ダニエル・リカルド、25周年を迎えたマクラーレンのLTモデルを動画で紹介

マクラーレン・ロングテール25周年。F1ドライバーのダニエル・リカルドが LTシリーズの歴史を紐解く 【動画】

公開された『ロングテール・ストーリーズ:レレジェンド・オブ・ロングテール』では、ダニエル・リカルドが歴代ロングテールをたっぷりと堪能した。
公開された『ロングテール・ストーリーズ:レジェンド・オブ・ロングテール』では、ダニエル・リカルドが、歴代ロングテールをたっぷりと堪能した。
マクラーレン・オートモーティブは、「ロングテール(LT)」25周年の記念モデル「765LT スパイダー」最後の1台を、今後数ヵ月以内にオーナーの元へとデリバリーする。これを受けてマクラーレンF1のドライバー、ダニエル・リカルドが、ウォーキングのマクラーレン・テクノロジーセンターで歴代ロングテール・ラインナップを紹介する動画を公開した。

1997年ル・マンのGTクラスを制したロングテール

マクラーレン・オートモーティブ、「ロングテール」登場25周年モデルのデリバリー完了を受けて、スペシャル動画を公開。
1997年にデビューしたマクラーレン F1 GTR ロングテールは、空力を追求すべく前後のオーバーハングを延長。その特徴的なフォルムから「ロングテール」の名称が与えられた。

マクラーレン・オートモーティブの公式YouTubeチャンネルに公開された『ロングテール・ストーリーズ:レジェンド・オブ・ロングテール(Longtail Stories: The Legend of Longtail)』は、プロダクトマネージャーのイアン・ハウシャルの案内で、リカルドと共に歴代ロングテールの空力設計と軽量化の背後にある技術的革新性を紹介する。

オリジナルの「ロングテール」は、1995年のル・マン24時間レースで1、3、4、5位を独占したマクラーレン F1 GTRをベースに開発。マクラーレンはこの伝説の耐久レースにおいて、初挑戦・初制覇を達した唯一の自動車メーカーとなった。

そしてマクラーレン F1 GTR ロングテールは、1997年シーズンのFIA GT選手権でデビューした。前後のボディワークを延長することで空気抵抗を減らし、ダウンフォースが大幅に増加。独特のストレッチシルエットから「ロングテール」の名称が与えられた。マクラーレン F1 GTR ロングテールは、このシーズンのFIA GT選手権11戦中5戦で勝利。ル・マン24時間レースではGT1クラスで1-2フィニッシュを達成している。

F1 GTR ロングテールの歴史を引き継ぐ「LT」

マクラーレン・オートモーティブ、「ロングテール」登場25周年モデルのデリバリー完了を受けて、スペシャル動画を公開。
マクラーレン・オートモーティブは、F1 GTR ロングテールの意志を受け継いだ初のLTモデル「675LT」を2015年に投入。LTモデルは、すべてが即ソールドアウトする人気モデルとなっている。

マクラーレン・オートモーティブは、2015年に新世代のロングテール、そして「LT」を名乗るロードカー第1弾として675LTを発表。その後、675LT スパイダーが登場し、各モデル500台が瞬く間にソールドアウトした。

2018年には600LT クーペがデビュー、世界中の自動車アワードを総なめにする。続いて600LT スパイダーが追加された。2020年には公道仕様LTの中で最もパワフルな765LTが登場し、その1年後に765LT スパイダーが追加され、こちらも完売となっている。

『ロングテール・ストーリーズ:レジェンド・オブ・ロングテール』を動画でチェック!

インセプション・レーシングのマクラーレン 720S GT3が、2022年シーズンのアジアン・ル・マン・シリーズでタイトルを獲得した。

マクラーレン 720S GT3、ALMSのGTクラスを制覇! シーズン初勝利をダブルタイトルで飾る 【動画】

2022年シーズンのアジアン・ル・マン・シリーズ(Asian Le Mans Series)…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部