短期大学英米文学科卒業後、自動車メーカー広報部勤務。編集プロダクション…