アウディがエンブレムを刷新してQ8 e-tronに採用

アウディが新時代に向けてエンブレムを2Dにも3Dにも見える形状に変更

デザイナーによると、ロゴを視覚的に明るくすることで、ホワイトのフォーリングスにフラットでプレミアムな外観を与え、細部まで3Dに見えるという。
デザイナーによると、ロゴを視覚的に明るくすることで、ホワイトのフォーリングスにフラットでプレミアムな外観を与え、細部まで3Dに見えるという。
自動車メーカーにとって、エンブレムはブランドを識別する最も重要な要素のひとつだ。それを変更するにはかなりの勇気が必要なのは言うまでもない。今回アウディが施したエンブレムの変更は、それほど大胆な変更ではないかもしれないが、かなりのこだわりを感じさせる仕掛けが施されているようだ。

2Dでも3Dのように見える

新しいブラックとホワイトのフォーリングスが生み出すメッセージは、アウディのコーポレートアイデンティティを明確に表現するという。

2022年11月14日、アウディはフォーリングス・エンブレムの見直しを発表した。「Vorsprung durch Technik(技術による先進)」というスローガンを掲げ、革新的なモビリティを追求してきたアウディだが、新時代の幕開けを宣言したのかもしれない。

自動車メーカーにとって、エンブレムはブランドを識別する最も重要な要素のひとつだ。新しいフォーリングスの形状は以前のものとほとんど変わらないが、近年流行の2D(2次元)を採用した。すでにデジタルメディアにフォーリングスを掲載するため、2016年に2Dのフォーリングスが生まれていたが、3D(3次元)のロゴを2Dのディスプレイに映すことは、アウディの技術的および美的要件を満たさないと考え、3Dのように見えるロゴをつくることにしたという。

アウディのブランドロゴは非常にグラフィカルだ。2Dロゴを採用したモデルは2019年に初登場し、その後2020年に徐々に浸透したという。将来的には雑誌、スマートフォン、屋外広告、そしてクルマのどこでも同じようにフォーリングスが見えるようにすることが目標だという。デザイナーのアンドレ・ゲオルギがその効果を説明する。

「ロゴを視覚的に明るくすることで、ホワイトのフォーリングスにフラットでプレミアムな外観を与え、細部まで3Dに見えるようになります」

まずはQ8 e-tronに採用

現在のエンブレムに採用されるクロームリングは高い品質を表しており、本来の素材だけがそのメッセージを伝えるという。そこで新エンブレムはこれに変わる「新しいクローム」になると確信しているという。そして「新しいブラックとホワイトのリングが生み出すメッセージは、私たちのコーポレートアイデンティティを明確に表現しています」とゲオルギは結んだ。

また、将来的にアウディは「Audi Type」として知られる独自フォントのみを使用するという。これにより独自性や品質を損なうことなく、基本的なトーンが大幅に控えめなものになっているという。

すでに最新SUVのQ8 e-tron/Q8スポーツバックe-tronでは、Bピラーに「モデル名」「バリエーション」「テクノロジー」を示す車名が掲げられている。このハイグロスブラックのモデルネームは、すべてのモデルに同じデザインが採用されるという。Bピラーに装着することにより、乗降時に常に乗員の視界に入る効果もあるという。Bピラーのレタリングは、「トーン オン トーン」と呼ばれる同系色を重ねる手法で刻印されている。

今回のフェイスリフトでは、アウディの電動ラインナップのフラッグシップとして、より電動化を意識したエクステリアが採用された。

アウディのラグジュアリー電動SUV「Q8 e-tron/SQ8 e-tron」が改良され航続距離が最大600kmに

アウディは、ラインナップの頂点に立つ電動ラグジュアリークロスオーバー「Q8 e-tron」の…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部