ベントレー ベンテイガ、二通りのアプローチ。V8とW12のパフォーマンスを吟味する | 7枚目の写真(全11枚)

「ベントレー ベンテイガ、二通りのアプローチ。V8とW12のパフォーマンスを吟味する」の1枚目の画像 ベントレー ベンテイガ V8とベンテイガ スピードの走行シーン
「ベントレー ベンテイガ、二通りのアプローチ。V8とW12のパフォーマンスを吟味する」の2枚目の画像 V8とW12の外観上の違いはほとんどないが、W12のスピードはリヤスポイラーが大型となるほか、マフラー出口がオーバル形状となる。スピードは22インチのタイヤ&ホイールが標準装備となる。スピードにはオプションでカーボンセラミックブレーキを装着することもできる。
「ベントレー ベンテイガ、二通りのアプローチ。V8とW12のパフォーマンスを吟味する」の3枚目の画像 4.0リッターのV8ツインターボは最高出力550psで、わずか2000rpmから770Nmを発揮する。車重はスピードよりも50kg軽い2470kgということもあり、走りは軽快だ。
「ベントレー ベンテイガ、二通りのアプローチ。V8とW12のパフォーマンスを吟味する」の4枚目の画像 伝統のクラフトマンシップと先進のテクノロジーが融合したインテリア(V8)。シートのエンブレムやダイヤモンドキルトはすべて刺繍によるものだ。
「ベントレー ベンテイガ、二通りのアプローチ。V8とW12のパフォーマンスを吟味する」の5枚目の画像 伝統のクラフトマンシップと先進のテクノロジーが融合したインテリア(V8)。シートのエンブレムやダイヤモンドキルトはすべて刺繍によるものだ。
「ベントレー ベンテイガ、二通りのアプローチ。V8とW12のパフォーマンスを吟味する」の6枚目の画像 ベントレー ベンテイガ V8のホイール
「ベントレー ベンテイガ、二通りのアプローチ。V8とW12のパフォーマンスを吟味する」の7枚目の画像 ベントレー ベンテイガ スピードのホイール
「ベントレー ベンテイガ、二通りのアプローチ。V8とW12のパフォーマンスを吟味する」の8枚目の画像 スピードが搭載するW型12気筒はコンチネンタルGTなども搭載するお馴染みのユニット。1500rpmから900Nmのトルクを絞り出し、最高速度は306km/hに達する。
「ベントレー ベンテイガ、二通りのアプローチ。V8とW12のパフォーマンスを吟味する」の9枚目の画像 ダッシュパネルと専用デザインのシートには“speed”のロゴが入れられる。撮影車はカーボンパネルだがウッドなども選択可能だ。
「ベントレー ベンテイガ、二通りのアプローチ。V8とW12のパフォーマンスを吟味する」の10枚目の画像 ベントレー ベンテイガ スピードのシート
「ベントレー ベンテイガ、二通りのアプローチ。V8とW12のパフォーマンスを吟味する」の11枚目の画像 ベントレー ベンテイガ スピードのリヤスポイラー
  • 「ベントレー ベンテイガ、二通りのアプローチ。V8とW12のパフォーマンスを吟味する」の11枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「ベントレー ベンテイガ、二通りのアプローチ。V8とW12のパフォーマンスを吟味する」の11枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「ベントレー ベンテイガ、二通りのアプローチ。V8とW12のパフォーマンスを吟味する」の11枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「ベントレー ベンテイガ、二通りのアプローチ。V8とW12のパフォーマンスを吟味する」の11枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「ベントレー ベンテイガ、二通りのアプローチ。V8とW12のパフォーマンスを吟味する」の11枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「ベントレー ベンテイガ、二通りのアプローチ。V8とW12のパフォーマンスを吟味する」の11枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「ベントレー ベンテイガ、二通りのアプローチ。V8とW12のパフォーマンスを吟味する」の11枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「ベントレー ベンテイガ、二通りのアプローチ。V8とW12のパフォーマンスを吟味する」の11枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「ベントレー ベンテイガ、二通りのアプローチ。V8とW12のパフォーマンスを吟味する」の11枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「ベントレー ベンテイガ、二通りのアプローチ。V8とW12のパフォーマンスを吟味する」の11枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「ベントレー ベンテイガ、二通りのアプローチ。V8とW12のパフォーマンスを吟味する」の11枚目の画像ギャラリーへのリンク