AMG誕生55周年記念装備を内外装に施した「メルセデスAMG G 63」

ついに日本導入! AMG創業55周年記念モデル「メルセデスAMG G 63 エディション 55」は限定200台

オブシディアンブラックとオパリスホワイト(写真)の2色が導入される「メルセデスAMG G 63 Edition 55」。
オブシディアンブラックとオパリスホワイト(写真)の2色が導入される「メルセデスAMG G 63 エディション 55」。
メルセデス・ベンツ日本は、 メルセデス・ベンツ Gクラスの特別仕様車「メルセデスAMG G 63 Edition 55」を発表。限定200台の予約受付を、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じてスタートした。

Mercedes-AMG G 63 Edition 55

2022年に創業55周年を迎えたAMG

ブラックとレッドでまとめられた「メルセデスAMG G 63 Edition 55」のレーシーなインテリア。
1967年に誕生したAMGが55周年を迎えたことを受けて、「メルセデスAMG G 63」をベースにした「Edition 55」を製作。日本には限定200台が導入される。

AMG55周年を記念した「メルセデスAMG G 63 エディション 55」は、2022年3月22日に欧州で先行発売。Gクラスのトップパフォーマンスモデル「メルセデスAMG G 63」をベースに製作され、メルセデスAMGが完全自社開発した最高出力585ps(430kW)、最大トルク850Nmを発揮する4.0リッターV型8直噴ツインターボエンジン「M177」を搭載する。

ボディカラーは、オブシディアンブラック(限定100台、無償)とオパリスホワイト(限定100台、有償オプション)をラインアップ。サイドミラー、スペアホイールカバーリングにオブシディアンブラックのアクセントを採用するなど、シックなエクステリアを演出する。

足元には専用のマットタンタライトグレー・ペイントの22インチAMGクロススポーク・アルミホイール、ボディには専用デカールを特別装備。また、クローム仕上げの給油キャップにも「AMG」ロゴが入れられるなど、ディテールの隅々にまで「AMG」であることを主張している。

専用「Edition 55」ロゴ入りステアリング

ブラックとレッドでまとめられた「メルセデスAMG G 63 Edition 55」のレーシーなインテリア。
AMGパフォーマンス・ステアリングに「Edition 55」専用ロゴがあしらわれるなど、様々なディテールが55周年記念モデルであることを主張している。

インテリアには「Edition 55」専用ロゴをあしらったDINAMICA仕様の「AMGパフォーマンス・ステアリング」を採用した。暑い時期のシートと接する部分の蒸れを防ぐシートベンチレーター、リラクゼーション機能を備えたナッパレザーシートなども標準装備。さらに、トリムの各部にカーボンファイバーを採用した「AMGマットカーボンインテリアトリム」が、スポーティなインテリアを演出する。

【車両本体価格(税込)】
メルセデスAMG G 63 エディション 55:2750万円

【販売台数】
オブシディアンブラック(左ハンドル):60台
オパリスホワイト(左ハンドル:有償オプション):60台
オブシディアンブラック(右ハンドル):40台
オパリスホワイト(右ハンドル:有償オプション):40台

【問い合わせ】
メルセデスコール
TEL 0120-190-610

【関連リンク】
・メルセデスベンツ公式サイト

メルセデスAMG G 63 “エディション55”のフロントビュー

Gクラスに限定仕様「G 63 エディション55」が登場!AMGの55周年を祝う特別なメルセデス・ベンツ

メルセデスAMGは、2022年3月22日に特別仕様車「G 63 “エディション55”」を発売…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部