電動化、自動運転化の進む現在の自動車開発は複雑怪奇! ジャガー・ランドローバーの電動化・コネクテッド化に対応した「電磁両立性」テスト施設の中身 | 2枚目の写真(全2枚)

「電動化、自動運転化の進む現在の自動車開発は複雑怪奇! ジャガー・ランドローバーの電動化・コネクテッド化に対応した「電磁両立性」テスト施設の中身」の1枚目の画像 英国・ゲイドンに新設された電磁両立性ラボ。新型レンジローバースポーツが、この施設を最初に活用した車両となった。
「電動化、自動運転化の進む現在の自動車開発は複雑怪奇! ジャガー・ランドローバーの電動化・コネクテッド化に対応した「電磁両立性」テスト施設の中身」の2枚目の画像 現在の自動車はGPSやWiFiをはじめ、多くの電波や電磁波を発する機器を搭載。その影響を試験する電磁両立性ラボが、ジャガー・ランドローバーにおいて稼働をスタートした。
  • 「電動化、自動運転化の進む現在の自動車開発は複雑怪奇! ジャガー・ランドローバーの電動化・コネクテッド化に対応した「電磁両立性」テスト施設の中身」の2枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「電動化、自動運転化の進む現在の自動車開発は複雑怪奇! ジャガー・ランドローバーの電動化・コネクテッド化に対応した「電磁両立性」テスト施設の中身」の2枚目の画像ギャラリーへのリンク