【スクープ!】5シリーズに続いて次期M5デビューは2024年?

【スクープ!】次期型「M5」は最高出力750PSのプラグインハイブリッドとしてデビュー?

ドイツ国内において、厳重なカモフラージュが施された状態で撮影された、次期BMW M5。
ドイツ国内において、厳重なカモフラージュが施された状態で撮影された、次期BMW M5。
BMWは、現行M5のフェイスリフトを2020年6月に実施。その前後のタイミングで次期M5の開発をスタートした。以降、かなり厳重なカモフラージュが施された状態のプロトタイプでテストが続けられてきたが、今回ドイツ・ミュンヘンにおいて、市販仕様のライトを装着した状態のテスト車両が撮影された。

BMW M5

市販仕様のヘッドランプを装着

厳重なカモフラージュが施された状態で撮影された、次期BMW M5のエクステリア。
ドイツ・ミュンヘンで撮影されたプロトタイプは、市販仕様と思われるヘッドランプユニットを装着して走行を続けていた。

今回、ミュンヘンで撮影されたテスト車両もボディ全体に格子状のカモフラージュ偽装を施されているが、前後ライトに市販仕様のランプユニットを装着。ロワコンポーネントは、センター部に台形の大型開口部、四隅に小さなインレットを備えていることが分かる。

相変わらずBMWの警戒レベルは高く、フロントフェイスは徹底的に隠されているが、縦長ではなくワイド形状のキドニー・グリルが採用されていることも判明。また、ボンネット中央にはパネルがリベットで固定されており、ここに特徴的なデザイン要素が隠されているのかもしれない。

シリーズ初のPHEVとしてデビューする新型M5

厳重なカモフラージュが施された状態で撮影された、次期BMW M5のエクステリア。
マルクス・フラッシュCEOの予告通り、次期型M5はプラグインハイブリッドとして開発されており、テスト車両も「Electrified vehicle」のステッカーが貼られていた。

足元には、Y字とV字を組み合わせたデザインのグロスブラック10スポーク・アロイホイールが装着されており、このデザインは市販仕様でも採用されることになるだろう。また、2021年にBMWのマルクス・フラッシュCEOが「次期M5はハイブリッドパワートレインを搭載する」と述べており、その発言を裏付けるように、ボディサイドとリヤには「Electrified vehicle(電動車両)」のステッカーが貼られていた。

リヤセクションは、最終的なデザインを隠すためのパネルが多数貼り付けられていた。テールランプもパネルで覆われているため、正確な形状は分かりにくいが、現行モデルの流れを汲む横長の形状がキープされるようだ。また、エキゾーストシステムはディフューザー(パネルで隠されているが)を取り囲むように、左右にセパレートされたクワッドテールパイプが配置されている。

4.4リッターV型8気筒ガソリン+2基の電動モーター

厳重なカモフラージュが施された状態で撮影された、次期BMW M5のエクステリア。
当初、3.0リッター直6ベースのPHEVとして登場すると見られていた新型M5だが、現時点では4.4リッターV8ベースが有力となっている。

ヨーロッパの情報筋によると、次期M5は、8世代目5シリーズ(BMW G60)の1年後、2024年にデビューをを予定。M5の歴史上初の電動モデルとなる次期型に搭載されるプラグインハイブリッド・パワートレインは、4.4リッターV型8気筒、もしくは3.0リッター直列6気筒ガソリンエンジンに2基の電気モーターが組み合わせられる。

現時点では4.4リッターベースが有力か。先にデビューした「XM」が、4.4リッターV8ベースのハイブリッドパワートレインを搭載しており、こちらのスペックは最高出力644PS、最大トルク800Nm。次期M5ではこれが最高出力750PS、最大トルク1000Nmにまで引き上げられるだろう。

フル電動仕様「i5M」の投入は2025年以降か

厳重なカモフラージュが施された状態で撮影された、次期BMW M5のエクステリア。
現在BMWが展開するEVパワートレインでは、「M」を名乗るのに十分なパフォーマンスを備えていないことから、2025年以降に登場すると見られている新型電動アーキテクチャーをベースに「i5M」は開発されると見られている。

次期M5には、BMWカーブドディスプレイ(フルデジタル・インストルメント・クラスターとセンター・ディスプレイをシームレスに統合)、「iDrive 8.0」、超ワイドバンド技術搭載BMWデジタルキープラス(デジタルキー3.0)など、BMWグループが誇る最新コネクティングデバイスを搭載。また、高速道路におけるハンズフリー走行や、ハンズフリー駐車機能を備えた「レベル2」自動運転も採用される可能性が高い。

最後に気になるのはフル電動仕様「i5M」の存在だろう。現時点で、BMWが「M」を名乗るにふさわしいと考えるスペックを、既存のフル電動パワートレインで実現するのは不可能なようだ。BMWは2025年に次世代電動アーキテクチャーを採用した新型EV「ノイエ クラッセ(Neue Klasse)」の導入を計画。それまで、BMW M社はPHEVと、既存のEVモデルの改良版のリリースに留まることになる。

BMW M社は、BMW i4 M50をベースに4基のモーターを搭載したプロトタイプ車両を開発。様々なデーターを取得すべく、テストを開始した。

Mの電動ハイパフォーマンスカー開発は粛々と進む? BMW Mが「i4 M50」ベースの電動プロトタイプのテストをスタート

BMW M社(BMW M GmbH)が、フル電動ハイパフォーマンスプロトタイプのテストを開始…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部