世界に1台のアストンマーティン ブルドッグ、コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステで賞を獲得

幻のスーパーカー、アストンマーティン ブルドッグ復活! 6000時間をかけてレストアされ権威ある賞を獲得

イタリア・コモ湖で開催されたコンクールデレガンスにおいて、コッパ・ドーロ賞を獲得したアストンマーティン ブルドッグ。
イタリア・コモ湖で開催されたコンクールデレガンスにおいて、コッパ・ドーロ賞を獲得したアストンマーティン ブルドッグ。
クラシック・モーターカーズ(Classic Motor Cars)がレストアしたアストンマーティン ブルドッグが、5月20日~22日にイタリア・コモ湖畔で開催された「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ(Concorso d’Eleganza Villa d’Este)」においてコッパ・ドーロ賞を獲得した。

Aston Martin Bulldog

1979年にたった1台のみを製造

1979年にアストンマーティンが発表したブルドッグは、25台の製造を予定していたが、経営不振によりその計画は頓挫した。
1979年にアストンマーティンが発表したブルドッグは25台の製造を予定していたが、経営不振によりその計画は頓挫した。

ブルドッグはアストンマーティンが1979年に発表したミッドシップクーペ。当初、限定ながらも生産が計画されていたが、1台のみの製造で終わっている。英国シュロップシャー州ブリッジノースを拠点とするクラシック・モーターカーズは、のべ6000時間以上を費やしてこの貴重な1台をレストアした。

今回、美しく仕上げられたブルドッグは、コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステにおいて、2つの最高賞のうちのひとつ「コッパ・ドーロ賞(Coppa d’Oro)」を受賞。この賞は参加者による投票により、最も美しい1台が選出される。

1970年代に最先端だった未来的なウエッジシェイプデザインに5.3リッターV型8気筒ツインターボエンジンを搭載したブルドッグは、開発当時に最高速度192mph(約308km/h)を記録。しかしアストンマーティンが計画していた200mph(約320km)には届かなかった。

その後アストンマーティンは経営不振に陥り、1981年にたった1台しか存在しないブルドッグは中東のバイヤーに売却されてしまう。以来しばらくの間、このクルマは表舞台から姿を消すことになった。

叶わなかった200mphへのチャレンジも計画

ブルドッグを発見・購入し、クラシック・モーターカーズにレストアを依頼した自動車コレクターのフィリップ・サロフィム(右)。今後、開発当初達成できなかった200mphの速度記録挑戦も計画されている。
ブルドッグを発見・購入し、クラシック・モーターカーズにレストアを依頼したコレクターのフィリップ・サロフィム(右)。今後、開発当初達成できなかった200mphの速度記録挑戦も計画されている。

2年前、自動車コレクターのフィリップ・サロフィム(Philip Sarofim)によって行方不明だったブルドッグは再発見され、所有権も獲得した。サロフィムは当時のアストンマーティンで会長を務めていたビクター・ガントレットの息子、リチャード・ガントレットにレストアへの協力を依頼する。

ガントレットのサポートのもと、クラシック・モーターカーズにおいて2年にわたるレストアが完了。完成後、初の参加となったコンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステにおいて、コッパ・ドーロ賞を獲得したことを受けて、サロフィムは次のように喜びを語った。

「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステでの受賞は、私やチームにとって特別な瞬間になりました。このような名誉ある歴史的な賞を、レストア後初参加でありながら受賞できたのは、クラシック・モーターカーズの素晴らしい仕事、そしてかつてのアストンマーティンの野心と技術力があったからこそです」

次の目標はかつて叶えられなかった最高速度記録、200mphへの挑戦だと語り、2022年後半、近日中にある場所で最高速チャレンジを計画しているという。

デビュー30周年を迎えた、アストンマーティン ヴィラージュ 6.3の走行シーン

アストンマーティン ヴィラージュ 6.3、デビューから30周年。グループC由来のエンジンを搭載したスーパークーペを紐解く

アストンマーティンのヘリテージ部門、アストンマーティン・ワークス(Aston Martin …

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部