ダッジ チャレンジャー2023年モデルに、2色のヘリテージカラーが登場

ダッジ チャレンジャー2023年モデルが北米デビュー! 最強最速「SRT スーパーストック」は817psを発揮

807hpを発揮するV8スーパーチャージャーHEMIユニットを搭載する、ダッジ・チャレンジャー チャレンジャー SRT スーパーストック。
807hpを発揮するV8スーパーチャージャーHEMIユニットを搭載する、ダッジ・チャレンジャー チャレンジャー SRT スーパーストック。
クライスラーのダッジ・ディビジョンは、高い人気を誇るマッスルカー「チャレンジャー」の2023年モデルを発表した。カテゴリー最強の6.2リッターV型8気筒HEMIスーパーチャージャーを搭載する「チャレンジャー SRT スーパーストック」を筆頭に、デビューから10年以上を経た今もなお、ライバルを圧倒するパフォーマンスを維持している。

Dodge Challenger SRT Super Stock

V6とV8の豊富なモデルバリエーション

ダッジ・チャレンジャー チャレンジャー SRT スーパーストックのエクステリア。
カテゴリー唯一の4輪駆動をラインアップするV6搭載モデル、自然吸気とスーパーチャージャーが用意されたV8 HEMIユニット搭載モデルなど、チャレンジャーの2023年モデルは9つのバリエーションを展開する。

2008年にデビューした3代目ダッジ チャレンジャーは、イヤーモデルを重ねるごとに継続的に進化。最速&最強のマッスルカー「チャレンジャー SRT スーパーストック」を筆頭に、カテゴリー唯一のAWDをラインアップするなど、その豊富なバリエーションは2023年モデルでも健在だ。

2023年モデルは、9つのバリエーションを展開。高効率3.6リッターV型6気筒エンジンを搭載する「SXT」「SXT AWD」「GT」「GT AWD」。このV6モデルにはカテゴリー唯一の4輪駆動モデルを選ぶことができる。さらにパワフルな自然吸気ユニットを求めるユーザーには、345 HEMI V8を搭載する「R/T」、392 HEMI V8を搭載する「R/T Scat Pack」も用意された。

ハイパフォーマンス仕様の「SRT ヘルキャット」には、最高出力535kW(727ps)を発揮する6.2リッターV型8気筒HEMIスーパーチャージャーを搭載。さらに「SRT ヘルキャット レッドアイ」は595kW(809ps)、シリーズトップに君臨する「SRT スーパーストック」は601kW(817ps)というモンスター級のハイパワーを誇る。

ヘリテージカラーの「プラムクレイジー」を追加

2023年モデルからは写真の「プラムクレイジー(Plum Crazy)」と「B5ブルー(B5 Blue)」が追加され、全14色からボディカラーが選べるようになった。
2023年モデルからは写真の「プラムクレイジー(Plum Crazy)」と「B5ブルー(B5 Blue)」が追加され、全14色からボディカラーが選べるようになった。

チャレンジャーは、豊富なオプションやパッケージ、あらゆる天候化で発揮される走破性、さらにクーペながらも抜群の居住性やラゲッジスペースなど、デビュー後10年を経た今もライバルに対するアドバンテージを握り続けている。かつてのマッスルカー全盛期を思わせるデザインは、1970年代よりも、高い人気を得ることに成功した。

2023年モデルからは、昨年登場したチャレンジャー SRT ヘルキャット レッドアイに導入された「ジェイルブレイク(Jailbreak)」仕様が、SRT ヘルキャットでも選べるようになった。

ジェイルブレイクでは、ダッジが展開するパーソナライゼーション・オプションすべてを利用することが可能。ワイドボディ、T/A、シェイカー、ストライプ、グラフィックなどのパッケージを組み合わせることで、自分だけのチャレンジャーを作り上げることができる。

さらに、ヘリテージカラーとして深いパープルの「プラムクレイジー(Plum Crazy)」と鮮やかな「B5ブルー(B5 Blue)」を追加。全14色のエクステリアカラーラインアップを展開する。今回発表されたレギュラーモデルに加え、2023年モデルイヤーにおけるスペシャルエディションに関しては、後日発表される予定だ。

改良が加えられた6.2V8HEMIスパーチャージャー

ラインアップの頂点に位置する「チャレンジャー SRT スーパーストック」には、キャリブレーションの変更などの改良が加えられ、日常使用可能な800hpオーバーというスペックを実現した。
ラインアップの頂点に位置する「チャレンジャー SRT スーパーストック」は、キャリブレーションの変更などの改良が加えられ、800hpオーバーというスペックを実現した。

チャレンジャー・シリーズの最高峰に君臨するのが、チャレンジャー SRT スーパーストック。最高出力817psを誇る6.2リッターV型8気筒HEMIスパーチャージャーを搭載し、0-60mph加速は3.25秒、1/4マイル走行時間は10.5秒、最高速度168mph(約270km/h:タイヤ制限あり)という、抜群のパフォーマンスを発揮する。

チャレンジャー SRT スーパーストックの心臓部に搭載されるV8 HEMIスーパーチャージャーは、限定生産された2018年型チャレンジャー SRT デーモンに由来する。今回、キャリブレーションを見直し、シフトポイントを6300rpmから6400rpmに引き上げることで、市販V8ユニット最高となる常時使用可能な817psという高出力を実現した。

ギヤボックスは、ヘルキャット全モデル、そしてSRT デーモンにも搭載され、高い信頼性を誇るトルクフライト(TorqueFlite)8HP90 8速オートマチックトランスミッションを標準搭載。ビルシュタイン社製アダプティブ・ダンピング・サスペンションは、ドラッグレース用にチューニングされ、発進時にリヤのトラクションを最大化する。また、パフォーマンスチューンが施されたアシンメトリカルLSDも標準装備された。

ダッジ チャージャー デイトナ SRT コンセプトのフロント

ダッジ チャージャーは電動化されてもマッスルカー! EVなのに大排気量アメ車らしい爆音を再現

アメリカの老舗自動車ブランド、ダッジが電気自動車のコンセプトカー「チャージャー デイトナ S…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部