ポルシェ 911 GT3にサーキット専用の「マンタイ・パフォーマンスキット」を追加

ノルトシュライフェでのタイムを4秒短縮! ポルシェ 911 GT3に「マンタイ・パフォーマンスキット」が登場 【動画】

サーキット走行に特化した「マンタイ・パフォーマンスキット」を装着したポルシェ 911 GT3。
サーキット走行に特化した「マンタイ・パフォーマンスキット」を装着したポルシェ 911 GT3。ニュルのラップタイム記録を更新した。
純正アクセサリーを展開する「ポルシェ テクイップメント(Porsche Tequipment)」は、現行ポルシェ 911 GT3のサーキット走行性能をさらに向上させる「マンタイ・パフォーマンスキット(Manthey Performance Kit)」を発表した。

911 GT3 with Manthey Performance Kit

ポルシェとマンタイ・レーシングが共同開発

ニュルブルクリンクでのラップタイムを大幅に短縮した、ポルシェ 911 GT3用「マンタイ・パフォーマンスキット」。
ニュルブルクリンクのスペシャリストであるマンタイ・レーシングとの共同開発により、ノルトシュライフェでのラップタイムを4秒以上も短縮するキットが完成した。

マンタイ・パフォーマンスキットは、エアロダイナミクスとシャシーコンポーネントの改良が中心となり、ヴァイザッハのエンジニアと、マンタイ・レーシングのニュルブルクリンク・スペシャリストが密接に協力して開発された。サーキット走行に最適化されたポルシェ テクイップメントの911 GT3専用キットは、ポルシェ センターにおいて販売される。

マンタイ・パフォーマンスキットを装着することで、911 GT3は、ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェにおけるサーキットアタックにおいて、6分55秒737を記録。これはキットを装着していない911 GT3より4.19秒も速いタイムとなる。

前後のダウンフォースレベルを大幅に向上

ニュルブルクリンクでのラップタイムを大幅に短縮した、ポルシェ 911 GT3用「マンタイ・パフォーマンスキット」。
フロントのスポイラーリップ、リヤウイング、リヤディフューザーを大型化したことで、前後アクスルのダウンフォースレベルが大幅に向上した。

エクステリアにおけるトピックとなるのが、空力パッケージの変更だろう。大型化されたスポイラーリップとサイドフラップをフロントセクションに装着。さらにアンダーボディのエアガイドエレメントを改良したことで、フロントアクスルのダウンフォースレベルを大幅に増加させた。

スワンネック型リヤウイングはワイド化され、ガーニーフラップを採用。“Manthey”のロゴが入れらた翼端版も大型化され、ウイングの迎角もより大きく変更された。リヤディフューザーに配置された6枚のフィンは後方に延長され、CFRP製に変更。リヤホイールに装着されたエアロディスクもCFRP製となり、空力効率をさらに高めている。

さらに、ドアプロジェクターと“Manthey”ロゴ入りのイルミネーションドアシルガードにより、911 GT3をレーシーに演出する。

工具なしで4段階の調整が可能な足まわり

ニュルブルクリンクでのラップタイムを大幅に短縮した、ポルシェ 911 GT3用「マンタイ・パフォーマンスキット」。
足まわりは、ポルシェとマンタイが共同開発した専用の4ウェイ・コイルオーバーサスペンションを装着。工具を使うことなく、4段階の調整を行うことができる。

足まわりには、ポルシェとマンタイがサーキット走行に特化した911 GT3専用の4ウェイ・コイルオーバーサスペンションを共同開発。サスペンションストラットは工具を使うことなく4段階の調整が可能となっている。スプリングレートの変更により、サーキットの限界域におけるハンドリング性能の大幅アップを実現。また、日常的な使い勝手は一切妥協していないと、ポルシェは胸を張る。

また、20インチと21インチの軽量鍛造ホイールセットをオプションで用意。この軽量ホイールを装着することで、バネ下重量を合計7.3kgも削減できる。カラーはブリリアントシルバー、ダークシルバー、ネオダム、サテングロス・ブラックの4色から選択可能となっている。

キットにはスチールブレードのブレーキラインを標準装備。ブレーキパッドは正確な圧力ポイントが保証されており、ブレーキング時の最適なモジュレーションを提供する。また、マンタイ・パフォーマンスキットを装着した911 GT3専用オプションとして、レーシングブレーキパッドも用意された。

エストレがノルトシュライフェで6分55秒737を記録

ニュルブルクリンクでのラップタイムを大幅に短縮した、ポルシェ 911 GT3用「マンタイ・パフォーマンスキット」。
ポルシェとマンタイ・レーシングは、ワークスドライバーのケビン・エストレを招聘し、ノルトシュライフェでのアタックを企画。ノーマル仕様を4秒も上回る、6分55秒737を叩き出した。

今回、ポルシェのワークスドライバーのケビン・エストレが、マンタイ・パフォーマンスキットを装着した911 GT3のステアリングを握り、ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェにおけるサーキットアタックを敢行。1年前に標準モデルの911 GT3が記録したタイムを4秒19も縮め、6分55秒737で20.8kmのコースを駆け抜けた。

どちらの911 GT3もオプションのミシュラン・パイロットスポーツカップ2 Rタイヤを装着。このラップタイムは、現地で立ち会った公証人により正式認定された。

ポルシェ テクイップメントの911 GT3用「マンタイ・パフォーマンスキット」は、欧州のポルシェセンターにおいてオーダーをスタート。デリバリーは2022年秋から開始される。また、日本を含めたその他の市場においても、順次リリースされる予定だ。

ポルシェ 911 GT3 マンタイ・パフォーマンスキットを動画でチェック!

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部