幻のF1「ポルシェ 718 RS 61 スパイダー」の完成を目指す女性ポルシェ・コレクターの夢 | 1枚目の写真(全5枚)

「幻のF1「ポルシェ 718 RS 61 スパイダー」の完成を目指す女性ポルシェ・コレクターの夢」の1枚目の画像 ミシェルと夫のデイビッド、そして3人の子供達。祖父がフォードのカーディーラーを経営し、父や伯父もカーエンスージアストという、クルマ好き一家に生まれたミシェル。自分の血管には「ガソリンが流れている」と笑う。
「幻のF1「ポルシェ 718 RS 61 スパイダー」の完成を目指す女性ポルシェ・コレクターの夢」の2枚目の画像 ポルシェ 718 RS 61 スパイダーとミシェル・ハンブリー=グロブラー
「幻のF1「ポルシェ 718 RS 61 スパイダー」の完成を目指す女性ポルシェ・コレクターの夢」の3枚目の画像 ミシェル・ハンブリー=グロブラーが所有するシルバーのF1マシンは、南アフリカ出身のエンジニア、ビル・ジェニングスが、ポルシェからエンジンなどを手に入れて、独自に作り上げたマシンだった。写真にはコクピットに収まるジェニングスと、それを覗き込むスターリング・モスが写っている。
「幻のF1「ポルシェ 718 RS 61 スパイダー」の完成を目指す女性ポルシェ・コレクターの夢」の4枚目の画像 当初、アメ車に嵌っていたミシェルだが、あるミーティングをきっかけにポルシェの虜になる。現在、各世代の911やスピードスターなど、貴重なコレクションを所有している。
「幻のF1「ポルシェ 718 RS 61 スパイダー」の完成を目指す女性ポルシェ・コレクターの夢」の5枚目の画像 バーンファインドとして、南アフリカで発見された「ポルシェ 718 RS 61 スパイダー」。現在、このクルマを所有するミシェル・ハンブリー=グロブラーは、搭載されていたオリジナルエンジンを探し続けている。
  • 「幻のF1「ポルシェ 718 RS 61 スパイダー」の完成を目指す女性ポルシェ・コレクターの夢」の5枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「幻のF1「ポルシェ 718 RS 61 スパイダー」の完成を目指す女性ポルシェ・コレクターの夢」の5枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「幻のF1「ポルシェ 718 RS 61 スパイダー」の完成を目指す女性ポルシェ・コレクターの夢」の5枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「幻のF1「ポルシェ 718 RS 61 スパイダー」の完成を目指す女性ポルシェ・コレクターの夢」の5枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「幻のF1「ポルシェ 718 RS 61 スパイダー」の完成を目指す女性ポルシェ・コレクターの夢」の5枚目の画像ギャラリーへのリンク