1975年のツール・ド・コルスで2位に入ったアルピーヌ A110を現代に再現

1975年のWRCコルシカをオマージュ、ワークスカラーを纏った「アルピーヌ A110 ツール・ド・コルス 75」がデビュー 【動画】

1975年コルシカのルノー・ワークスのカラーリングを再現した、アルピーヌ A110 ツール・ド・コルス 75。
1975年コルシカのルノー・ワークスのカラーリングを再現した、アルピーヌ A110 ツール・ド・コルス 75。
アルピーヌは、1975年のWRC(世界ラリー選手権)ツール・ド・コルスで2位に入った、7号車のカラーリングを再現したスペシャルモデル「A110 ツール・ド・コルス 75」を発表した。全世界で150台が限定販売され、英国には5台が上陸し、価格は6万6855ポンドから 。日本市場への導入台数と時期は明らかになっていない。

Alpine A110 Tour de Corse 75 

ニコラが2位に入った1975年のツール・ド・コルス

1975年のツール・ド・コルスで、ジャン-ピーエル・ニコラにより2位に入ったアルピーヌ A110。
1975年のツール・ド・コルス、ジャン-ピエール・ニコラのドライブにおいて、ダルニッシュのランチア ストラトスと最終SSまで優勝を争ったアルピーヌA110。サバイバル戦となったこの年、アルピーヌはトップ10のうち7台を占めている。

「A110 ツール・ド・コルス 75」は、1975年のツール・ド・コルスにジャン-ピエール・ニコラ(Jean-Pierre Nicolas)のドライブで参戦したアルピーヌ A110からインスパイアを受けたスペシャルモデル。イエローとブラックのアイコニックなカラーリングに加えて、様々な特別装備が追加されている。

1975年シーズンのWRCツール・ド・コルスでは、後にプジョーのスポーティングディレクターを務めたジャン-ピエール・ニコラのドライブで、優勝したベルナール・ダルニッシュのランチア ストラトスに続く、2位表彰台を獲得。この年のコルシカでは、トップ10のうち7台をアルピーヌ A110が占めている。

1975年のツール・ド・コルスには77台がエントリーしたが完走はわずか22台。コルシカ島を舞台に1万のコーナーを走破する、このラリーの難易度を物語っていると言えるだろう。

当時を再現したイエロー&ブラックのカラーリング

150台のみが限定販売される「アルピーヌ A110 ツール・ド・コルス 75」。
1975年当時のアルピーヌ・ルノーワークスのカラーリング、イエロー&ブラックを採用。リヤセクションにはテールランプを含めたカーナンバー「7」のモチーフが入れられた。

エクステリアの特徴は、イエローのボディワークと、ディープブラックのボンネット&ルーフのコントラスト。当時のアルピーヌ・ルノーワークスと同様、イエロー&ブラックに鮮やかなホワイトのアクセントがボディサイドに加えられた。

左側のフロントフェンダーには“TOUR DE CORSE 75”の専用ロゴが入れられ、リヤセクションにはテールライトを含めた“7”のモチーフが採用された。足元にはグロスホワイトの18インチ・グランプリホイールとオレンジにペイントされたブレンボ製ブレーキキャリパーが組み合わせられ、限定モデルの雰囲気を盛り上げる。

サベルト製シートに“TOUR DE CORSE 75”のサイン

150台のみが限定販売される「アルピーヌ A110 ツール・ド・コルス 75」のコクピット。
レーシーなブラックで纏められたコクピットには、サベルト製バケットシートを採用。専用デザインの“TOUR DE CORSE 75”が刺繍で入れられた。

コクピットは、サベルト製バケットシートに“TOUR DE CORSE 75”の刺繍が入り、6点式ハーネスもオプションで用意。AndroidAutoとApple Carplayに対応した新たなアルピーヌ・マルチメディア・システムも標準搭載する。

「A110 ツール・ド・コルス 75」は、1~150のシリアルナンバープレート付きで、わずか150台のみを製造。英国には5台の正規導入が決まっており、6月17日から予約をスタート。希望者が多い場合は、抽選になる可能性もあるという。

アルピーヌ A110 ツール・ド・コルス 75を動画でチェック!

新型アルピーヌ A110 Sのフロントスタイル

アルピーヌ A110がモデル体系を変更、ハイパワー仕様は最高出力300psにパワーアップ 【東京オートサロン2022】

アルピーヌ・ジャポンは、アルミ製ボディや重量を低減したパーツの採用による徹底した…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部