マセラティ ギブリ/レヴァンテの限定モデルが日本導入

初の女性F1ドライバーはマセラティから? ギブリとレヴァンテに限定車「Fトリブート スペシャル エディション」

マセラティ レヴァンテ「Fトリブート スペシャル エディション」のエクステリア。
マリア・テレーザ・デ・フィリッピスをイメージし、鮮やかなアランチョ・デビルのボディカラーを採用した「レヴァンテ Fトリブート スペシャル エディション」。
マセラティは、同社が誇るモータースポーツのDNAから着想を得た限定モデル「Fトリブート スペシャル エディション」を、ギブリとレヴァンテに設定した。このスペシャルエディションは、マセラティ250Fのステアリングを握ってF1グランプリに参戦した初めての女性、マリア・テレーザ・デ・フィリッピス(Maria Teresa De Filippis)を称えたモデルとなる。

Maserati Levante FTributo Special Edition

サーキットを強く意識したふたつの色

マセラティ ギブリ「Fトリブート スペシャル エディション」のエクステリア。
「Fトリブート スペシャル エディション」は、マリア・テレーザ・デ・フィリッピスをイメージしたオレンジ「アランチョ・デビル」と、サーキットから着想を得たグレー「グリージョ・ラミエーラ(写真)」の2色が用意された。

「Fトリブート スペシャル エディション」は、マリア・テレーザ・デ・フィリッピスとマセラティのモータースポーツ活動の、時代を超えたつながりに着想を得て誕生した。ギブリとレヴァンテをベースとした限定モデルは、鮮やかな「アランチョ・デビル(Arancio Devil)と、シックな「グリージョ・ラミエーラ(Grigio Lamiera)」という、ふたつの特別色が用意されている。

スポーティな美しさと、こだわり抜かれたディテールにより、「Fトリブート スペシャル エディション」は、ベースモデルのスポーツ性を、新な次元へと押し上げることに成功した。ボディカラーのアランチョ・デビルは、マリア・テレーザのニックネーム「the she-devil (ザ・シー・デビル)」を思わせ、力強いエネルギーと大胆さを併せ持つ特別なオレンジ。一方、グリージョ・ラミエーラのグレーはサーキットのコース面から着想を得たカラーだという。

ボディカラーを引き立たせるアクセントカラー

マセラティ ギブリ「Fトリブート スペシャル エディション」のエクステリア。
アランチョ・デビルのボディカラーにはコバルトブルーのアクセント、グリージョ・ラミエーラには対照的なオレンジのアクセントが加えられている。

アランチョ・デビルの外装に合わせて、新カラーのグリージョ・オパコ(Grigio Opaco)のホイールを用意。レヴァンテ F トリブートには21インチのアンテオホイール、ギブリ F トリブートには21インチのティターノホイールが装着される。ホイールリムのディテールには、マセラティを象徴するコバルトブルーが使用されている他、フェンダーに専用バッジ、Cピラーにはトライデント・ロゴが配置される。

一方、グリージョ・ラミエーラのボディカラーの場合、ホイールにはグロスブラックが組み合わせられる。ホイールのブラックとコントラストをなすよう、専用バッジやトライデント・ロゴといったディテール各部には、オレンジが使用されている。

鮮やかなステッチが入れられたインテリア

マセラティ レヴァンテ「Fトリブート スペシャル エディション」のインテリア。
インテリアカラーはブラックとオレンジを用意。レザーシートやトリム類には、コントラストカラーのステッチが入れられる。

キャビンはブラックかオレンジをベースに、ナチュラルな雰囲気を持つ「ピエーノ・フィオーレ(フルグレイン)」レザーシートを採用。コントラストとして、コバルトブルーとオレンジのステッチが入れられた。

今回、スペシャルエディションのテーマとなったデ・フィリッピスは、1955年10月に「マセラティ A6GCS」で、第39回タルガ・フローリオに出場。総合9位(2リッタークラスでは4位)に入ったこのレースが彼女の人生のターニングポイントとなった。その後、デ・フィリッピスは1958年にマセラティに乗って、女性として初めてF1に参戦を果たしている。

「Fトリブート スペシャル エディション」の日本への導入時期は、2023年前半を予定。日本ではアランチョ・デビルがギブリとレヴァンテで各1台。グリージョ・ラミエーラは、各車限定5台の販売を予定している。

【車両本体価格(税込)】
ギブリ モデナ Fトリブート スペシャル エディション:1788万円
レヴァンテ モデナ Fトリブート スペシャル エディション:1958万円

【問い合わせ】
マセラティ コールセンター
TEL 0120-965-120

【関連リンク】
・マセラティ ジャパン 公式サイト

ポルシェマカンとマセラティ グレカーレ。フロント

最新SUVのマセラティ グレカーレと不動の人気を誇るポルシェ マカンを徹底比較【使い勝手/一押しグレード/価格編】

「世界で最も売れているポルシェ」の座を911から奪取したマカン。見た目はSUVでありながら、…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部