[速報]新型メルセデス AMG C63 S Eパフォーマンスが登場! 驚異的性能を誇るPHEV

[速報]新型メルセデスAMG C63 S Eパフォーマンス登場! システム最高出力680ps、システム最大トルク1020Nmの異次元性能

ひと目でただ者ではないとわかるワイドなエクステリア。フロントトレッドは76mm拡大したという。
ひと目でただ者ではないとわかるワイドなエクステリア。フロントトレッドは76mm拡大したという。
メルセデス・ベンツCクラスの最高峰となるC63 Sがフルモデルチェンジした。搭載されるエンジンは4.0リッターV8ツインターボから2.0リッター直4ターボとなったが、落胆にはあたらない。なぜなら、その驚くべきパフォーマンスには、もはや排気量など関係ないと思わせる圧倒的な説得力があるのだ。

Mercedes-AMG C 63 S E Performance

史上最強のパフォーマンスを誇るDセグメントカー

システム最高出力500kW(680ps)、システム最大トルク1020Nmという驚異的な性能を発揮するハイブリッドハイパフォーマンスサルーン、新型メルセデスAMG C63 S Eパフォーマンス。
システム最高出力500kW(680ps)、システム最大トルク1020Nmという驚異的な性能を発揮するハイブリッドハイパフォーマンスサルーン、新型メルセデスAMG C63 S Eパフォーマンス。

モータースポーツの最先端技術、つまりF1で培った技術をふんだんに盛り込んだハイブリッドハイパフォーマンスサルーン&エステート、新型メルセデスAMG C63 S Eパフォーマンスが発表された。最大の話題はフロントに搭載されるエンジンが先代の4.0リッターV8ツインターボから、なんと2.0リッター直4ターボエンジンに変更されたことだ。

しかし2.0リッターといえども最高出力350kW(476ps)/6750rpm、最大トルク545Nm/5250-5500rpmを誇り、リヤに搭載される電気モーターと組み合わされることで、システム最高出力は500kW(680ps)、システム最大トルクは1020Nmという車名に相応しいか、それ以上のパフォーマンスを実現したという。なおリヤアクスルに配置されるモーターは最高出力150kW(204ps)、最大トルク320Nmで2段変速機を備えている。

F1からの技術フィードバック

メルセデスが「世界で最も強力な4気筒」と謳う2.0リッターエンジンは、リッターあたりの出力176kW(238ps)を発揮。モーターによるアシストで、パワーデリバリーとトルクの増加は、非常に自然に発生する。これはF1同様に、電動ターボチャージャーによってターボラグを解消し、モーターによるアシストもあって、停止状態から力強く発進するという。

電動パワートレインの肝は、AMGの自社開発という400V高性能バッテリー。高速出力と革新的なセルの直接冷却を実現したと謳う。バッテリー容量は6.1kWhでEV航続距離は13kmという。

後輪操舵を備えたハイパフォーマンスAWD

セダンと同時にエステートも発表された。ルーフの後端にはスポイラーが装着される。
セダンと同時にエステートも発表された。ルーフの後端にはスポイラーが装着される。

トランスミッションはAMGスピードシフトMCT 9Gが搭載され、駆動方式はAMG パフォーマンス 4マティック+と呼ばれるAWDとなる。もちろん後輪操舵のアクティブ リア アクスル ステアリングを備えている。サルーンと同時にエステート(ステーションワゴン)もデビューした。

それでいて複合燃費は6.9リッター/100km(CO2排出量=156g/km)、電費11.7kWh/100km(セダンとエステートは同値)と良好な数字を見せている。

メルセデスAMG C63 S Eパフォーマンス エステートのエクステリア。

メルセデスAMG C63 S Eパフォーマンスは専用ボディに超高性能を収めつつ、高効率化も実現したスーパーサルーン!【動画】

Cクラスのハイパフォーマンス仕様「メルセデスAMG C 63 S Eパフォーマンス」がデビュ…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部