開発中のBMW M2、2022年10月にワールドプレミア

やっぱりストレート6だ! M3/M4と同じ3.0リッター直6ツインターボを搭載する新型BMW M2がサーキットで最終テスト

オーストリアのザルツブルクリンクで、精力的なテストを行う新型「BMW M2」
カラフルなカモフラージュが施され、テストの様子が公開された新型「BMW M2」。
BMWは現在開発を続ける「M2」のダイナミックなドライビングテストを公開した。BMW M社(BMW Gmbh)を象徴するブルーとレッドのカモフラージュが施されたM2は、最もコンパクトな「Mモデル」として2022年10月のワールドプレミアを予定している。

BMW M2

ザルツブルクリンクで最終開発テストを敢行

オーストリアのザルツブルグリンクで、精力的なテストを行う新型「BMW M2」。
今回、カモフラージュが施された状態で公開された新型「M2」。1周4.24kmのザルツブルクリンクで、集中的なドライビングダイナミクステストを行った。

2022年10月に予定されているワールドプレミアが数ヵ月後に迫り、M2の開発は佳境を迎えた。BMWが蓄積してきたレーシングテクノロジーを公道走行性能に落としこみ、サーキットにおけるパフォーマンスを最適化すべく、オーストリアのザルツブルグリンクにおいて、新型M2の集中的なテストを行った。

今回のテストではドライビングダイナミクスとシャシー開発に重点が置かれ、この時点でもすでに卓越した走行性能を披露。新型M2には、BMW M社が手がけたスペシャルエディション「M2 CS」と同レベルの性能が与えられた。あらゆるコンディションにおいて、限界まで攻めた時に得られるピュアなドライブフィールを体感することができると、BMWは自信を覗かせている。

3.0リッター直6ツインターボに2種類のトランスミッション

開発が続く新型「BMW M2」のコクピット。
入念に偽装が施されたコクピット。ギヤボックスは6速マニュアルと8速Mステップトロニックから選ぶことができる。軽量ボディに搭載されるのはM3/M4と同じ、最高出力510psを発揮する3.0リッター直6ツインターボ。

M2に搭載されるパワーユニットは、先行デビューした「M3/M4」で実績のある3.0リッター直列6気筒ツインターボ。最高出力510ps、最大トルク650Nmを発揮し、6速MTと8速ATという、2種類のトランスミッションを介して後輪を駆動する。また、M3/M4から採用された強力なブレーキシステムも導入される。

エクステリアに入念なカモフラージュが施されたテスト車両からも、そのグラマラスなアピアランスが確認できる。オプションとして、軽量化に加えて低重心化にも貢献するカーボンファイバー製ルーフが新たに登場。コクピットには、抜群のホールド性に加えてレーシーな雰囲気を盛り上げる「Mカーボンバケットシート」がオプションとして用意された。

新型M2のワールドプレミアは2022年10月に行われ、ヨーロッパにおいては2023年からの販売・デリバリーを予定している。

BMW & MINI RacingシリーズRound2の第3戦スタートシーン。3カテゴリーが立て続けに1コーナーに飛び込む様は圧巻。

レーシングカーにとって重要なのはベース車の素性? M2 CSとMINIで楽しむ本格レースの中身

今年から始まったBMW M2とMINIによる混走ワンメイクレース「BMW & MINI Ra…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部