ID. ファミリー6番目のモデル「ID.AERO」は、航続距離620kmの4ドアBEV

電動化に突き進むフォルクスワーゲン、初の電動4ドアサルーン「ID. AERO」を2023年に中国と欧州で生産開始 【動画】

フォルクスワーゲン ID. AEROのフロントスタイル
世界に先駆けて販売される中国において、ワールドプレミアされた「ID. AERO」。
フォルクスワーゲンは、電動フラッグシップサルーン「ID. AERO」を世界初公開した。エアロダイナミクスを最適化し、流麗なサルーンスタイルを纏った4ドアセダンは、フォルクスワーゲンが展開するEVシリーズ「ID. ファミリー」6番目のモデルとして、2023年から世界市場に投入される。

Volkswagen ID. AERO

2023年から中国と欧州で製造・販売を開始

エアロダイナミクスを徹底的に追求した、フォルクスワーゲン ID. AEROのエクステリア。
ID. ファミリー6番目のモデルとして、コンセプトモデルが公開された「ID. AERO」。ほぼ、市販仕様に近い状態で公開されており、2023年から全世界での販売がスタートする。

フォルクスワーゲンは、ブランド初となる世界市場向けフル電動4ドアセダン「ID. AERO」のコンセプト仕様を中国において世界初披露した。プレミアムミッドサイズセダン・セグメントに向けて開発されており、余裕のある室内空間と流麗なサルーンボディがその特徴となる。中国向けの市販仕様は2023年後半にも発売される予定。また、ヨーロッパ市場向けは2023年からドイツ・エムデン工場で生産がスタートする。

フォルクスワーゲンのパッセンジャーカー担当最高経営責任者(CEO)のラルフ・ブランドシュテッターは、ID. AEROについて次のように説明した。

「ID.AEROのコンセプトモデルによって、私たちはID.ファミリーの新たなメンバーを予告することになりました。エモーショナルかつ空力を意識したデザイン、600kmを超える航続距離、並外れた室内の広さ、そして高級感のあるインテリアを備えた1台となります。現在、私たちはモデルレンジの電動化を強力に推進しています。ID.4に続き、このモデルは欧州、中国、米国向けのグローバルカーとして投入される予定です」

Cd値0.23により航続距離620kmを実現

エアロダイナミクスを徹底的に追求した、フォルクスワーゲン ID. AEROのエクステリア。
空力性能を追求したID. AEROは、クーペのように傾斜したルーフなどにより、Cd値0.23を達成。最大航続距離は620kmにまで達している。

今回公開されたID. AEROのコンセプトモデルは、全長5mという伸びやかなシルエットに空力を意識したデザインが採用された。ルーフはクーペのようにリヤへと向かってエレガントに傾斜、これによりCd値0.23という非常に優れた空気抵抗係数を実現してる。

フォルクスワーゲンが誇るモジュラー式BEV専用プラットフォーム「MEB」は、ショートオーバーハング、ロングホイールベース、非常に広い車内空間を確保。これにID. AEROは純エネルギー量77kWhの強力なリチウムイオンバッテリーを搭載し、効率的な駆動システムと優れた空力特性によって最大航続距離620km(WLTP)を達成している。

現在、フォルクスワーゲンは電動化を推進する「アクセラレート(ACCELERATE)戦略」を掲げており、中国市場においてID.AEROの量産モデルは、ID.303、ID.403、ID.603に続く4番目のBEVとなる。また、ID.AEROは中国を皮切りに、ヨーロッパ、北米においてID.ファミリーのフラッグシップモデルとして販売される予定だ。

ID.ファミリーを主張するエクステリア

エアロダイナミクスを徹底的に追求した、フォルクスワーゲン ID. AEROのエクステリア。
エクステリアには、フォルクスワーゲンのBEVであることを主張するID.ファミリー共通のデザイン要素を採用。同時に、プレミアムセダンらしい高級感も採り入れられている。

フォルクスワーゲンは、ID.ファミリー共通のデザイン要素をプレミアムミッドサイズ・セグメント向けサルーンに初めて取り入れた。エアロダイナミクスを追求したフロントセクションとルーフは、ボディ上部のエアフローを最適化。ボディ表面上を流れる空気は、わずかにエッジが設けられたリヤセクションに向けてスムーズに収束するようデザインされている。

スポーティなツートーンカラーの22インチホイールはタービン形状をイメージしており、ホイールハウジングと同一平面上に一体化。クラシカルなドアハンドルは照明付きのタッチサーフェイスが採用されており、空気抵抗をさらに低減している。

フロントバンパーには、ID.ファミリーの特徴でもあるハニカム形状を採用。繊細なライトストリップがフロントを水平に横切り、フォルクスワーゲンエンブレムの左右にLEDマトリックスヘッドライト「IQ.LIGHT」を配置した。この美しいライトストリップは、いくつかの中断を挟みながら視覚的にリヤエンドまで続いている。

リヤセクションには、印象的なダークライトストリップとハニカム形状のLEDテールライトクラスターが採用され、高級感を演出。今回公開されたコンセプトモデルは、ポーラーライト・ブルーメタリックのボディカラーをチョイスしており、ルーフには美しいコントラストを生み出すグロスブラックが組み合わせられた。

フォルクスワーゲン ID. AEROを動画でチェック!

フォルクスワーゲン ID.Buzzと旧型ワーゲンバス。フロントビュー

まさに走るオフィス! 新生ワーゲンバス、ID.Buzzはリモートワークに最適。オフィスワーカーに逃げ場はない?

フォルクスワーゲン ID.Buzzは、“電気自動車時代のワーゲンバス”。広大なキャビンには4…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部