「ポルシェ 911 カレラ RS 2.7(1973)」 語り継がれるナナサン・カレラの伝説 《ポルシェ図鑑》 | 3枚目の写真(全5枚)

「「ポルシェ 911 カレラ RS 2.7(1973)」 語り継がれるナナサン・カレラの伝説 《ポルシェ図鑑》」の1枚目の画像 新車当時の911カレラRS 2.7。これも広報写真だが、 RSLのスチール製と違いGFRP製リヤバンパーを持つライトウェイト仕様のRS(M471)である。
「「ポルシェ 911 カレラ RS 2.7(1973)」 語り継がれるナナサン・カレラの伝説 《ポルシェ図鑑》」の2枚目の画像 ボディカラーは定番のグランプリ・ホワイトのほか数色を用意。ホワイトのみサイドのカレラ・ストライプを赤、青、黒、緑の中から選ぶことができた。
「「ポルシェ 911 カレラ RS 2.7(1973)」 語り継がれるナナサン・カレラの伝説 《ポルシェ図鑑》」の3枚目の画像 ポルシェ・ミュージアムに展示中の911 カレラ RSR 2.8。近年レストアが完成した個体で、1973年のタルガ・フローリオでレオ・キニューネン/クロード・ハルディ組がドライブし3位入賞を果たしたカラーリングとなっている。
「「ポルシェ 911 カレラ RS 2.7(1973)」 語り継がれるナナサン・カレラの伝説 《ポルシェ図鑑》」の4枚目の画像 ル・マン24時間で総合4位に入ったガイス・ファン・レネップ/ヘルベルト・ミューラー組のRSR。リヤフェンダーいっぱいまで広げたリヤスポイラーはスパ1000kmから投入された。
「「ポルシェ 911 カレラ RS 2.7(1973)」 語り継がれるナナサン・カレラの伝説 《ポルシェ図鑑》」の5枚目の画像 1973年に登場し、一躍世界中のエンスージアストを虜にした名車、ポルシェ 911 カレラ RS 2.7。日本では「ナナサン・カレラ」と呼ばれ、911シリーズ屈指の人気を誇る。
  • 「「ポルシェ 911 カレラ RS 2.7(1973)」 語り継がれるナナサン・カレラの伝説 《ポルシェ図鑑》」の5枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「「ポルシェ 911 カレラ RS 2.7(1973)」 語り継がれるナナサン・カレラの伝説 《ポルシェ図鑑》」の5枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「「ポルシェ 911 カレラ RS 2.7(1973)」 語り継がれるナナサン・カレラの伝説 《ポルシェ図鑑》」の5枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「「ポルシェ 911 カレラ RS 2.7(1973)」 語り継がれるナナサン・カレラの伝説 《ポルシェ図鑑》」の5枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「「ポルシェ 911 カレラ RS 2.7(1973)」 語り継がれるナナサン・カレラの伝説 《ポルシェ図鑑》」の5枚目の画像ギャラリーへのリンク