跳ね馬が鈴鹿に集結! フェラーリ・レーシング・デイズ4年振りに開催

その数なんと500台超! 鈴鹿に跳ね馬が集う夢のイベント「フェラーリ・レーシング・デイズ」が4年ぶりに開催される

4年振りのフェラーリ・レーシング・デイズに、全国から500台以上のフェラーリと1000人以上のオーナーが集結した。
4年振りのフェラーリ・レーシング・デイズに、全国から500台以上のフェラーリと1000人以上のオーナーが集結した。
フェラーリ・オーナーにとっての年に一度のお祭り、「FERRARI RACING DAYS(フェラーリ・レーシング・デイズ)」が6月25〜26日、鈴鹿サーキットで開催された。コロナ禍による中止が続いたので、今回は実に4年振りの開催となった。

F1マシンが甲高いエキゾーストノートを響かせ疾走

往年のF1マシンがオーナーのドライブで鈴鹿を走行。極上のフェラーリミュージックを奏でた。
往年のF1マシンがオーナーのドライブで鈴鹿を走行。極上のフェラーリミュージックを奏でた。

フェラーリ・レーシング・デイズでは往年の名車から最新の市販モデル、また過去のF1マシンや超貴重な限定モデルなどがサーキットを走り回るという魅力的な光景が毎回繰り広げられる。今回もコレクターが所有するF10やF2003などのF1マシンが甲高いエキゾーストノートを響かせながら鈴鹿のコースを疾走した。ごく限られたオーナーのみに販売され、ドライブによって得られるデータを市販モデルの開発に役立てるサーキット走行専用マシン、XXKと599XXのデモンストレーションランも行われた。

ところで、オーナーたちがこれらのコンペティションマシンを維持し走らせるのをサポートするのがCORSE CLIENTI(コルセ・クリエンティ)だ。コルセ・クリエンティは世界中の熱心なオーナーが所有する過去のF1マシンのメンテナンスや、XXKや599XXなどのマシン整備やオーナーサポートやデータの収集を行ったり、またワンメイクレースのフェラーリ・チャレンジをサポートするなど、フェラーリのオーナーによるモータースポーツのプログラムを統括している。

いつもならば、このフェラーリ・レーシング・デイズに合わせてコルセ・クリエンティのスタッフも来日してフェラーリ・チャレンジの公式レースが開催されたりするのだが、今年はまだそれが叶わなかったのが残念だ。きっと来年は本国コルセ・クリエンティのスタッフも参加して更なる盛り上がりを見せてくれるだろう。

続々と集結する500台以上のフェラーリ

それでも4年振りのフェラーリ・レーシング・デイズには、全国から500台以上のフェラーリと1000人以上のオーナーが集結。サーキット走行プログラムはオーナーのレベルに合わせて初心者向けからライセンス保持者まで複数ステージが用意されており、誰もが安心んしてサーキットでの走りを堪能していた。またプロドライバーが運転する488チャレンジEVOに同乗してのホットラップも実施。そしてオーナーが愛車で鈴鹿に集結するラリー「Road to SUZUKA」では、ヒストリックから最新型まで、75台のフェラーリが鈴鹿を目指し、25日午後には続々と到着。会場ではフェラーリ・ジャパンのフェデリコ・パストレッリ社長と駐日イタリア大使のジャンルイジ・ベネデッティ氏が笑顔で出迎えた。

スペチアーレをはじめ貴重なフェラーリも多数

鈴鹿サーキットに集合したクルマの中には、普段はまず見られない貴重なフェラーリの姿も。288GTOやF40、F50、エンツォ・フェラーリなどのスペチアーレたち、またモンツァSP1/SP2など、フェラーリオーナーであっても思わず見惚れてしまう珠玉の名車も勢揃いした。

まだコロナの影響もあり、以前よりもやや規模は小さくなったが、4年振りの開催にオーナーたちは心からフェラーリの世界を楽しんでいたようだ。これだけのコンテンツを揃えたイベントを開催できるのは、まさにフェラーリのブランド力。真夏のように暑い鈴鹿で、改めてその底力を実感した。

鈴鹿サーキットで開催されたフェラーリ・レーシングデイズに展示されたF40

「俺もF40買ったらクラシケ取るんだ」。フェラーリの価値を万人に認めさせるフェラーリ・クラシケとはなにか?

6月24〜25日、鈴鹿サーキットで行われたフェラーリ・レーシングデイズの特設テントで、極上コ…

著者プロフィール

永田元輔 近影

永田元輔