【スクープ!】 メルセデス AMG SLにPHEVと直4電気ターボを追加?

【スクープ!】 最高出力800psオーバー!? メルセデス AMG SLのプラグインハイブリッド仕様をキャッチ

メルセデスAMG SLのラインナップに追加されるV8 PHEV仕様をスウェーデンで撮影
スウェーデンで寒冷地テストを行う、メルセデスAMG SL PHEV仕様。
2021年に7世代目へと進化したメルセデスAMG SLに、待望のプラグインハイブリッド(PHEV)モデルが追加される。今回、スウェーデンにおいて、ほぼカモフラージュのない状態で寒冷地テストを行うメルセデスAMG SL PHEV仕様が撮影された。

Mercedes-AMG SL PHEV

リヤバンパーに配置された充電ポート

メルセデス AMG SLのラインアップに追加されるV8 PHEV仕様を、スウェーデンで撮影。
エクステリアはすでにデビューしている仕様から大きく変わらないが、リヤバンパーには電動モデルを主張する充電ポートが配置されている。

2021年にデビューした新型メルセデスAMG SLは4.0リッターV型8気筒ターボを搭載し、最高出力476pの「AMG SL 55」と最高出力585psの「AMG SL 65」をラインナップ。そして現在、メルセデス・ベンツは2.0リッター直列4気筒エンジンに新開発の電動ターボチャージャーを組み合わせた仕様と、V8ガソリンにハイブリッドパワートレインを搭載したPHEVを開発中だ。

今回撮影されたスパイショットを見る限り、エクステリアに関してはライトバルブ、グリル形状、4本出しのエキゾーストパイプなども含め、すでにリリースされているV8モデルとPHEVモデルの間に大きな違いはなさそうだ。リヤバンパーに配置された充電ポートのみが、その目印となる。

「SL 63 Eパフォーマンス」の名称でデビューか

メルセデス AMG SLのラインアップに追加されるV8 PHEV仕様を、スウェーデンで撮影。
写真のPHEV仕様に加えて、2.0リッター直4+電動ターボ仕様も追加予定。PHEVは「SL 63 Eパフォーマンス」、直4仕様は「SL 43」としてデビューすると見られている。

このPHEV仕様のハイライトは、ボンネットフードの下にある。電動化されたパワートレインは、すでに発売済みの「メルセデスAMG GT 63 Eパフォーマンス」と同じく、4.0リッターV型8気筒をベースにしている。ベースとなる4.0リッターV8を搭載するSL 65では585psというビッグパワーを誇っており、このパワフルな内燃機関に電気モーターを組み合わせることで、最高出力は800ps(597kW)近くまで押し上げられることになりそうだ。

7世代目から、それまでのメルセデス・ベンツでなく、メルセデスAMGのラインナップに加わったSL。PHEV仕様を含めたすべてのモデルは、伝説の「300 SL レース仕様」をモチーフとした垂直ルーバーを持つフロントグリル「AMGパナメリカーナグリル」が採用される。また、V8仕様と同様にリヤセクションには迫力のクワッドエキゾーストが配置される。

PHEV仕様はおそらく「SL 63Eパフォーマンス」の名称が与えられ、ラインナップの最上位モデルとしてデビューする。一方、直4仕様の「SL 43」は、Cクラスに搭載されている2.0リッター直列4気筒M254ユニットに電動ターボチャージャーを装着することで、最高出力は385ps(283kW)にまで引き上げられると予想されている。

メルセデスAMG GT 63 S E PERFORMANCEのフロントビュー

AMG流ハイブリッドはここが凄い! 最新モデルGT 63 Sを海外試乗した渡辺慎太郎が「感嘆」した理由

メルセデスAMGは独自のハイブリッド機構「E PERFORMANCE」を、今後コアテクノロジ…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部