最新にして最強SUVの呼び声高いDBX707に試乗

最高出力707psのスーパーSUV「アストンマーティン DBX 707」は超獰猛に見えて意外と紳士だった?

4.0リッターV型8気筒ツインターボエンジンは707psを発揮するが、そのフィーリングは自然吸気エンジンのよう。全開加速では当然強烈な加速が味わえる。
4.0リッターV型8気筒ツインターボエンジンは707psを発揮するが、そのフィーリングは自然吸気エンジンのよう。全開加速では当然強烈な加速が味わえる。
最高出力707ps、最大トルク900Nmのアウトプットを誇るV8ツインターボを搭載した最速SUVのアストンマーティンDBX707が、ついに日本上陸を果たした。普段はジェントルだが、ひとたび鞭を入れると最早その走りはスーパースポーツだ。DBXを知り尽くしたモータージャーナリスト山崎元裕が味わってきた。

Aston Martin DBX707

止まらない性能競争

大型化され、美しさの中にもより戦闘的な雰囲気が生み出されるフロントグリル。最高速度310km/hを誇る707の威圧感がにじみ出る。
大型化され、美しさの中にもより戦闘的な雰囲気が生み出されるフロントグリル。最高速度310km/hを誇る707の威圧感がにじみ出る。

世界中のスーパースポーツメーカー、あるいはプレミアムメーカーが、続々とSUVの市場に進出する中で、いつかはきっと起きるだろうと予想していたのが、そのプレミアムSUVの中での性能戦争だった。もはやプレミアムSUVは、ただ単に実用性の優劣だけではなく、いかに快適で、そしてライバルに対する速さというアドバンテージを競う世界にまで到達した。その事実を宣言してみせたのが、ここで紹介するアストンマーティンDBX707ということになるのではないか。

そのネーミングが物語るとおり、DBX707は、アストンマーティンが巨額を投じてウェールズに完成させた、セント・アサン工場で生産されるDBXをベースとするモデルだ。その高性能版にして、フロントには最高出力707psの最高出力と900Nmの最大トルクを発揮する、4.0リッターV型8気筒ツインターボエンジンを搭載したというのがDBX707なる車名の意。

だがスタンダードなDBXとのパワーユニットの性能差は最高出力で157ps、最大トルクで200Nm。組み合わされる9速ATもトルコン式から、ベースエンジンの供給を受けるAMGのスピードシフトと同様に、湿式多板クラッチを用いたものに変更され、リヤのeデフもそのセッティングやギヤ比を変更するなど、パワートレイン全体に改良が加えられているのは見逃せない。

空力面でもさらに向上

美しいスタイルを持つDBX707。フロントスプリッターやリヤディフューザー、リップスポイラーなどがノーマルとの区別点だ。
美しいスタイルを持つDBX707。フロントスプリッターやリヤディフューザー、リップスポイラーなどがノーマルとの区別点だ。

SUVとしては、そもそも見事という言葉が自然と出てくるほどに美しいスタイルを持っていたDBXだが、707ではさらにフロントスプリッターやリヤディフューザー、リップスポイラーなどに独自のディテールが見られる。フロントグリルも大型化され、美しさの中にもより戦闘的な雰囲気が生み出されているのは、スポーツ志向の強いカスタマーには歓迎すべきところだろう。なにしろこの707の最高速度は310km/h。エアロダイナミクスのさらなる最適化が、開発時には重要な課題だったことは容易に想像できる。

スポーツシートがスタンダードとなる707のキャビンは、一見したところではDB11など、ほかのアストンマーティン車と変わらないが、3060mmのホイールベースが生み出す後席の居住性は間違いなく、この707においても大きな魅力だ。ドライバーズシートに身を置くと、その高さを感じるのは不思議な感覚だが、スイッチ類の操作性も視界ももちろん問題はない。さっそくセンターコンソール上にあるスタートボタンをプッシュし、さらにDボタンを押して試乗を始めることにした。

