PEC東京に、走行データを分析する4時間のプログラムが登場

究極の「ポルシェ使い」になれるポルシェ・エクスペリエンスセンター東京の特別レッスン

「アクセラレートプログラム」は、ポルシェドライビングコーチとの実走行、データをベースにしたドライビング分析など、4時間たっぷりのプログラムとなる。
「アクセラレートプログラム」は、ポルシェドライビングコーチとの実走行、データをベースにしたドライビング分析など、4時間たっぷりのプログラムとなる。
ポルシェジャパンは、ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京(PEC東京:千葉・木更津市)に、新たな「アクセラレートプログラム(Accelerated program)」を追加。2022年11月2日(水)から、予約受付を開始した。

インストラクターからマンツーマンの指導

「アクセラレートプログラム」は、ポルシェドライビングコーチとの実走行、データをベースにしたドライビング分析など、4時間たっぷりのプログラムとなる。
コーチとのドライビングセッションに加えて、「ポルシェ・トラックプレシジョンアプリ」によって得られたデータをベースとしたマンツーマンの走行アドバイスを受けることができる。

ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京が提供する、「アクセラレートプログラム」は、PEC東京の2.1kmの走行コースで実施。ポルシェドライビングコーチによるガイド付きドライビングセッションに加えて、GPSによる走行データを記録・分析する「ポルシェ・トラックプレシジョンアプリ」を活用しながら、マンツーマンの指導が受けることができる、4時間27万円のプログラムとなる。

これにより、ラップの背後にある全てのデータをリアルタイムで確認。ドライビングコーチから直にアドバイスを受けることで、ブレーキポイント、スロットルポジション、ステアリング入力など、データを基にしたより高いレベルのドライビングパフォーマンスを目指すことができる。

高いレベルを求めるドライバー向けプログラム

「アクセラレートプログラム」は、ポルシェドライビングコーチとの実走行、データをベースにしたドライビング分析など、4時間たっぷりのプログラムとなる。
新たに登場した「アクセラレートプログラム」は、90分のプログラムを受講し、より高いレベルを求めるドライバーに向けたプログラムとなる。

PEC東京は、43ヘクタールの広さを誇り、2.1kmの周回距離を持つハンドリングトラックは、ニュルブルクリンク(ドイツ)のカルーセル、ラグナ・セカ(アメリカ)のコークスクリューなど、世界の有名コーナーも再現している。

最大の特長として、千葉県・木更津市の地形を活かした立体構造のコース設計を取り入れており、約40度の高低差のある3Dドライビングが醍醐味となる。「アクセラレートプログラム」は、通常の90分のプログラムを経験し、より高いレベルでのドライビングテクニックを求めた方に適した、最新ポルシェでトライできるドライビングプログラムとなる。

※記事掲載時の価格は誤りでした。謹んでお詫び申し上げます。

【問い合わせ先】
ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京
TEL 0120-718-911

ポルシェコンタクト
TEL 0120-846-911

【関連リンク】
・「アクセラレートプログラム」について 

ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京のキックプレート

「ポルシェ使いたるもの、カウンターを一発で決めたい!」という方に朗報。ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京で極秘トレーニング

ポルシェ・ブランドの世界観を体験できる複合型施設「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」に…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部