ラディカル・モータースポーツ、25周年モデル「プロジェクト25」を2023年に発売

ラディカルが世界限定25台のサーキット専用モデル「プロジェクト25」発表を予告

プロトタイプレーシングカーを思わせるスワンネックステーを持つ大型リヤウイングが採用されたラディカル「プロジェクト25」。
プロトタイプレーシングカーを思わせるスワンネックステーを持つ大型リヤウイングが採用されたラディカル「プロジェクト25」。
英国に本拠を置くラディカル・モータースポーツは、現在開発中のクローズドコクピット・トラックカー「プロジェクト25」のティザー画像を公開。ラディカルのフラッグシップとして投入される25周年記念モデルは、2023年後半から生産をスタートする。

Radical Project 25

861PSを発揮するV6ツインターボ搭載

ティザー画像からは、エアロダイナミクスを意識したリヤからのフォルルむと、カーボンファイバーがあしらわれたコクピットの様子が明らかになった。
ティザー画像からは、エアロダイナミクスを意識したリヤからのフォルムと、カーボンファイバーがあしらわれたコクピットの様子が明らかになった。

コードネーム「プロジェクト25」は、英国を拠点とし、25年にわたってレーシングカー/トラックカーを開発・製造してきた、ラディカル・モータースポーツのノウハウを結集。現在、同社は33のディーラーネットワークを通じ、世界21ヵ国で販売されており、「プロジェクト25」も世界市場でリリースされることになる。

現時点で仕様の詳細は明らかにされていないが、ラディカルの特徴であるスペースフレームシャシーを採用し、ドライバーとの一体感と優れたフィードバックを実現。最高出力は861PSに達するという、ラディカル・パフォーマンス・エンジン製のV型6気筒ツインターボエンジンの搭載が確定している。

2023年初頭にワールドプレミアを予定

ラディカル RXCから大幅な進化を果たした「プロジェクト25」は、11月13日にラスベガスで行われたラディカル・ワールドファイナルにおいて、VIPゲスト向けに先行公開。2023年初頭にも「プロジェクト25」の詳細が発表される予定だ。「プロジェクト25」は2023年第4四半期に生産を開始し、2023年末から最初のカスタマーに納車。生産数はわずか25台限定となる。

ラディカル・モータースポーツのジョー・アンウィルCEOは、「プロジェクト25」について、次のように説明を付け加えた。

「25周年。これはレーシングカーメーカー、そしてワンメイクレースシリーズのオーガナイザーとして、ラディカル・モータースポーツの非常に大きなマイルストーンとなります。プロジェクト25は25周年を記念し、英国を拠点とする私たちのノウハウと技術を結集した1台となるでしょう」

ラディカル・スポーツカーズが社名を「ラディカル・モータースポーツ」に変更

公道走行可能なレーシングカーを作るラディカル、創業25周年を迎え社名を変更し新展開をスタート

2022年5月25日、ラディカル・スポーツカーズは創業25周年を記念し、ブランド名を「ラディ…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部