ハンドリングも大きな魅力

まず感じたのは、軽くアクセルペダルを踏み込んだ時の発進加速がとてもジェントルなことだった。シフトアップのタイミングも実に適切で、市街地を流す程度の走りならば、とてもこのSUVに707psものエンジンが搭載されていることなどを感じることはできないだろう。つまり扱いに気難しさや、スパルタンな印象がない。そう、それはアストンマーティンのほかのモデルにも共通する特性といえるのだ。

フロントがダブルウイッシュボーン、リヤにはマルチリンクという構成のフットワークには、エアサスペンションと電子制御方式のダンパーが組み合わせられるが、その恩恵もあってか、低速域や加減速時にも不快な乗り心地を感じることはない。高速道路に707のノーズを向け、いくつかのコーナーをクリアするうちに、ステアリングの正確さと確実な手応えとともに、このサスペンションに絶対的な安心感を抱くことができると確認できた。

前でも触れたが、視線が高いだけに最初はロール時の動きには若干驚かされたものだが、試乗を続ける中で実際のロールは、その発生から収束に至るまで、常に自然な速度でスムーズな動きに徹していることが分かった。そう707は、パワースペックのみならず、その操縦安定性においても大きな魅力を備えていたのである。

スーパースポーツの走りを手にしたスーパーSUV

それでは注目の707psを発生する4.0リッターV型8気筒ツインターボエンジンのパフォーマンスはどうか。こちらも不思議なくらいにスムーズな、言葉を変えるのならば自然吸気エンジンのようなフィーリングだ。もちろんそれは限られたチャンスでしかなかったが、アクセルペダルを全開にできた加速では、その力強さが一気に増したと思いきや、そこからシームレスともいえる強烈な加速が味わえる。ちなみにこの707の前後駆動力配分は、通常前後で47対53。これが必要時には0対100まで可変するというが、駆動力配分の変化など、走りの中で実際に感じさせられる場面はほぼない。クルマの側が自動的に最適な配分を瞬時に実現してくれるのは嬉しい。

アストンマーティンDBX707というハイパフォーマンスモデルを一言で表現するのならば、それはやはり「たまたまSUVの姿カタチをしただけのスーパースポーツ」ということになるのではないだろうか。少なくとも、その開発や生産に携わったスタッフは、そのような気持ちを持って、このクルマの完成へと挑んだに違いない。だからこそDBX707は、これほどの感動を与えてくれえるモデルに仕上がったのだ。

もちろんこれから先には、ランボルギーニ、ロータス、そしてついにフェラーリと、さまざまなブランドから、改良型、あるいはブランニューのSUVが誕生するだろう。はたしてそれらの前で、DBX707はどれほどのアドバンテージを維持することができるのか。ライバルは虎視眈々とトップの座を狙っている。

REPORT/山崎元裕(Motohiro YAMAZAKI)
PHOTO/小林邦寿(Kunihisa KOBAYASHI)
MAGAZINE/GENROQ 2022年 10月号

SPECIFICATIONS

アストンマーティンDBX707

ボディサイズ:全長5039 全幅1998 全高1680mm
ホイールベース:3060mm
車両重量:3020kg
エンジン:V型8気筒DOHCツインターボ
総排気量:3982cc
最高出力:520kW(707ps)/4500rpm
最大トルク:900Nm(91.8kgm)/6000rpm
トランスミッション:9速AT
駆動方式:AWD
サスペンション形式:前ダブルウイッシュボーン 後マルチリンク
ブレーキ:前後カーボンセラミック・ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ:前285/40YR22 後325/35YR22
最高速度:312km/h
0-100km/h加速:3.3秒
車両本体価格:3119万円

【問い合わせ】
アストンマーティン・ジャパン・リミテッド
TEL 03-5797-7281
https://www.astonmartin.com/ja

著者プロフィール

山崎元裕 近影

山崎元裕