最新イタリアンスーパースポーツ「マセラティ MC20」に、早くもスパイダーモデルが登場

マセラティがMC20にオープン仕様を投入。空を意味する「チェロ」の登場は5月25日

マセラティ MC20 チェロのプロトタイプ車両。トップビュー
マセラティは、2022年5月25日に新型車のMC20 チェロをワールドプレミアする。同社渾身のスーパースポーツ、MC20のオープントップバージョンだ(写真はプロトタイプ車両)。
マセラティは、2022年5月25日に「MC20 チェロ(Cielo)」をワールドプレミアする。100%メイド・イン・イタリアのスーパースポーツとしてリリースした「MC20」のスパイダーバージョンとなる。

Maserati MC20 Cielo

イタリア語で「空」を意味するチェロ

マセラティ MC20 シエロのロゴ
マセラティ MC20のスパイダーモデルには「MC20 チェロ」という専用名が与えられる。cieloはイタリア語で空を意味する単語。

マセラティ渾身の最新スーパースポーツ、MC20に早くもスパイダーが登場する。「MC20 チェロ(Cielo)」という専用の車名が与えられた新型オープンスポーツのワールドプレミアは、2022年5月25日を予定している。

Cielo(イタリア語で「空」の意味)というストレートなネーミングを冠するMC20のスパイダーモデルが、間もなくその姿を明らかにする。マセラティ MC20 チェロはリトラクタブル ハードトップを採用すると見られており、スタイリングにこだわるマセラティならではの美しいオープントップの姿が期待される。自慢の自社製V6エンジンのサウンドをダイレクトに堪能できるオープンモデルの登場を待ち望んでいたファンも多い。

マセラティ史上初の跳ね上げ式ドアを採用したスーパースポーツ

マセラティ MC20 シエロのプロトタイプ車両。フロントビュー
ソフトトップではなく、リトラクタブルハードトップを採用すると見られているマセラティ MC20 チェロ。写真は街中をテスト走行するプロトタイプ車両。

2020年9月に登場した新型スーパースポーツ「MC20」は、100%内製のエンジンやモデナ工場でのアッセンブリーなど、オールイタリアンにこだわるマセラティ渾身の1台だ。トリノのマセラティチェントロスティーレ(デザインセンター)が手掛けたボディには、マセラティ史上初の跳ね上げ式バタフライドアを採用。同社のスーパースポーツカー界への“完全復帰”を全身で主張する。

ちなみに、“MC”は「Maserati Corse」の頭文字であり、Corse=コルセはレースフィールドとの強い繋がりを示唆するもの。“20”は彼らの新時代がやってきた2020年を意味している。

ダラーラが開発に協力した空力ボディ

マセラティ MC20 シエロのプロトタイプ車両。フロント
チェロの名称に因むのか、明るいスカイブルーの偽装を施したプロトタイプ。そのデビューは5月25日を予定している。

アッパーボディ部には美しい彫刻のような造形を与え、その下部には機能性を重視した造形を組み合わせた2層構造を採用。ボンネット上のエアインテークとリヤフェンダー上部にあるエアダクトは、角度によってほとんど見えなくなる絶妙な配置と形状になっている。

MC20の美は機能に裏付けられたもので、流れるようなボディラインは優れたエアロダイナミクス性能を備え、その成立にはダラーラによる開発協力が貢献している。ダラーラの風洞実験室で2000時間以上に及ぶ作業と、流体力学を用いた1000回以上ものシミュレーションを実施し、MC20のボディワークは完成した。

約20年ぶりの自社製エンジンを搭載

マセラティ MC20のBEV仕様に使われる次世代アーキテクチャー
マセラティは、追ってMC20にピュアEVバージョンも追加する。写真手前は、MC20のBEV仕様に使われる次世代アーキテクチャー。

搭載するのは「Nettuno(ネットゥーノ)」と名付けられた3.0リッターV6直噴ターボエンジン。最高出力630ps/7500rpm、最大トルク730Nm/3000〜5500rpm、レブリミット8000rpmの最新ユニットは、開発から組み上げまですべてを内製で実施する。つまり、20年以上ぶりの完全自社製パワーユニットとなる。ちなみにNettunoは海神ネプチューンを意味するイタリア語である。

トランスミッションは8速DCTを組み合わせ、後輪を駆動。0-100km/h加速は2.88秒、最高速度は326km/h超を実現する。

クーペから導入をスタートしたMC20だが、当初からコンバーチブルモデルの追加も明言していた。また、将来的にはEV化も視野に入れており、すでにフル電動仕様のアーキテクチャーも公開している。

MC20 シエロはクーペ同様、モデナにあるマセラティの「イノベーション ラボ」で開発され、マセラティ本社に隣接する工場(Viale Ciro Menotti=ヴィアーレ・チロ・メノッティ)で生産される100%メイド・イン・イタリーのモデルとなる。

マセラティ MC20の走行シーン

マセラティ MC20、国内初試乗! 色気漂う伊達男のパフォーマンスに酔いしれる

新生マセラティが放つスーパースポーツ、MC20がついに日本上陸を果たした。カーボンコンポジッ…

著者プロフィール

三代やよい 近影

三代やよい

東京生まれ。青山学院女子短期大学英米文学科卒業後、自動車メーカー広報部勤務。編集プロダクション…