アウディ RS Q3の10周年記念仕様は内外装に専用装備

人気のコンパクトSUV「アウディ RS Q3」のデビュー10周年限定車「エディション 10イヤーズ」は世界限定555台

世界555台限定で発売される「アウディ RS Q3 エディション 10イヤーズ」の走行シーン。
世界555台限定で発売される「アウディ RS Q3 エディション 10イヤーズ」の走行シーン。
アウディは「RS Q3」の発売10周年を記念し、スポーティな特別仕様車「RS Q3 エディション 10イヤーズ」を世界限定555台で発売する。ボディタイプはRS Q3とRS Q3 スポーツバックが用意された。現時点で日本への導入は発表されていない。

Audi RS Q3  Sportback edition 10 years

Qシリーズ初の「RS」として2013年にデビュー

世界555台限定で発売される「アウディ RS Q3 エディション 10イヤーズ」の2.5リッター直列5気筒TFSIガソリン直噴ターボ。
2013年にアウディQシリーズ初のRSモデルとしてデビューした「RS Q3」。2.5リッター直列5気筒TFSIガソリン直噴ターボを搭載する2代目「RS Q3」は、2019年に投入されている。

アウディ RS Q3は、アウディ「Q」シリーズ初の「RS」モデルとして2013年にデビュー。以来、そのスポーティな性能とキャラクターが高く評価され、 コンパクトSUVセグメントの人気モデルとしてラインアップに定着した。2019年に投入された2代目RS Q3は、最高出力294kW(400ps)、最大トルク480Nmを発揮する2.5リッター直列5気筒TFSIガソリン直噴ターボを搭載。7速SトロニックDCTを介して、4輪を駆動する。

デビュー10周年を記念する「RS Q3 エディション 10イヤーズ」は、内外装に専用装備を採用。専用ボディカラー、21インチアルミホイール、リサイクル繊維ダイナミカを使用した「RSバケットシート」、ジェットブラックのインストゥルメントパネルなど、特別装備を贅沢に導入している。車両価格にプラスされるパッケージ価格は5990ユーロから。2022年10月後半からドイツでのオーダーがスタートする。

専用カラー「クロノスグレー」を用意

世界555台限定で発売される「アウディ RS Q3 エディション 10イヤーズ」のエクステリア。
ボディカラーは2022年から追加された新色の「デュウシルバー」と、RS Q3 エディション 10イヤーズの専用色として「クロノスグレー」が用意された。

アウディはRS Q3のデビュー10周年を記念し、マットエフェクトの「デュウシルバー(Dew Silver)」と、メタリックの「クロノスグレー(Chronos Gray)」という、ふたつの表情豊かな専用カラーを用意した。クロノスグレーは「RS Q3 エディション 10イヤーズ」専用カラー、デュウシルバーも2022年からRS Q3のカラーパレットに追加された新色となる。

ブラックのダブルスポークデザインを持つ21インチ軽量アロイホイールも専用装備。標準でポリッシュ仕上げのアンスラサイトグレー・ブレーキキャリパーが装着されており、追加料金でレッドかブルーに変更することも可能だ。また、オプションとして、カーボンファイバー強化セラミックブレーキディスクを備えた19インチ高性能ブレーキシステムを装着することもできる。

ダイナミック・フラッシングライト付きダークマトリクスLEDヘッドライト、ウィングミラーハウジングなど、ブラック/グロスブラックの追加コンポーネントが、RS Q3 エディション 10イヤーズの特別なエクステリアを演出。ルーフフレーム、ウィンドウスロットリム、ドアトリム、フロントスポイラー・ブレード、ディフューザーインサートもブラックで統一される。

ブラックにカッパーカラーのアクセント

世界555台限定で発売される「アウディ RS Q3 エディション 10イヤーズ」のインテリア。
スポーティなブラックでまとめられたインテリアには「RSバケットシート」。シートの座面やステアリングホイールには、カッパーカラーのアクセントステッチが入れられている。

ブラックでまとめられたインテリアには、シートネック部分に「RS」エンブレムが入れられた「RSバケットシート」を採用。RS Q3で初採用となるマットカーボンのシートバックカバーが特別な存在感を放つ。座面には新色「ブラック/ジェットブラック」のレザーとダイナミカのコンビネーションがチョイスされた。ダイナミカ(Dinamica)は、約45%がリサイクルPET繊維で構成されたマイクロファイバー。このダイナミカはシート以外に、インストゥルメントパネルにも導入されている。

カッパーカラーのコントラストステッチは、シートセンター部、センターアームレスト、ドアアームレスト、ステアリングホイール、「RS Q3」刺繍入りフロアマットなどに入れられた。これにより、インテリア全体にスポーティなアクセントが加えられている。

このほかの特別装備として、専用マット仕上げのシートバックカバー、カーボン製デコラティブインレイも採用。10.1インチ「MMIディスプレイ」には、限定車であることをアピールする「1 of 555」のレタリングが施された。また、このモデル専用のイルミネーテッド・ドアシルトリムは、ドアを開けると赤い3Dダイヤモンド形状が地面へと投影される。

人気コンパクトSUVのBMW X1とアウディQ3。日本市場にぴったりのサイズ感と高いクオリティは魅力だ。

輸入コンパクトSUVの小さな巨人「BMW X1」と「アウディQ3」のサイズとパワートレインを徹底比較

SUVが市民権を得て、乗用車の代表格になった現代。日本においては特にコンパクトSUVが人気だ…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部