フル電動モデル「プジョー e-208」のパワーと航続距離が大幅進化

プジョーのコンパクトBEV「e-208」が大幅進化! 兄貴分のe-308と同じ電動パワートレインを搭載して航続距離を400kmに延長

効率化アップと新型電動パワートレインの搭載で、実用域での航続距離が大幅に伸びた「プジョー e-208」。
効率化アップと新型電動パワートレインの搭載で、実用域での航続距離が大幅に伸びた「プジョー e-208」。
プジョーはコンパクトEV「e-208」にe-308で採用された最新電動パワートレインを搭載。最高システム出力が115kW(156ps)にパワーアップし、航続距離を400kmまで向上させた。新型パワートレインを搭載したe-208は、2023年からデリバリーをスタートする。

PEUGEOT e-208

e-308に先行搭載されたパワートレインを採用

効率化アップと新型電動パワートレインの搭載で、実用域での航続距離が大幅に伸びた「プジョー e-208」。
2021年の初期改良により航続距離が362kmまで伸びていた「e-208」。2023年モデルからe-308と同じ電動パワートレインが搭載されることになった。

プジョー e-208は、2021年に行われた初期改良により、航続距離が6.5%延長。2019年の初期仕様から22kmも向上した362kmという航続距離を実現した。

さらに2023年モデルからは、より高性能な「e-308」と同じ電動パワートレインの搭載が決まった。これにより最高システム出力は100kW(136ps)から115kW(156ps)へと15%も向上。同時に効率化も高められたことで、平均エネルギー消費量は12kWh/100kmに抑えられ、最大航続距離は38km(10.5%)もアップした400kmを実現している。最大トルクも260Nmとなり、特に発進時におけるドライバビリティが最適化された。

冷暖房のエネルギー効率を最大化

効率化アップと新型電動パワートレインの搭載で、実用域での航続距離が大幅に伸びた「プジョー e-208」。
湿度センサーと連動したヒートポンプの採用により、冷暖房時の効率化が大幅に向上。特に寒冷時の航続距離が大幅に伸びることになった。

高効率化に関しては、フロントガラス上に設置された湿度センサーと連動したヒートポンプにより、冷暖房のエネルギー効率が最大限に高められた。センサーから送られる情報により、キャビン内の空気循環をより正確に制御することができるため、冷暖房や温度維持の際、バッテリー内のエネルギーを節約することができるという。

これらの改良は特に外気温が低いときに効果を発揮。氷点下に近い気温において、都市交通下における航続距離が40kmも伸びることになった。また、クラス「A+」省燃費16インチタイヤの採用により、走行中の摩擦エネルギーロスを最小限に抑えることも可能に。一般道や高速道路での走行距離を伸ばすため、ギヤ比にも変更が加えられている。

走行状況に合わせて選べるドライブモード

効率化アップと新型電動パワートレインの搭載で、実用域での航続距離が大幅に伸びた「プジョー e-208」。
「ECO」「NORMAL」「SPORT」という3つの走行モードに加えて、「BRAKE」モードを選ぶことで回生ブレーキによるエネルギー回収率を高めることができる。

走行状況に合わせて「ECO」「NORMAL」「SPORT」という3つの走行モードが用意された。ドライバーはセンターコンソールの物理スイッチを使用してモードを変更することで、航続距離を伸ばしたり、スポーツ走行を楽しむことが可能。また、「BRAKE」モードでは、アクセルペダルを離したときの減速度を強化することで、回生エネルギーの回収率を高めることができる。

充電に関しては、2種類のオンボード充電器をラインナップ。標準仕様は単相7.4kW、オプションで三相11kWの充電器から選ぶことができる。急速充電にも対応しており、100kWの公共充電ポイントにおいて20%から80%レベルまで、25分以内で充電を完了することが可能となっている。

オーナーは、スマートフォン用アプリ「MyPeugeot」を導入することで、充電管理や室内換気をリモートで開始できる。さらに「Free2Move eSolutions」アプリを使用すると、充電ポイントを含めた旅の計画を事前に立てることが可能。行程付近にある充電ステーションがリストアップされるため、航続距離を心配することなく、ドライブを楽しむことができる。

プジョー E-308とE-308 SWの2台集合。フロントビュー

プジョー主力モデル308/308 SWのEVバージョンが登場! 電気で走れるCセグBEVは2023年半ばに市場導入

プジョーは、Cセグメントの「308」および「308 SW」に100%電気で走るBEVモデルを…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部