電動ジャガー XK120に、海洋廃棄物から作られたインテリアを採用

1952年製「ジャガー XK120」を電動車に! ルナズがアップサイクル再生素材を積極的に導入したBEV版XK120を公開

ルナズが製作した「ジャガー XK120」電動バージョンの走行シーン
ロンドンで開催された「コンクール・オン・サヴィル・ロウ」においてオーナーに引き渡された「ジャガー XK120」電動バージョン。
電動クラシックカーを製造するルナズ(LUNAZ)が、1952年製ジャガー XK120の電動バージョンを公開した。この美しい電動ヒストリックモデルは、あるカスタマーからの依頼に応じて、アップサイクル素材が積極的に導入されている。

Electrified Jaguar XK120 By LUNAZ

電動化に加えてアップサイクル素材も導入

ルナズが製作した「ジャガー XK120」電動バージョンのエクステリア。
今回、特別なカスタマーから依頼され、ルナズは1952年製ジャガー XK120を電動化。併せて、インテリアにアップサイクル素材を積極的に導入した。

英国シルバーストンに本拠地を置くルナズは、様々なクラシックカーのレストアと電動化ビジネスを展開。クラシックカー用に独自の電動パワートレインを設計・開発・製造しており、世界中に多くのカスタマーを抱えている。

今回ルナズは、1952年製ジャガー XK120の電動バージョンを製作。6月15~16日にロンドンで開催された「コンクール・オン・サヴィル・ロウ」でカスタマーへと引き渡している。ルナズの創業者でありCEOを務めるデイビッド・ロレンツは、ジャガー XK120の電動バージョンについて次のようにコメントした。

「世界で最も貴重かつ有名なヒストリックカーに新たな命を与えることは、ルナズとお客様との親密な協力関係から生まれました。まさに“愛の労働”と呼ぶに相応しい作業でした」

「この美しいジャガー XK120の電動化により、新たな素材をベースにしたひとつのプロジェクトが完了しました。今回はアップサイクル(創造的再利用)を導入したことで、これらのクルマを楽しむことによる地球環境への影響を大幅に軽減する素材を使うことができました」

レザーの代わりに海洋汚染防止用素材を再利用

ルナズが製作した「ジャガー XK120」電動バージョンのインテリア。
今回、レストアと電動化に併せて、ペットボトルや漁業用の網から再利用された素材をシートやカーペットなどに導入した。

ジャガー XK120の電動バージョンは、この種のプロジェクトとしては非常に珍しい試みが導入されている。それは、アップサイクル(創造的再利用)素材の採用だった。

インテリアにはリアルレザーを使わず、海洋汚染防止用素材から再利用。カーペットはナイロン製漁業用網を再生して織られたものが採用され、カーペットの裏地にはペットボトルなどの海洋プラスチック汚染物質から再生されたものが使われている。

海洋廃棄物を再生する試みは、すでにファッション、高級家具、高級時計の世界でも成功を収めている。サステナブル(持続可能)な素材に対する世界的な需要は、海洋環境の改善に大きな影響をもたらしているという。ルナズは、アップサイクル素材の採用により、カーペット原材料1トンにつき原油7バレルを節約することが可能になった。つまり、7トン近くの二酸化炭素排出を削減したことになる。

ウッド素材はできる限りオリジナルから再生

ルナズが製作した「ジャガー XK120」電動バージョンのインテリア。
インテリアの美しいバーウォールナットパネルは、ベースモデルのパーツにサテンラッカーを吹き付けることで美しく蘇らせたものだ。

ルナズのデザインディレクター、ジェン・ホロウェイを中心としたデザインチームは、特別なインテリアを作り出すため、これまでもカスタマーとの密接なコミュニケーションを取ってきた。今回のジャガー XK120にアップサイクル素材を導入するにあたり、視覚的な面や快適性にどのような違いがあるのか理解すべく、カスタマーは何度かルナズのシルバーストン・ファクトリーを訪れることになった。

綿密なディスカッションを重ね、特注のオブシディアンブルーのエクステリアカラーを惹きたてるべく、あえてレザーを一切使わないインテリアとすることを決定。この結果、テキスタイル、伝統的なウッド素材、アップサイクル素材を組み合わせた、美しいインテリアが完成した。

インストゥルメントパネルは、バーウォールナット材にサテンラッカーを施し、現代的な美しさを表現。可能な限り70年前の車両から材料を復元し、新しいパーツの製作を最小限に抑えている。

また、ルナズのエンジニアチームは、最新のインフォテインメントシステムとオーディオをさりげなく車両に組み込んだ。あえて目立たないように配置されたスクリーンには、Apple CarPlayがインストールされており、ドライブ中にナビゲーションシステムや音楽ストリーミングアプリを楽しめる。

デイビッド・ベッカムの息子ブルックリンの結婚祝いとして、ルナズがプレゼントした電動仕様のジャガー XK140。

ルナズ、デイビッド・ベッカムの息子に電動「ジャガー XK140」をプレゼント

電動クラシックカーを製造するルナズ(LUNAZ)社は、同社に出資するデイビッド・ベッカムのた…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部