ジャガー F-PACEのMY23仕様、装備を大幅に充実させて受注開始

ジャガー F-PACE、2023年モデルの受注スタート。550psのSVRを含む全10車種をラインナップ

日本市場において、2023年モデルの受注がスタートしたジャガー F-PACE。
日本市場において、2023年モデルの受注がスタートしたジャガー F-PACE。
ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、パフォーマンス SUV「F-PACE」の2023年モデルを導入。2022年4月13日から全国のジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ディーラーネットワークにおいて受注をスタートした。

JAGUAR F-PACE

3種類のパワーユニット・10車種を展開

最高出力550psを誇るハイパフォーマンス仕様の「SVR」を筆頭に、2.0直4ディーゼル、2.0直4ガソリンをラインアップする。
最高出力550psを誇るハイパフォーマンス仕様の「SVR」を筆頭に、2.0直4ディーゼル、2.0直4ガソリンをラインアップする。

日本への導入がスタートしたF-PACEの2023年モデルは、各種装備やオプションを見直し、ハイパフォーマンスモデルの「SVR」や、ダイナミックなエクステリアを際立たせる「R-DYNAMIC BLACK」を含めた全10車種での展開となる。

全てのグレードでクリーンな室内環境を提供する「空気清浄システムプラス」を標準化したほか、ホイールも新たに2デザイン(19インチ:スタイル5037、21インチ:スタイル5105)を追加。さらに、MERIDIANサウンドシステム(R-DYNAMIC SE)や、ヒーターマッサージ機能が付いた16ウェイ電動フロントシート(R- DYNAMIC HSE)も標準で装備する。

パワーユニットは、最新の2.0リッター直列4気筒INGENIUMディーゼルエンジン(MHEV:最高出力204ps・最大トルク430Nm)、2.0リッター直列4気筒INGENIUMガソリンエンジン(P250:最高出力250ps・最大トルク365Nm)、5.0リッターV型8気筒スーパーチャージド・ガソリンエンジン(P550:最高出力550ps・最大トルク700Nm)の3種類をラインナップする。

ジャガー Eペイスとボルボ XC40のフロントスタイル

次のパワーソースはディーゼルかハイブリッドか? ジャガーとボルボの回答

2021年モデルのジャガー Eペイスは最新アーキテクチャー「PTA」を採用している。同時にM…

【車両本体価格(税込】
2.0リッター直列4気筒INGENIUMディーゼル(MHEV)
F-PACE D200:770万円
F-PACE S D200:811万円
F-PACE R-DYNAMIC SE D200:866万円
F-PACE R-DYNAMIC BLACK D200:874万円

2.0リッター直列4気筒INGENIUMガソリン
F-PACE P250:759万円
F-PACE S P250:800万円
F-PACE R-DYNAMIC SE P250:856万円
F-PACE R-DYNAMIC HSE P250:924万円
F-PACE R-DYNAMIC BLACK P250:864万円

5.0リッターV型8気筒スーパーチャージド・ガソリン
F-PACE SVR:1430万円

【問い合わせ】
ジャガーコール
TEL 0120-050-689

【関連リンク】
・ジャガー 公式サイト
http://www.jaguar.co.jp

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部