カリフォルニアの砂漠で鍛えられた「ヘネシー ヴェロキラプター 600」

究極のハイパフォーマンストラック、ヘネシー・パフォーマンス ヴェロキラプター 600が灼熱の砂漠でテストを敢行。900Nmで砂丘の斜面をドリフト 【動画】

ヘネシー ヴェロキラプター 600の走行シーン
フォード F150 ラプターをベースに開発されたモンスタートラック「ヘネシー ヴェローチェラプター 600」の走行シーン。
アメリカ・テキサス州を拠点とするヘネシー・パフォーマンス・エンジニアリング(Hennessey Performance Engineering)は、フォード F150 ラプターをベースに開発されたモンスタートラック「ヘネシー ヴェロキラプター 600」の開発を続けている。今回、摂氏40度を超えるカリフォルニアの砂漠地帯における酷暑テストの模様が公開された。

Hennessey VelociRaptor 600

究極の性能と完璧な信頼性を両立するため

ヘネシー ヴェロキラプター 600の走行シーン
年間500台の市販ベース・ハイパフォーマンスカーを製造するヘネシー・パフォーマンスは、性能と信頼性を高レベルで両立すべく、過酷な「Fire&Ice」耐久テストプログラムを導入している。

ヘネシー・パフォーマンス・エンジニアリングは、ヴェロキラプター 600の開発に際して、新たに「Fire&Ice」耐久テストプログラムを導入。このプログラムは市販車ベースのハイパフォーマンス仕様を極寒と高温の過酷な条件下で走行させるもので、複数のロケーションでテストが行われている。

今回公開された動画では、南カリフォルニアの乾燥した砂漠地帯において、波打つように迫る砂丘と摂氏40度を超える気温の中、ヴェロキラプター 600が走行を繰り返した。

ヘネシーの開発チームは、ヴェロキラプター 600のパワートレインとサスペンションに負荷を掛けるべく、最大トルク672 lb-ft(911Nm)を発揮し、高さ300フィート(約90m)もの急勾配の砂丘を駆け上がり、高速走行を敢行。ヘネシー・パフォーマンスの創業者兼CEO、ジョン・ヘネシーは、今回のテストについて次のように説明した。

「ヘネシー・パフォーマンスは、メーカーと変わらない品質、信頼性、サービス、そして究極のパフォーマンスを期待するカスタマーのために、年間約500台のハイパフォーマンスカーを製造しています。私たちの過酷な『Fire&Ice プログラム』は、テキサス本社における何百時間もの研究・開発の現実的な集大成なのです。私たちが掲げる目標は、究極の性能と完全な安心感を両立させることにあります」

摂氏マイナス12度の寒冷地テストから酷暑環境下へ

フォード F150 ラプターをベースに開発されたモンスタートラック「ヘネシー ヴェローチェラプター 600」。
摂氏40度を超えるグラミス砂丘へと向かう前に、ヴェロキラプター 600は氷点下のコロラドで寒冷地テストを実施。どのような環境下でもパフォーマンスを発揮することが確認されている。

ヘネシーの徹底的なテストは、エンジン、サスペンション、タイヤ、エキゾーストに至るまで、各車両のアップグレード範囲の性能を評価するもの。これらの検証プログラムを、カスタマーの使用領域を超える極限の環境下において実施することで、日々のドライブでも問題が発生しないことを保証する。

今回の酷暑におけるテストは、カリフォルニア州最大の砂漠環境である「グラミス砂丘(Glamis Sand Dunes)」で行われた。この砂丘はカリフォルニア州南東部の40マイル以上にわたって、平均5マイル幅の帯状に広がっている。

砂漠に持ち込まれたのはヴェロキラプター 600と比較対象車のマンモス 1000 TRX。この2台はコロラド州の凍てつく山中で寒冷地テストを行った後、この酷暑条件下のテストプログラムに参加した。コロラドでは気温が摂氏マイナス12度を下回る中、トラックはグリップの限界を探り、アップグレードしたエンジン、吸気システム、エキゾーストの性能が評価された。

ヘネシー ヴェロキラプター 600の砂漠テストを動画でチェック!

ヘネシー ヴェローシラプター 400 ブロンコのエクステリア。

ヘネシー・パフォーマンスがブロンコをチューン! 最高出力411bhpのヴェローシラプター 400 ブロンコ生産開始 【動画】

アメリカ・テキサス州を拠点とするヘネシー・パフォーマンス・エンジニアリング(Hennesse…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部