アストンマーティン、最速のオープンカー「ヴァルキリー スパイダー」を公開!

F1マシンを彷彿とさせる究極のオープントップ、「アストンマーティン ヴァルキリー スパイダー」デビュー!

F1マシンを彷彿とさせるオープントップ、「アストンマーティン ヴァルキリー スパイダー」デビュー
F1マシンを彷彿とさせるオープントップ、「アストンマーティン ヴァルキリー スパイダー」デビュー
アストンマーティンは、ペブルビーチで開催されるコンコース・デレガンスにおいて、ヴァルキリーの血統を次のステップへと進化させるモデル「ヴァルキリー スパイダー」を公開する。85台が限定生産され、2022年後半からのデリバリーを予定している。

ASTON MARTIN VALKYRIE SPIDER

公道におけるF1マシンのような走行体験

F1マシンを彷彿とさせるオープントップ、「アストンマーティン ヴァルキリー スパイダー」デビュー
レッドブル・アドバンスド・テクノロジーズと共同開発されたヴァルキリー スパイダーは、究極のパフォーマンスを維持しながら、ラグジュアリーオープントップモデルとしての存在価値も追求された。

世界でもっとも過激なハイパーカー、ヴァルキリーのオープントップモデルとして開発されたヴァルキリー スパイダーは、その圧倒的なパフォーマンスでドライバーの感性を刺激し、サーキットだけでなく公道においてもF1マシンを彷彿とさせる走行体験を提供する。

開発チームは、アストンマーティンとエイドリアン・ニューウェイによって立ち上げられたヴァルキリー・プログラムの厳格なパフォーマンス目標とコア・エクスペリンスを維持しながら、「ラグジュアリーオープントップモデルとは何か?」を追求し続けたという。

世界最先端のハイパーカーデザインとテクノロジーを受け継いだヴァルキリー スパイダーは、アストンマーティンとレッドブル・アドバンスド・テクノロジーズ(RBAT)の開発チームによって生み出されたユニークなエンジニアリング・ソリューションが惜しげもなく投入されている。

ヴァルキリーに搭載される最高出力1155psを発揮する6.5リッターV型12気筒ハイブリッドパワートレインに変更はないものの、ヴァルキリー スパイダーではカーボンファイバー構造に改良が加えられ、アクティブ・エアロダイナミクス・システムとアクティブ・シャシー・システムのキャリブレーションが全面的に見直された。これらの対策は、ルーフを取り外した状態で走行したときでもヴァルキリー本来のパフォーマンスを発揮できるようにすることを目標としている。

アストンマーティン史上最速のオープントップ

F1マシンを彷彿とさせるオープントップ、「アストンマーティン ヴァルキリー スパイダー」デビュー
ルーフを取り外した状態での最高速度は330km/h以上に達し、アストンマーティン史上最速のオープントップモデルとなった。

ヴァルキリー スパイダーの類まれなパフォーマンスの鍵となるのは、超軽量構造と強力なダウンフォースを発生するエアロダイナミクスパッケージ。ティアドロップ型のコクピットを含むアッパーボディとサイドパネルは、コクピットフロアの両側を走る巨大なベンチュリトンネルを包み込むように優雅な輪郭を形成する。

これらのトンネルは大量のエアフローをアンダーボディへと導き、リヤディフュフューザーへと送り出す役割を果たしている。その結果、ヴァルキリー スパイダーは美しいスタイリングを犠牲にするような空力デバイスをボディ上部に一切追加することなく、きわめて高いレベルのダウンフォースを生み出すことに成功した(240km/hで1400kg以上:トラック・モード時)。

さらに、ヴァルキリーと同じ厳格な設計思想を適用することで、ヴァルキリー スパイダーの重量は、オリジナルのクーペモデルと比較してわずかな増加に抑えられた。

ルーフを取り外した状態での最高速度は330km/h以上に達し(ルーフを装着した場合は350km/h以上)、アストンマーティン史上最速かつもっとも過激なオープントップモデルとなった。世界耐久選手権(WEC)を戦うLMP1マシンと同等のパフォーマンスを発揮するヴァルキリー スパイダーは、公道走行可能なモデルとしては達成できないレベルのラップタイムを計測できるようシミュレートされている。

