レースビジネスに集中する「ラディカル・モータースポーツ」の新たなる船出

公道走行可能なレーシングカーを作るラディカル、創業25周年を迎え社名を変更し新展開をスタート

ラディカル・スポーツカーズが社名を「ラディカル・モータースポーツ」に変更
ラディカル・スポーツカーズは創業25周年を機に社名を「ラディカル・モータースポーツ」に変更。これまで以上にモータースポーツビジネスを中心に活動を続けていくことになる。
2022年5月25日、ラディカル・スポーツカーズは創業25周年を記念し、ブランド名を「ラディカル・モータースポーツ(Radical Motorsport)」へと変更すると発表した。これに合わせて、新たなブランドロゴ、完全に刷新された様々な公式グッズも公開されている。

レース中心のモータースポーツビジネスに注力

新たな節目を受けて、社名をそれまでの「ラディカル・スポーツカーズ」から「ラディカル・モータースポーツ」に変更した。
新たな節目を受けて、社名をそれまでの「ラディカル・スポーツカーズ」から「ラディカル・モータースポーツ」に変更した。

今回導入された新社名「ラディカル・モータースポーツ」は、従来のロードカーとレーシングカーの融合を目指したビジネスから、レースを中心としたモータースポーツビジネスへの移行を意味するものだという。

現在ラディカル・モータースポーツは英国最大のレーシングカーメーカーへと成長し、21ヵ国33拠点の強力なディーラーネットワークを構築。世界12ヵ国でラディカル製レーシングカーを使用したワンメイク選手権を開催している。

社名変更を受けて新しいロゴマークを発表したほか、公式ソーシャルメディア、公式ウェブサイト、その他のコミュニケーション資料をすべて刷新。すべてのチャンネルにリダイレクト機能を導入し、カスタマーとのシームレスなコミュニケーションを実現した。

ショッピングサイトで新公式グッズの販売を開始

ラディカル・モータースポーツは、新たなブランドロゴを配した、新公式グッズを発表した。
今回の新社名発表に合わせて、写真のウエアやボトルなど、様々な公式グッズがリニューアルされた。下記の公式ショッピングサイトから購入することができる。

今回の社名変更に併せ、ラディカル・モータースポーツはブランド再構築と25周年を記念した新たな公式グッズを発表。25周年の記念ロゴ入りTシャツやマグカップ、ドリンクボトルなどをラインナップし、ラディカルでレースを戦うドライバーやスタッフだけでなく、ラディカル・ファンに向けて公式ショッピングサイトにおけるオンラインオーダーを開始している。

ラディカル・モータースポーツのグループ・セールス&マーケティング担当ディレクターのダン・レッドパスは、社名変更について次のように説明する。

「ラディカルのコミュニティは、25年前の創業以来、大きく成長しました。もはやレーシングカー販売だけの問題ではなくなっていると、私たちは考えています」

「ドライバー、メカニック、チーム、サポーターからなる充実のコミュニティを持ち、1年のうちほぼ毎週末、世界中でラディカルによるレースが行われています。私たちは会社とブランドを成長させるため、多くの施策を導入する計画です。今回の新社名発表とカスタマーグッズの発売は、この幅広い戦略の一環として行っています」

【関連リンク】
・ラディカル公式ショップサイト
https://shop.radicalmotorsport.com

頭部保護デバイス「ヘイロー」を初採用、ラディカル 「SR10」と「SR3 XX」の2022年モデルがデビュー

最速のトラックカー「ラディカル」から 、SR10とSR3 XXの2022年モデルがデビュー

「公道走行可能なフォーミュラカー」の生産で知られるラディカル・スポーツカーズ(Radical…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部