F1マシンからヒントを得たコクピット

F1マシンを彷彿とさせるオープントップ、「アストンマーティン ヴァルキリー スパイダー」デビュー
フロントヒンジ・タイプへと変更されたドアの先にあるコクピットは、低い着座位置よりもさらに高い場所に設定されたF1マシンのようなペダル配置が特徴となる。

ヴァルキリー スパイダーのコクピットはドライバーに完全にフォーカスした設計となり、F1マシンからヒントを得たことで、低い着座位置よりもさらに高い場所に設定されたペダル類が特徴となる。また6点式シートベルトによりパッセンジャーの安全は確保され、センターリヤビューカメラ・システムはフロントとリヤパーキングセンサーとともに、高速/低速走行時にドライバーをサポートする。インストゥルメントパネルのすぐ上にはカメラ用のディスプレイが設置された。

取り外し可能な専用の軽量ルーフは、カーボンファイバー製センターパネルとポリカーボネート製ルーフウインドウから構成。センターパネルはルーフ後端のタブとウインドスクリーンサラウンドに固定され、ルーフウインドウはそれぞれの側で支えられている。ルーフを取り外す際はドアを開け、ルーフを持ち上げて収納する。

取り外し可能なルーフパネルとラグジュアリーなオープントップレイアウトを実現し、新形状のドアをサポートするため、カーボンファイバー構造には変更が加えられた。これにより、ヴァルキリー スパイダーのドアは車両前方に向けて上部へ跳ね上がるフロントヒンジタイプへと変更されている。

これらの構造変更は、アストンマーティンのエンジニアリングチームによって実施。チームはまた、この新しい構造のテストと検証プロセスの実行にも責任を負っている。最初の開発プロトタイプの製作と実地テストに先立ち、高性能シミュレーションツールを幅広く活用することで、ヴァルキリー スパイダーの開発は順調に進められた。

全世界のマーケットに向けて85台を限定生産

F1マシンを彷彿とさせるオープントップ、「アストンマーティン ヴァルキリー スパイダー」デビュー
ヴァルキリー スパイダー(写真右)はペブルビーチのコンコース・デレガンスで正式発表後、85台が限定生産される。デリバリーは2022年下半期を予定している。

ヴァルキリー スパイダーは2021年8月12日~15日に米国カリフォルニア州モントレー、ペブルビーチで開催されるコンコース・デレガンスにおいて、招待されたゲストに向けて初公開される。アストンマーティン最高経営責任者(CEO)のトビアス・ムアースは、ヴァルキリー スパイダーの公開を前に、次のようにコメントした。

「アストンマーティン ヴァルキリーは、極めて高度なイノベーションとテクノロジーを組み合わせたモデルですが、何よりもエモーショナルなドライブ体験を追及することに焦点を当てています。ヴァルキリー スパイダーは、その情熱と感性をさらなる高みへと引き上げ、真にセンセーショナルな走りを実現しました」

「このモデルには、レブリミットが1万1000rpm以上に達する6.5リッターV12ユニットが搭載されています。ルーフを取り外した状態で、このエンジンが奏でるサウンドを聴ける日を、今から楽しみにしています」

レッドブル・レーシングのチーフテクニカルオフィサー、エイドリアン・ニューウェイは次のように付け加えた。

「私たちは、アストンマーティン ヴァルキリー・プロジェクトを立ち上げた当初から、従来のロードカーをはるかに超える厳格な目標を設定してきました。そして、 オープントップハイパーカーカテゴリーに属するヴァルキリー スパイダーにも、同じ設計思想が適用されています」

「このモデルは、一見するとヴァルキリーからルーフを取り外しただけに見えるかもしれませんが、ヴァルキリーと同じコンセプトを採用するためには、大きな困難が伴いました。もっとも重視した点は、ルーフを外した状態でも空力性能を維持すること。同様に、運転の楽しみを最大限に引き出しながらも、オープントップモデルにとって避けられない重量増加も最小限に留めています」

ヴァルキリー スパイダーは全世界で85台を限定生産(左ハンドルと右ハンドル仕様を設定)。予約の受け付けと各国への割り当てはまもなく開始され、最初のデリバリーは2022年下半期からのスタートを予定している。

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部